【動画有】丸目ランクル70 との金沢近くで砂漠ツアーは最高だった!

【動画有】丸目ランクル70 との金沢近くで砂漠ツアーは最高だった!

今回の北陸旅行を呟かせていただいたところ、ご連絡をいただいた、丸目ランクル70乗りの「まるさん」と遊んだ(おっさんが「遊んだ」もおかしいけど、まさにそんな感じ)思い出を総括。


出発の数日前、まるさんから、千里浜なぎさドライブウェイもいいけど、他にも楽しめる砂漠がある、と教えていただいたので、旅行2日目(10月8日、日曜日)の午前10時に金沢市のお隣、内灘町の海岸近くで待ち合わせ。

お互いの目印はナローの白バン。ただそれだけで待ち合わせできるのがマイナーカーの魅力。

これが白いアクアだったら大変だ・・・

そして待ち合わせ場所に颯爽と現れたナローホワイトの丸目ランクル70、超カッコイイ!!

 

ランクル70HZJ76

実は、丸目に乗っている、というのと、ブログにいただいたコメントの印象だけで勝手にイメージしていたまるさん像はお爺ちゃん。
前にいただいたランクル70の写真に子供が映っていたので、それはお孫さんに違いないと・・・

砂浜のランクル70HZJ76

そして、到着した車を運転していた人を見ると、全然違う結構年の近そうなお父さん風の方。というか後に聞いたところ、同学年!

イメージなんてあてにならないなぁ・・・まるさん、失礼しました。

さて、挨拶もそこそこ、さっそく、まるさんオススメの海岸へ。

目の前に開けた広い砂浜は、確かに、まるで砂漠。

まるさんのかわいい2人の息子さんと、こちらの小人2名、それぞれが決して交わることなく、ほどよい距離をとりながら・・・海岸で砂遊びに没頭するなか、ご挨拶とまるさんのランクル70について色々教えてもらう楽しい時間。

 

まるさんの乗る、ランクル70はHZJ76。
フロントがコイルになった最初のモデルとのこと。

 

ZXで、オーバーフェンダー付きのワイドボディだったものをナロー化していて、4ナンバー。
ドアミラーもフェンダーミラーに変更。

センス良すぎて惚れそうです!

BJ74から乗り継いでの新車購入後、乗り続け、走行距離はまもなく50万キロというのだから本当にスゴイ。ランクル70と人生の半分以上を共にしているのかぁ・・・

自分もあの2001年、間違って95プラドに手を出さずにランクル70を買っていたら・・・とまたしてもどうにもならない後悔が沸き起こる。

まぁ、逆に、あのときランクル70を買っていたらこのブログもやっていなかったかもしれないし、・・・結果的には良かったのだと納得しよう。

その後、まるさんのカッコイイ、ランクル70をじっくりと拝見。

まず目についたアルミホイール(ブラV)とタイヤ(ジオランダーAT 235/85R16)は管理人のランクル70と全く同じ。なんか嬉しい~
AUTOの再販車とは違いハブロックはマニュアル(価格の下がるオプションだった)。

 

豪華仕様の最上級グレードのZXなので、サンルーフ、マップランプもバッチリ。

これがランクル70乗りの愛してやまない1HZエンジンのおさまったエンジンルーム。

大きなディーゼルエンジンがびっしり詰まっている感じで、再販車の余裕あるエンジンルームとは様子が違う。スリムな顔にでっかいエンジンだから当然かぁ・・・でかい顔にコンパクトなエンジンの再販ランクル70とは真逆だ。

 

武骨なカクカクした内装もまたカッコイイ。再販車はなぜか微妙に近代化してるんだよなぁ~

 

H4への切り替えはこのステアリング右側にあるスイッチで可能。

L4のときだけトランスファーノブを操作するという再販車との微妙な違いも。

さすがにボディーやフレームに錆が出たとのことだけれど、車検の際に綺麗に板金したり、錆止め塗装がされていて、とても大切に乗られている様子が見て取れる。

そりゃ大事にするよなぁ~、とヨダレもののカッコよさ。

ひとしきり、丸目ランクル70のカッコよさを堪能したのち、まるさんの先導のもと、砂漠ツアーへ出発。

▼動画もどうぞ。後半は単独ツアーの様子。ウインチ練習も。▼
砂浜で遊ぶランクル70 GRJ76 & HZJ76

この砂漠ツアーの復路では、まるさんの丸目ランクル70を運転させてもらったのだけれど、初めて、しかも砂漠で運転させてもらった1HZディーゼルエンジンのランクル70、その力強さを初体験。

違いの分からない男、極めて感度の低い自分でも分かったあの低速のトルクの凄さ。

砂漠を2速(4H)で走っていて、砂が深くなってきても、アクセルを緩めるのが怖くない、緩めてもエンストの不安なくまた加速できるあの感じ、これが噂に聞いた鬼トルクってやつ?

根強い人気の理由の一端を垣間見ることができた気がする。

逆に再販車に乗ったまるさんは、そのエンジン音の静かさにびっくりした様子。

試乗したことはあるそうだけれど、今回、車を交換した際、エンジンがかかっていると思わなかったらしい。

自分がレンタカーや代車に乗ったときに、エンジンかかってるのにセルを回しちゃうあの感じだったんだろうなぁ。

確かに、まるさんの車に乗り込んだ瞬間、ディーゼルエンジンの男らしいトラッキー?な音が車内に響いていたから、これは相当違うようだ。

そして、砂漠ツアー後、車を眺めながら、金沢の観光スポットを教えてもらったりして、あっという間にお昼前に。(色々教えてもらいながら、結局、市場くらいしか行けなかったですが、とても参考になりました。)

せっかくなので、まるさん一家とランチをご一緒させていただいて、記念撮影をしてお別れ。

今回はまるさんのお陰で、本当に楽しい貴重な時間を持たせていただき、旅の価値がグッと上がりました。
ありがとうございました。

能登半島には必ずや、また行こうと思っているので、その際はまたよろしくお願いします!

ちなみに、今回連れて行ってもらった砂漠は車両進入に関する制限がない場所。

まるさんに聞いたところ、このあたりにはそんな場所はいくらでもあるらしい。確かに、のと里山海道という、海岸線沿いを走る自動車専用道から海岸を見ていると、あちこちに車が止まっていて釣りを楽しんだりしている様子がうかがえた。

動画後半にあるとおり、普通車の入ってこれない砂浜では貸し切り状態で思う存分砂漠遊びができてしまう。

これは本当に病み付きもの。

この旅行で、千里浜なぎさドライブウェイは「普通車でも」走れるのが珍しいのだということに気がついた。

まぁ、千里浜なぎさドライブウェイには、砂漠とはまた違った魅力があるけどなぁ〜

とにかく、この砂漠遊び、まるさんとの出会いは本当に楽しかった!

2泊3日でも観光に充てる時間が足りなくて、後ろ髪ひかれる思いで帰ってきたので、金沢、能登半島、是非また行きたい。

オフロード&林道カテゴリの最新記事