20年前の4×4マガジンがキレてる!ヨダレ物の品々とマニアックな情報満載

20年前の4×4マガジンがキレてる!ヨダレ物の品々とマニアックな情報満載

すっかりクルマニアになった小人の車の本を買いに訪れたブックオフ。

そこでとても面白い中古本に出会った。

車の本を見に来たのにカエルの本に釘付けの小人。

その傍らで車雑誌コーナーを見ていると、古い4×4MAGAZINE(あのアウトドアパークブロンコ代表の竹村様が社長をされていたこともある㈱フォーバイフォーマガジン社の雑誌。)が何冊かあった。

チラチラと立ち読みしてみる。

ベテランの皆さんにはお馴染みだと思われるけれど、今は書籍は休刊中で、ニワカの自分はあまり読んだ事がなかった。

新鮮な気持ちで何冊かみるうちに、ランクル70推しの特に気になる一冊があった。

約20年前の雑誌だというのに、ピカピカの超良好コンディション。(お値段は250円)

どこかのショップの本棚にでも飾られていたか?

大好物の丸目ランクル70様が表紙に大々的に取り上げられていて、中身も当時はまだ現役だった丸目ランクル70が満載。

本を開いた瞬間20年前の勢いや迫力が閉じ込められた缶詰を開けたみたいに目と心に飛び込んで来た。

(※現在は書籍としては発売されていない4×4MAGAZINEだけれど、ネット上にはHPが健在。ランクル70特集コーナーもあったりで充実の内容。)

パラパラめくるだけでもこんな写真やあんな写真。超イカしたランクル70が目白押し。

詳しい車の解説やオーナーさんのインタビュー。

現在も同じような雑誌は存在するけれど、そのマニアックさが全然違うような。

オーナー目線の記事なので読んでいて惹き込まれちゃう。

しまいには「俺の轍について走れ!」

なんと男前なキャッチコピー!

そこは車で行く場所じゃないでしょ、というところに無理やり上っていく様子が衝撃的。

渡河した際の記事では、深さを確かめるため?水に入った男性のズボンのポケットに偶然ザリガニが進入なんていう、とても信じられないエピソードまで。

信じてますよ、もちろん。川口浩探検隊だって、信じてますから

そんなリアルでマニアックな内容の記事が延々と続く。

これが20年前の雑誌とは思えない新鮮さと楽しさに、目が釘づけになってしまう。



そして、さらに目を奪われたのは当時の雑誌によくあった「売ります」コーナー。

1999年8月の石原都知事によるディーゼル規制導入前夜、当時のディーゼル車が置かれていた立場を現しているのか、まだまだ買えるという安心感があったのか??

今考えると破格のお値段のランクルがワンサカ。

タイムマシンに乗って買ってこられたらいいのに。

22万キロとはいえ、BJ46Vが15万円!

サビなど条件厳し目も今なら100万円(このあたりの相場には詳しくないので単なる山勘です。以下同様)??

びっくりすることに、この時代、個人情報を豪快に掲載。

住所、名前、電話番号が一目瞭然。いい時代だったんだなぁ~

こちらは同じくBJ46V、11.5万キロ走行ということで95万円の値引き可。

現在なら200万円越え??

こちらはBJ44の走行5.8万キロ。それが衝撃の75万円。

今なら300越え??

こちらはHZJ73Vの5.5万キロ。それが115万円。

こちらも200越えは確実か??

こちらはBJ74V、5.8万キロで80万円。

ちなみに、こちらHDJ81V、6.1万キロで230万円。

FJ62Gが12.7万キロで60万円。なんてこったい・・・

このとき売られたランクルたち、今も走ってるんだろうなぁ~

とまぁ、ヨダレダラダラになるような車がワンサカ掲載されていて、とにかく見ていて楽しいし、不思議な高揚感に襲われる。

この当時、自分は社会人2年目のピチピチボーイ。

ボーナスで四駆を買おうと中古車屋に見に行ったとき、お店の人にディーゼルのランクル60を進められて、その値段が100万してなかったのが思い出される。

結局そのとき自分が選んだのは、ガソリンのハイラックスサーフ(130)。なんでかなぁ〜

駐車場が狭かったんだよな~

それはそうと、いつの日か、いまのランクル70も、昔はよかったなぁ、と言われるんだろうか?

20年前のレッツゴー4WDを古本屋で見つけて「そういえばエンジンなんて積んだ車が走ってたんだ。今じゃ信じられないなぁ」と言われるのか、「こんな昔から、今も変わらず走ってるんだ。すごいなぁ」と言われるのか・・・

後者であってほしいものだ。

報道・CM・マスコミカテゴリの最新記事