貴重なランクル70HZJ76事故画像

痛っ!貴重な丸目ランクル70が・・・事故&修理情報 byまるさん

ランクル70バン(HZJ76ホワイト・ナロー化)オーナーまるさんの投稿

丸目ランクル76のまるです。

微妙なネタ失礼します。

実は、2月某日、もらい事故に遭いまして…愛車ランクル76が2か月ほど入院しておりましたが、このほど、めでたく復活いたしました。

ランドクルーザー70HZJ76

顛末を報告します。

 

夜間、片側1車線の郊外の国道で、(こちらから見て)緩い右カーブに差し掛かった際、対向車(小型スポーツカー)がセンターを割ってきて、こちらは咄嗟に左へよけたものの、自車の右リヤタイヤ部に衝突されました。

※雨が降っていましたが、雪の影響ではありません。

自車の状況は、

右リヤタイヤのバースト・ホイール破損・マッドガード破損

ランクル70右リヤタイヤのバースト・ホイール破損・マッドガード破損
右リヤタイヤのバースト・ホイール破損・マッドガード破損

右リーフスプリング(カンサス)破断

ランドクルーザー70右リーフスプリング(カンサス)破断
右リーフスプリング(カンサス)破断

リヤホーシングのずれ、リヤプロペラシャフトの抜け

ランドクルーザー70リヤホーシングのずれ、リヤプロペラシャフトの抜け
リヤホーシングのずれ、リヤプロペラシャフトの抜け

右サイドステップ曲がり・ドアパネル下部凹み

ランドクルーザー70右サイドステップ曲がり・ドアパネル下部凹み
右サイドステップ曲がり・ドアパネル下部凹み

フロントバンパー曲がり、 等。

衝撃がほぼ右リヤタイヤ&ホイールに集中した模様です(相手のフロントは大破)。

ボディパネルにさほどのダメージがなかったのは、奇跡的と思えます。

しかし、もちろん自走不能…。

ただ興味深かったのは、当時はH2で走っており、衝突直後に両車線を塞ぐ形となって渋滞を起こしてしまい焦ったのですが、H4に入れてみたところ、リヤをズルズルと引きずりながらも、何とか路肩に寄せることができました。

リヤが死んでもフロントは動かせるという、パートタイム4WDのメリットを、こんなことで体感することになるとは…。

ランクル76の修理内容は、

リヤサスペンション(両側リーフ、シャックル、ブッシュ、ショック)全て交換・リヤホーシング交換・マッドガード交換

ランドクルーザー70リヤサスペンション(両側リーフ、シャックル、ブッシュ、ショック)全て交換・リヤホーシング交換・マッドガード交換

リヤサスペンション(両側リーフ、シャックル、ブッシュ、ショック)全て交換・リヤホーシング交換・マッドガード交換
リヤサスペンション(両側リーフ、シャックル、ブッシュ、ショック)全て交換・リヤホーシング交換・マッドガード交換

リヤプロペラシャフト交換

ランドクルーザー70リヤプロペラシャフト交換
リヤプロペラシャフト交換

リヤブレーキ・ハブ系部品(両側とも)全て交換、右サイドステップ交換・ドア等板金塗装

ランドクルーザー70リヤブレーキ・ハブ系部品(両側とも)全て交換、右サイドステップ交換・ドア等板金塗装
リヤブレーキ・ハブ系部品(両側とも)全て交換、右サイドステップ交換・ドア等板金塗装

フロントバンパー交換、 等。

フレームの歪みや、リーフが破断したピボット部のダメージを懸念しましたが、どうやら大丈夫だったようです。

なお少し前にランクル70オーナーの間で話題となっていたリヤデフロックの不調も、アクチュエーター等の交換にて治ってくるというオマケも付きました。

ランドクルーザー70アクチュエーター等の交換
アクチュエーター等の交換

何事もなかったように復活できたのも、頑丈なフレーム車ならでは、モノコックの乗用車であればこうはいかないと思われます。

改めてランクルの、70の美点を認識した次第です。

以上、参考にならない、というか、したくない情報でしょうが…。

皆様もお気を付け下さい。

追伸

相手の責任を立証できず、いささか悔しい思いをしましたので、修理完了後ただちにドラレコ装着しました(もちろん、妻の車にも)。

まるさん、車の入院期間が長いようでしたので、余程のことがあったのかと思ってましたが、やはりかなりの事故だったのですね。

貴重かつ大切な愛車ランクル70がこんな目にあってさぞ、無念だったと思いますが、お怪我がなくて何よりです。

h4にいれて後輪を引きずって移動するあたり、さすがランクル歴数十年のベテランさんですね。私ならその状況でh4は思いつきません。

綺麗になった部品を見て、災い転じて・・・かな、と一瞬思いましたが、追伸部分を読んでガックリ。

事故って、そういうことがあるんですよね。

私もまだランクル70に乗る前でしたが、自分の言い分的には相手のおばさん(今の自分と同い年くらいかな・・・)が、信号無視で飛び出して来てぶつかったのに、すっとぼけられて100:0にならず苦い思いをしたことがありました。

任意保険に入るのはもちろんですが、今はお手頃価格でドラレコが手に入りますから、是非、つけておきたいところですね。

何はともあれ、ランクル76の復活はおめでとうございます。引き続きよろしくお願いします。

 

▼ここは仮オープン中。本体ブログへはコチラから▼

「痛っ!貴重な丸目ランクル70が・・・事故&修理情報 byまるさん」への8件のフィードバック

  1. アップありがとうございます。

    今年の大雪の影響で修理工場が激混み状態だったらしく、かなり余計に日にちががかかったようです。
    まあデフロックの不調もあったし、リヤのリーフもかなりヘタっていたし、バンパーも裏から錆がけっこうきていましたので、リフレッシュのいい機会であったと思うことにします・・・

    1. 大規模リフレッシュで次は100万キロですかね?メーター、そんなにありましたっけ・・・
      引き続きよろしくお願いします。

  2. まる様
    管理人様
    いつも楽しく拝見しています。

    状況からすると、貰い事故。それでも、事故比率は難しいですね。
    私も昨年末、スーパー駐車場にて 当て逃げ被害に合いました。〔右前、バンパー 〕
    それ以降、前後にドラレコ装着しました。〔前は、駐車監視付き〕
    こちらが気を付けても、防ぎようのない場面はありますね。

    M55

    1. そうなんですよね、こちらが気をつけてもどうにもならない部分もあって、でも少しでも動いてると100:0にはならなかったりで、事故はストレスフルなものですよね。

    2. M55さま

      最近の煽り運転の話題より、妻と「そろそろドラレコつけようか」と話していた矢先の出来事でした。
      現場で、開口一番、罵声を浴びせてきた相手に、ドラレコ動画突きつけて、吠え面をかかせてやりたかったですよ、ホントに(笑)。

  3. 無事復活は宜しかったですが割合は悔しいですね。
    しかし右後部への対向やや斜めの強い接触でいかなる理由の過失があるのやら?まさか回避できるのにしなかったとかじゃ・・・。

    40でですがFF状態での短距離走行を経験しています。まだ昭和の頃に公道では無く群馬の某施設ですが。
    リアのペラシャが抜けて前進ではフレーム等に当たるので後進して脱出、ユニバーサルジョイント部で切り離してからFF走行、存外安定してました。
    横転経験車で右リアのリーフが折れていたのがいつの間にか抜けてしまい、側溝越えの時にホーシングの位置がズレてしまい抜けたのです。
    多分、客のマイクロバスのバッテリー上がりで引き掛けを行ったのも誘因でしょうね・・・。

    1. hzj70mnuさま

      居眠りでもしてたんじゃ?と思ってしまいますが。
      もしや自分が悪いのか?と何度も自問しましたが、考えれば考えるほど、あの当たり方は100%相手の過失以外にないな、という結論に至ります。

      サファリパークにお勤めでしたか?
      ホーシングがずれてペラシャ抜けたのは同じ状態ですね。

      1. 返信ありがとうございます。

        恐らく、相手側の言い分は、無理な侵入は認めるものの充分な回避が取れたと主張した可能性が有りそうな気がします。ついでに強気な口調で渇して自分の言い分を曲げなかったのでしょう。

        近い事は経験していて、左折車線で信号待ちの時に左から来た右折車両が、なんと、こちらの真正面に。
        接触に至らず、またあからさま過ぎて高齢男性のドライバーと配偶者らしき同乗者はバツが悪そうな気配を漂わせていましたが、頭を下げるでも無かったですね。

        最近、年齢を感じるところで・・・まあ、クルマもそれなりに経年していますが、ハンドルの戻しの反応が以前よりも遅くなっている様です。
        もしかするとこの辺りが相手の身に降りかかっているかも知れません。
        今回は70だったので、たまたま人命に影響が無かっただけで、反省していないならば、次はより深刻な事に至るかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)