ランクル70のバッテリーDIY交換(バッテリー選び・交換手順・処分方法など)

ランクル70のバッテリーDIY交換(バッテリー選び・交換手順・処分方法など)

この度、ちょっとした勘違いがきっかけでランクル70のまだまだ健康と思われるバッテリーをDIY交換したので、その際勉強したことを備忘的に記録。

(ランクル70乗りたるもの、バッテリー交換くらいでDIYなどと大げさに書くんじゃない、とムカムカっとした方、安心してください。正しい感覚ですyo)

バッテリーの仕様(容量・サイズ)

再販ランドクルーザー70(GRJ76K・GRJ79K)のバッテリー規格は以下のとおり。

 

標準仕様バッテリーサイズ 80D26R
寒冷地仕様バッテリーサイズ 105D31R

 

 

下の画像を見ると分かるとおり、バッテリー交換時、物理的条件として気にしなければいけないのは、D以下の部分。

性能数値部分は同等以上としておけばOK。

ランクル70の場合、バッテリーを乗せている土台部分は寒冷地仕様の載るサイズとなっているので、寒冷地仕様サイズが上限になると考えて大丈夫。

バッテリー規格の見方

候補となるバッテリー

管理人は〇〇の一つ覚えのように昔良いと聞いたことのあったパナソニックのカオスを選択(下の2種類よりは価格も安い。)

でも、車に詳しいランクル70ピックアップオーナーのやまさんから、CCA値(始動性能)の高さが圧倒的でダントツなので、BOSCHのハイテックプレミアムかハイテックシルバーⅡあたりがお勧めと教えていただいたので、妄信的にこれをイチオシ。

値段がカオスより少し高いといっても、ネット通販なら2万円弱。

その他、座る狼さんからコメントをいただいたOPTIMAバッテリーもある。こちらもCAA値(始動性能)の高さなど、高性能が売り。それに加えて個性的なカラーリングも魅力的だ。

せっかくバッテリーを交換するなら、やまさん曰く

車が動く為の大元の物って結構大事ですよ(^^)バッテリー、タイヤ、ガソリン、オイル等

ということもあるし、単なる現状維持ではなく、さらなる改善を目指し、楽しく新しいパートナーを選択したいものだ。

世の中に数多あるバッテリーのほんの一部だけれど、ご参考まで。

BOSCH

 

BOSCH [ ボッシュ ] 国産車バッテリー [ Hightec Silver II ] HTSS-115D26R

BOSCH ハイテックプレミアムバッテリーHTP-S-95R/130D26R

BOSCH [ ボッシュ ] 国産車バッテリー [ Hightec Silver II ] HTSS-135D31R

BOSCH ハイテックプレミアムバッテリーHTP-T-110R/145D31R

OPTIMAバッテリー

 

OPTIMAバッテリー・イエロートップコンプリートキット D1000Sランドクルーザー70系(再販車)用【代引き不可】

OPTIMAバッテリー・レッドトップコンプリートキット 1050S-Rランドクルーザー70系(再販車)用【代引き不可】

パナソニック

 

【送料無料】【廃バッテリー無料回収】カオス 125D26R/C5 ブルーバッテリーPanasonic CAOS

N-145D31R/C6 パナソニック caos 標準車(充電制御車)用バッテリー【他商品との同時購入不可】 Blue Battery [N145D31RC6]【返品種別A】



バッテリーの交換手順

バッテリーを選んだらネットで注文。

このサイズのバッテリーになると、重量が20kg前後。

下手に持って運ぼうものなら、ランクル70オーナー世代の腰が悲鳴を上げる確率は高い。

自分はまだまだ大丈夫、と思ったあなたこそが危ない!

そんなわけで、我が家は台車を出すのも面倒だったので、キックボードで運搬。

こうすれば子供でも楽々。

ランクル70用バッテリーの運び方

バッテリー交換はDIYというのも気が引けるほどの簡単な作業。

あえて大変といえば、重たいバッテリーを外して載せる、それだけ。

作業時の注意点は安全靴を履いて、感電防止用グローブを装着すること。

Facebookのほうで、12vでは感電しないというコメントがあったので、少しググってみた。

確かに、感電してもピリッとする程度、という情報が多かった。

電圧が低いこと、体の抵抗があること、から濡れた手でプラスとマイナスを同時に触った場合にようやくその程度だとか。

まぁ、ピリッとして得なこともないし、重いバッテリーと地面の間に手を挟むとか、怪我への対策も含めて念のため手袋しておいた方が良いだろうという結論は変わらない。

安全靴がなければ、せめてクロックスはやめとくのと、なんでもいいから手袋をする。

ランクル70のバッテリー交換1

まずはバッテリーを固定しているステーを外す、のはNG。

こちらもFacebookでご指摘あり。基本中の基本らしい!

その他にも注意事項を教えていただいたので、ありがたくご紹介。

プラス端子のナットをスパナやメガネレンチで緩めたり締めたりするときに車体やステーに触れてしまうとマイナス端子が繋がっていると電流が流れて火花が飛んだり酷いと工具が溶着して電気が流れ続ける事が危険モードです。

先にマイナス端子を外す時はプラス端子にツールを当てないように注意が必要。

一般的にはプラス端子は厳重にカバーされてますので安易に開かないことです。

まず、マイナス(-)のターミナルを外す。

「外すとき」は先にマイナス(-)これ重要。

ランクル70のバッテリー交換4

お次はプラス(+)ターミナルを端子から外す。

ランクル70のバッテリー交換5

ランクル70のバッテリー交換6

プラス、マイナス両方の端子が外れたら、ステーも外して古いバッテリーを持ち上げて取り除く。

腰を痛めないよう注意

ランクル70のバッテリー交換7

今回は、標準仕様の純正バッテリーと同サイズのパナソニックカオスを選択。

容量は80⇒125にアップ。

ランクル70のバッテリー交換8

車のバッテリースペースに載せる。

※ 購入時にバッテリーに装着されていた黒い取っ手を付けたまま作業しているのは、もし何かの都合でもう一度持ち上げるときにあると便利そうなので最後までつけていたもの。最終的には取り外す。

そして、ステーを取付。

ランクル70のバッテリー交換9

次にバッテリーのプラス(+)ターミナルを端子に取り付ける。

「取り付けるとき」は先にプラス(+)これ重要。

ランクル70のバッテリー交換10

次に、マイナスのターミナルを端子に取り付けて、取っ手を外したら完成.。これでバッチリ。

ランクル70のバッテリー交換11

(自分はしっかりステーから取り外して大間違いだったけど・・・)

ランクル70のバッテリー交換12

バッテリーの処分

さて、バッテリー交換が気持ちよく終了したのはいいけれど、手元に残った重たい取扱次第では危険な物体。

もちろん、役所のゴミ収集車は持って行ってくれない。

交換をショップに頼めば大概無料で引き取ってくれるけれど、DIYはそういうサービス付きのネットショップで購入しないと、庭先で放置する羽目になってしまう。

ディーラーに引き取ってくれないか聞いたところ、「うちで交換した場合以外は不可」と至ってまともながら、寂しさ満点の解答をクールにいただく始末。

そこで頼みの綱、ネットショップを検索したところ、あるじゃん!!驚愕の無料引き取りサービス。

とりあえず注文してみたので、後日結果をUP予定。

 

送料、処分費0円! 完全無料!自動車・ディープサイクルバッテリー引き取りサービス!【処分費、送料無料!】100円クーポン進呈!回収・自動車バッテリー・処分・不要・カーバッテリー 廃棄・使用済み40b19l・55B24l・46B24l・75D23l・55D23lその他



▼もっと多くのランクル70情報はコチラ▼

メンテナンス関連カテゴリの最新記事