ランクル70にシュノーケル装着

待ちきれないぞ!シュノーケル

GPS(群馬パーツショー)でオーダーしたシュノーケルがRVパークに入荷したという連絡を受けた。

 

ランクル70純正シュノーケル
やまさん提供

今週末、車を預けて来週末には完成予定。

シュノーケルを付けたい付けたいと言いつつ、納車からもうすぐ4年。

トゥループキャリアシュノーケル

待ちきれない気持ちを抑えきれないのでシュノーケルについて雑記。

シュノーケルの役割・効果

シュノーケルの役割は何か、念のためそもものシュノーケルの意味

  1. 潜水艦が水中航行中に海面に出す吸排気装置。
  2. スキン ダイビングに使う、J字形の水中呼吸管。
  3. 排煙装置を備えた消防自動車。
    イメージです。
    ※出典:グーグル検索「シュノーケル 意味」

ランクル70に装着したシュノーケルの場合、上の1のイメージに近いと思われる。

群馬パーツショー会場シュノーケル付きランクル70

シュノーケルを装着したランクル80が水没してお尻が浮き上がるような状態で川を渡る動画を見たことがあるけれど、そういうことを可能にするための一要素になる(電気系統の防水加工も必要で、シュノーケルをつけただけでそうなる訳ではない)優れもの。

 

そして、もう一つ、よく聞く役割として、砂漠を走行する際などに、吸気口の位置を高くすることによって砂を吸い込むのを防ぐらしい。

さらに、これは副産物の類かもしれないけれど、以下のように燃焼効率が向上するなどの効果もあるとか。

出典:CarMe

シュノーケルを取り付ければ、エンジンの熱に影響を受けていない空気を取り込むことができます。冷たい空気がエンジンに入れば、燃焼効率が上がり、結果的にトルクもアップするのです。

さらにシュノーケルには「チャンバー」効果もあります。アクセルを一度戻して、再度踏み込むような場合、エンジンは瞬間的に多くの空気を必要とします。この時に十分な空気がエンジン内に供給されないと、アクセルレスポンスが悪くなってしまいます。

そこでエアクリーナーボックス以外に、空気を溜めておくチャンバーという「溜め」を作るのです。その空気を使うことで、アクセルを開けたり、閉じたりするようなシーンでも、素早くトルクを立ち上げることが可能になります。シュノーケルは、このチャンバーの役割もしてくれます。

なるほど、これはなかなか素晴らしい。

ちなみに、カッコイイというルックスにおけるプラス効果は言うまでもない。

中近東仕様ランクル70

(そう思えない人は残念ながら歩み寄りの期待できない価値観の相違)

シュノーケルの問題点

シュノーケルの素晴らしさが分かったところで、シュノーケルの問題点。

ネガティブな自分は大好物のシュノーケルに際して、どうしても放置できない問題点がある。

ボディに穴をあけること?風切り音が大きくなるかもしれないこと?空気抵抗による燃費への影響?車検?

いや、そんなどうでもいいことじゃない。

自分が問題だと思っているのは

何あれ、日本で要らないでしょ!

という一聞、至極的を射たように、爆笑、薄笑い、したり顔で繰り出される指摘。

正論。

私の愛車ランクル70 は多分廃車になるまで川を渡る事はない。

砂漠だって走らない。

川を渡らなくたって、近年の大雨による洪水時、少しは役にたつかも、と反論したところで

電気系統の防水もろくにせず、電気命のガソリンエンジン積んで、いくらシュノーケル付けても、そこらのミニバンと何にも変わんねーから。

といわれちゃうことだろう。

シュノーケル付けたガソリンエンジンのランクル80が水に入って、フロントグリル位の水深で湯気を上げて止まってしまう動画を見た事があるから、おそらくそれも正論。

それなら何故付けるのか?

思うにそれは見た目の本格派感プラス「機能美」

(おまけで少しでも冷たい空気取り込みなどの効果)

そんな理由であんなもの付けるなんてア◯か?

と思われた貴方。貴方は正しい。

きっとリッチで知性溢れる貴方の腕にはロレックスのサブマリーナか、オメガのシーマスターが付いているはず。

 

防水機能が洗顔とプールでだけ活躍なんてことはあり得ない。

そんな貴方は100mダイビングできるほど、肺を鍛えてるに違いない。

年に数回はダイビングに行くに違いない。

またはセンスのいい貴方はカッコいいミリタリーブーツを履いてるかも。

 

最近はどちらで戦闘を?無事のご帰還何よりです。

まさか街中で履いた挙句、群れて水虫が酷くなるから指の別れた靴下、なんてことは・・・

 

 

 

・・・機能美ってあるのではないかと。

はぁ、グダグダ書いてるうちにもう金曜日も目の前。

土曜日、そして翌週の完成が待ち遠しい~

「待ちきれないぞ!シュノーケル」への8件のフィードバック

  1. 管理人様

    悲願成就おめでとうございます!
    選んだのは、純正のほう、でしょうか。
    だとしたら、RV-parkにお願いしたのは正解だったと思います。
    取り付けて2年以上経っていますが、錆、水漏れなど、こちらでは一切発生しておりません。
    青空駐車でUFOの先っぽが日焼けしている程度です。

    それにしても楽しみですね!ええ、私も楽しみです!
    きっとアクセルレスポンスが良くなっていることにスグお気づきになられると思います。

    追伸:ときどきアーマオールやクレポリメイトなどの樹脂手入れ用品で拭いてあげると、ツヤが良くなりますよ。

    1. 座る狼さん
      コメントありがとうございます。
      同じく純正にさせていただきました。
      最後の最後まで悩みましたが。
      結局あのボッテリダサ格好良さが忘れられませんでした。
      遠いですけど、最近は我が家の群馬ブームも手伝ってRV parkと相成りました。
      再販車への取付数による経験値はトップクラスでしょうし、頼もしいですね。
      メンテナンスも参考にさせていただきます。
      川も渡らず、砂漠も走らず、シュノーケルピカピカ、街乗りの真髄見せつけます。

  2. シュノーケルのメリットとデメリットは微妙な部分が在ったりしますね。
    取り付け加工と車検(パスしない事が稀に有るらしい、一応陸運に確認して解釈の違いによるトラブル防止をおすすめ)と破損した場合の対応(雨と埃の侵入)でしょうか。

    砂漠などでの走行時、タイヤが巻き上げる砂の吸入を防ぐのが始まりだったかと。
    吸入部分がキノコタイプはサイズが違いますが重機にも採用されていますね、トンネル掘削等で粉塵が凄いですから。
    口を開けているタイプは速度による吸気の増加が期待できますが雨も入りやすいので強い雨なら逆向きにするとか有ります。
    燃費やパワーですが延長によるロスが有るけど気流による増加も有るらしくてケースバイケースみたいです。
    判らないのが、雪・積雪・凍結です。破損するのはどの様な場合かが不明・・・。内部の凍結も直接確認できないので溶けて来た時どうなるかも・・・。
    シュノーケル好きなんですけど踏み切れないトコだったりしますね、まあ今では構造的に無理ですが。

    1. hzj70mnu さん
      コメントありがとうございます。
      メリデメ、色々ありますが、感情任せに暴走しないと体験できないこともある、ということで見切り発車しちゃいます。
      とは言え、RVパークはれっきとしたトヨタディーラーですから、何とかなるかなとも。
      いよいよダメなら外してリビングに飾る事にしますかね。眺めてご飯2杯はいけそうですし。
      どちらにしても楽しめそうです。

  3. 管理人様

    こんにちは。

    「日本で要らないでしょ」ってのは何もシュノーケルに限らず、そもそも70というクルマそのものに当てはまるハナシなので、いまさら気にする必要は無いかと(笑)

    高級腕時計もそうですが、「男のロマン」でいいのです!

    機会があれば、見せて下さい。

    1. まるさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      確かに、本体自体がそうでしたね。
      折角なので砂漠走らないといけないのでまたお伺いします。その節はよろしくお願いします。

  4. いつもブログ拝見してます。
    うちは九州ですが、先日の水害と連日の猛暑で毎日通る道路が砂漠状態になっています。
    今日エアクリーナーのエレメントを見たら、土埃がたくさん付いてました。
    しかし、大型トラックなど吸気口が上にあるタイプはマシなようです。
    シュノーケル、いざという時に役立ちそうですね!

    1. KKさん
      こんばんは。コメントありがとうございます。
      水害、大変でしたね。一日も早い平常化、願っております。
      シュノーケル、砂漠でなくても、そういう状況でも交換があると気づかされました。
      RVパークでは、シュノーケルを付ければ、水対策でもそれなりの効果はある、と聞いたので、見かけだけでなく、機能面でも期待できて、楽しみになってきました。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)