ランクル70を買うべき理由6

ランクル70を買うべき理由6

前置き

ランクル70を買おうかな、と思う理由は人それぞれで色々。

※この記事では2014年から期間限定で販売されたランクル70=GRJ76KとGRJ79Kを想定しています。

■武骨な流行に流されないスタイルがカッコイイ。

はむさんのランクル70ピックアップ
はむさんのランクル70ピックアップ

■人と違った車に乗って目立ちたい(再販車は約7000台)

■世界が認めるランクル70を人生一度は持ってみたい。

■オフロードを走りたい。

目立ちたいなんて邪道だ、とかそんなことはない。車選びなんてものは個人の趣味の世界で、他人がとやかく言うことじゃないんだから、どれも正解。

昔、カッコイイという理由で「KOOL」というタバコが流行ったことがあったけど、その選択にとやかく言うのと同レベル。

買いたいなら買えばいいし、反対もまた然り。

(そういう意味では買う「べき」なんてことはありえないのだけれど、取り敢えず、流行に乗ってそう書いてみただけ。)

そうは言っても、ランクル70オーナーだからこそ、あと少しのところで踏み切れずに迷っている人のお役に立てることがあるのではないか?

ということで、人の習性として、まずは買わない理由を探すところから始めがち、らしいので、「買わない理由」を30個もまとめて、意思決定支援を試みたのはずいぶん前のこと。

 

「買わない理由」に挙げた項目を見ても「どうってことない」という人はそれこそ欲しいなら「買えばいいじゃん」ってことだけれど、それでもなお、どうしても最後の一歩を踏み出せずに困っている、という人がいるとしたら、その人にはいよいよ背中を押す「ランクル70を買うべき」理由が必要かも。

これもまた、十人十色、大きなお世話でなかなか難しいお題目だけど、思い切って、初めてランクル70に乗ってみた一個人として考える「ランクル70を買うべき」理由を6個列挙してみる。

順不同。

(主としてランクルやクロカン車初心者向け。)

1 伝統のスタイルを楽しむ

最新SUVや最近のランクルシリーズ、ハイラックスなどの流れるような流線型ボディーとは一線を画す古めかしい、30年前からほとんど変わらない伝統のカクカクボディ。

ランクル70に純正シュノーケル装着

 

 

HK75さんのランクル70バン
HK75さんのランクル70バン
ランクル70ホワイトピックアップ
ピックアップマニアさんのランクル79
新型ハイラックスピックアップ試乗
ハイラックスピックアップ
FJクルーザー

ランドクルーザーというと、大きい車というイメージが付きまとうけれど、ランクル70はランクル200やプラドに比べると小さい。

この手の車にしてはコンパクトなボディだけれど、カクカクすることで、ボディサイズの割には広い室内空間が確保されているし、大きくスクエアな窓によって広い視野が確保されている。

フロントカメラとモニター設置後の様子
ランクル70 のフロントビュー

リアビューはとびきり頭の大きい外国人が裁判でも起こしたことがあるのか、妙にデカいヘッドレストに遮られて狭めだけれど、それは買わない理由に書いたので無視。

残念ながら丸目ランクル70時代(~HZJ76)のランクル70の象徴的な先細りスリムフェイスは失ったものの、これとてデザインのためのデザイン変更ではなく、1VD-FTVという大きなディーゼルエンジンを収めるためのデザイン変更だったらしい。

ちなみに、先代の先細りフェイスは、フェンダーをヒットして破損しても、ライトは壊れず、夜道を走行し続けられるように考えられた、機能重視によるものだと、何かで読んだことがある。

ランクル70丸目ホワイトナローLX

なお、再販車も後ろ姿はほぼ丸目と同じままだ。(間違い探しレベルの違いはある。)

 

okkyさんのランクル70バン2
okkyさんのランクル70バン

カクカクボディの同ジャンルの車としたらジムニー、JEEP、ゲレンデヴァーゲン、ディフェンダーあたりが思いつくところ。

個人的にはまずはランクルブランドに惚れているので、エコヒイキすることが大前提になるけれど、外観や大きさだけで言うと

ジムニーは今の自分のライフスタイルには小さい。大きかったらどうか、やっぱりランクル70だけど。

ジムニーJB64

JEEP、ゲレンデヴァーゲンは小奇麗(分かりやすくお洒落)すぎる。

ディフェンダーは・・・カッコイイし、乗りたい。でもどちらかと言われるとランクル70には叶わない、という感じ。正直、高いし。

出典:レスポンス

2 買うなら今

ディーゼル規制のない土地に住んでいたら、ディーゼルの丸目ランクル70が選択肢になったりするし、お金持ちなら海外からの逆輸入車をいつでも購入できるから、話は違ってくる。

でも、そんな環境でない限り、ランクル70の選択肢は再販車のみ。

ランクル70バン2台
手前は自然写真家石井さんのランクル70 バン

再販車は2014年から期間限定で販売されたものなので、今なら走行距離が1万キロに満たなかったりするものもあるし、ほとんど走っていないような車を買うことができる。

 

もともと故障が少ないトヨタの車、その中でも丈夫なランクル70、普通の乗り方をしていればまだ初期不良以外の故障はまずないだろうし、しかも販売から2~3年(この記事を書いている2018年現在)しか経過していない今なら、禁煙車を買っておけば新車購入と遜色ないと言っても過言ではないだろう。

新車から4~5年も経てば、新車特有の香りはなくなり、中古車らしい独特の匂いになってきてしまうのは否めない。

10万キロまでは慣らし運転だ、と力強く言われても・・・「新車みたいなもの」という売り文句で圧倒したい家庭の金庫番には通用しない。

そりゃそうかもしれないけれど、それはマニア同士で言って喜んでおいて、という感じになる。

つまるところ、ランクル70いつ買うの?〇〇でしょ。(もう既に古い感じか・・・)

3 カスタムが楽しい

ランクル70購入記に寄せられたカスタムの数々。

みんカラにある膨大なカスタム情報。

もちろんノーマルならではの均整のとれたカッコよさを楽しむ人もいるけれど、人それぞれ、異なるカスタムを施されたランクル70を見るのも、自分色のランクル70を作り上げるのも本当に楽しい。

 

ランドクルーザー70ピックアップベージュにシュノーケル装着
しばさんのランクル79
ランクル70バンのブルー×ブロンコ道
青島さんのランクル70バン(ブルー)
ランクル70バンのレッド×ブロンコ
ランクルマニアさんのランクル70バン(レッド)
ランクル70ピックアップのベージュメタリック
乱丸さんのランクル70ピックアップ

林道中峰黒川線とランクル70

ランクル70のカスタムには天井やドアの内張り外して断熱、防音対策してみたり、オートクルーズ、オートライト、オートロックを後付けしてみたり、窓UPオート化してみたり、リフトアップしてみたり、バンパー塗装したり、交換したり、マフラー交換したり、シュノーケル装着したりと軽い物から重い物まで、とにかく沢山のメニューがある。

 

ランクル70がシンプルでカスタムし甲斐がある(逆に言えば装備が最低限)こともさることながら、ランクルの長い歴史の中で培われた豊富なカスタムメニューによるところも大きい。

4 オフロード走行

世界の名車(の一つ)ランクル70。

貴重な車が無駄に消耗しないようガレージに置いて眺めて酒の肴として楽しむもよし、

意味もなく都心に出て街乗りで注目(これにはやっぱりピックアップでしょう!)を集めるもよし、

邪道も何もない、自分のものは自分の好きに使って楽しめばいい。

持ってる人か持ってない人か、オフロードの達人かそうじゃない人か、誰が言うのか知らないけれど、とにかく外野がとやかく言うことじゃあない。

でも、せっかくの優れたオフロード性能を備えたランクル70に乗るならこれを使う体験してみる価値がある。

オフロード走行性能を支えるランクル70(再販車)の特徴

高剛性ラダーフレーム

オフロード走破時に求められる高い剛性や強度を確保するために、丈夫で耐久性に優れ、信頼性の高いラダーフレームを採用。オンロード走行時の安定性や快適な乗り心地の実現にも貢献します。(カタログより引用)

■リジットサスペンション(F:コイルスプリング R:リーフスプリング)

フロントには操縦安定性に優れたコイルスプリングサスペンション、リヤには高い頑強性を持つリーフスプリングを採用したリジットサスペンションを装備。フロントとリヤの的確な配置により、オンロードでの走行性とオフロードでの走破性を高い次元で両立しています。(カタログより引用)

■対地障害角

アプローチアングル、ランプブレークオーバーアングル、デパーチャーアングルそれぞれに余裕ある設計を施し、様々な路面状況に対応。(カタログより引用)

 

出典:ランクル70カタログ

■電動デフロック(フロント・リヤ)※メーカーオプションだが5万円と低価格だったため、ほとんどの車は装備していると思われるが、稀についてない車もあるので要注意。

車輪をスタックさせると、デフの働きによってその車輪が空転し駆動力が伝達されず、脱出が難しくなります。デフをロックすることにより反対側の車輪にも駆動力が伝わり脱出が可能となります。電動デフロックはスイッチ操作でリヤデフ、またはリヤデフとフロントデフ両方をロックできる機構です。(カタログより引用)

 

青島さんのランクル70バン(ブルー)
ランクル70ピックアップがクロカン_edited
乱丸さんのピックアップ
ランクル70でブロンコのマッド走行2
YPさんのランクル70ピックアップ
雪道を走るランクル70ピックアップ
やまさんのランクル79

自分自身がランクル70を買って初めてさなげアドベンチャーフィールドや、アウトドアパークブロンコでオフロード走行というものを体験。

 

全部合わせてもまだ4、5回行ってみただけで、「ランクル70だから」といえるような走りを体験したかと言われると、してないし、まだまだ序の口ひとかじり程度。

でも逆に、高いオフロード走行の性能を持っているはずのランクル70なのに自分が乗って、雪道で全く役立たずになってみたり、

他のベテランのランクル70乗りの人達が、自分とレベルの違う走りでオフロードを走る姿を目の当たりにして、

せっかくランクル70に乗るんだから、この車のオフロード走破能力をもっと知りたいという気持ちが強まった。

 

世界が認めるランクル70に乗って、その性能を体感してみる、これもまた立派な買うべき理由ではないかと思う。

ちなみに、賛否あるガソリンエンジンだけれど、オフロード走行性能と高速道路などを使った長距離移動における快適性のバランスが取れている、という点は評価できるのではないかと思う(聞きかじり)。

5 異次元の存在感

例えば、流線型の高級SUVや外車が並ぶセレブな雰囲気の都心の駐車場(お金持ちで大して好みもなければ、ステータスシンボルとして分かりやすいメルセデスやBMW、最近ではテスラなんかを選ぶのだろうけれど、エリアによっては本当にそればっかりになるから面白い)。

高級外車の並ぶ私立小学校の駐車場。

TPOが気になるお年頃、中途半端な国産車ではなんとなく気遅れするような場所(気後れなんかしない、という方はご立派。読み飛ばしてください。)だって、異次元感あふれるランクル70は別の土俵、という感じで異次元の存在感を醸し出す。

特にピックアップはナニコレ?的な異次元空間な感じになる。

高級車かどうか、お金持ちっぽいかどうか、という一般の尺度では計り知れない異次元パワーで畏怖堂々、ランクル70ここにあり、という感じでいられるのが良いところ。

敢えて尺度があるとすれば「地球上に最後に残るかどうか」。

 

ゲレンデヴァーゲン2台に挟まれても「だから??」という感覚。

そういう意味ではランクル70はコスパがいい、ともいえるのかもしれない。

6  世界中で活躍

自分だけかもしれないけれど、海外で活躍する日本人、日本発祥メーカーにめっぽう弱い。

マクラーレンHONDA(の本田。F1)、中島悟(F1時代)、シマノ(自転車・釣具)、ヤマハ発動機(オートバイ・ボートエンジン)。

若い頃からこれらが活躍する様子をテレビで見たり、海外で見ると、ちっぽけなナショナリズムがかき立てられる。

そして、ランクル70もそういう場面が多々ある。

つい最近ではミッションインポッシブル・フォールアウトの 難民キャンプシーン、全編通じて爆走するBMWの魅力ガンガンアピールの映画の中でもこのシーンでは、余人ならぬ余車をもって変えがたいということか(TOYOTAがスポンサーだっただけかもしれないけど・・・)、ホワイトのトゥルーピーが山盛り登場。

これには目が釘付けになった。

近年は中東などのよろしくない場面でも注目を浴びてしまったりしたけれど・・・

世界が価値を認めるその車に、中の上?上の下?くらいの価格で乗れるのだから、こんな魅力的な事はない、と思う。

 

と言うわけで、買いたいし、明確な買わない理由もない、でも最後の決め手がない、というランクル70初体験候補の方の背中を押すべく考えた「買うべき理由6」が少しでもお役に立てば幸いだ。

 

〇再販ランクル70色々カテゴリの最新記事