あの丸目ランクル70が残念だった時代があった?

あの丸目ランクル70が残念だった時代があった?

丸目ランクル70バン(HZJ76 ナロー化 ホワイト)オーナーで当研究所の丸目部会長のまるさんの投稿

最近、「丸目部会長としては、もっと自己研鑽しないと!(笑)」と、過去の資料を収集し勉強してみようと思い立ちました。

70系はじめ古めのランクルが載っている雑誌やカタログをヤフオクでせっせと検索しては入札すること数ヶ月・・・やり出すと止まらなくなり、妻には白い目で見られながら、これだけ揃えてしまいました(写真1、2、3枚目)。

1984年に70系が登場した時の4×4magazineも(写真4枚目)。

 

またブログのトップページに表示があったのを見て、最新のコチラの本も衝動買いしてしまいました(写真5枚目)。

開発者が語る、フロントコイル化やV型エンジン搭載時の秘話や苦労など、マニア向けの話題満載です。

面白いのは、40系が70系に変わった当時の4×4magazine誌上で、もうケチョンケチョンに70系が貶されてること(写真6、7枚目)。

どうして40系をやめたんだ。70系はブサイクな格好だし、特にリアのスタイルが嫌いだね。(画像の記事から引用 by所長)

全体に80年代の同誌は、現代では考えられないほど激辛ですね。

豪華になっていく60系にもかなり批判的ですし、読者からのQ&Aにも「自分で調べろ」と言わんばかりに回答されてたりします(笑)。

あと新車価格の安さも今となっては衝撃です。

60系の最上級でも300万切ってたりとか・・・

揃えただけで満足してて肝心の勉強はまだまだですが、ゆっくり楽しみながらやっていこうと思います。

実は60系(豪華ではないベーシックなやつ、もちろん丸目)の格好良さに強く惹かれる今日この頃・・・

意味もなく中古車を検索し、往時の姿を留めるクルマの少なさを嘆いたりしてます。

まるさん、丸目部会長としてのお勤めお疲れ様です。

猛烈な書籍などの量、白い目で見るのもちょっと分かるような・・・歴史あるランクルや、ランクル70だけに探せば探すだけ多くの書籍などが出てきて切りがなさそうですね~

やはり「故きを温ねて新しきを知れば、もって師たるべし」の精神で楽しめるのが理想かなと思いますし、

自称所長としても、もっと勉強しなければと思いましたが・・・本を前にすると眠気が・・・

それにしても、この残念なランクル70評がメジャーなものだったか分かりませんが、何か変わると、慣れ親しんだ前のものが良かったと言われるのは世の常。相当色々言われたことでしょうね。

それでもクリエイターは新しいモノを生み出し続け、最初は受け入れられなくても、いつの間にかスタンダードになり、受け入れられ、愛されるようになる。これがイノベーションなのかな、と思わされました。

自分から見る時期ランクル300?も、新ディフェンダーも、古ぼけたメガネを外して最新のクリアなメガネで見ると、違ったものが見えてくるのかも知れないですね。

〇再販ランクル70色々カテゴリの最新記事