TOKYOオートサロン2020体験記~ランクル70登場!~

TOKYOオートサロン2020体験記~ランクル70登場!~

まえおき

2020年1月10日(金)~12(日)まで千葉の幕張メッセで開催されているTOKYOオートサロン2020

最近ではモーターショーに勝る人気だとかで、興味は有ったものの、猛烈な混雑で、車で行けば大渋滞&長時間の駐車場待ち間違いなし。

そんなわけで全然行く気はなかったのだけれど、ランクル70が2020年に復活するか、そのヒントがあるのか気になるので、やっぱり群馬トヨタRVパークの出展する車はチェックしたいという思いは微かに残っていた。

そんな折、小学1年生男子と二人で1日過ごさなければいけないことが発覚。

奴をヘトヘトに疲れさせるには、電車で往復&会場歩きまくりが一番良さそうじゃないか、ということで一念発起。

朝10時に思い立って出発して、12時前に現地に到着した。

現地の混雑ぶり

2時弱かけて京葉線の海浜幕張駅に到着すると、電車に乗っていた人のほとんどが下車。

まさかと思うそのまさか!ほぼ全員が幕張メッセ方面に大移動してる。

外国人もとても多くて、TOKYOオートサロンがもはや国際的な車好きの大イベントになっていることを実感。

0012020 tokyo autosalon

0012020 tokyo autosalon 0012020 tokyo autosalon

メインゲートに到着して、当日券(大人2500円)を購入。小学生は無料なのがありがたい。

前売り券を購入しそびれたので、待ち時間があったら嫌だなぁ、と思ったけれど、ここはほとんど待ち時間なし。

0012020 tokyo autosalon

0052020 tokyo autosalon一度は目の前にあった北エリアのホール10に入ったけれど、あまりに会場の規模が大きいし、出展者数も多すぎて端から見ていったらとても1日では足りなそう・・・

やむなく、RVパークのある東エリアのホール7に向かうことにした。

メインゲートを入ってすぐの北エリアから東・中・西のエリアへは一旦屋外に出てデッキ場を数分歩く。

寒いし、距離はあるし、混雑してるし・・・

子供を疲れさせるつもりが、あっという間に自分が先に・・・いやいや言うまい。

0012020 tokyo autosalon

ランクル70展示車

会場に入ってから30分近く経過してようやく目標のランクル70のあるホール7到着。

0052020 tokyo autosalon入口から入った2Fからホール全体を俯瞰すると、目の前に赤と白のツートンカラーのランクル70が目に入り、すぐにRVパークのブースを発見することができた。

早速、2020年の国内再復活が噂されているランクル70をチェック

展示してあるのはランクル70バンのショート。

この角目ランクル70のショートを直に見るのは初めてなのでちょっと感動。

オーバーフェンダー付きで、バンパーとサイドの下部がレッドなので、かなりボリューム感がある印象。

0302020 tokyo autosalon0302020 tokyo autosalon

型式はGRJ71L。

へぇ、そんなのもあるんだ、と思いながら、下の方に目をやると「リヤ3リンクコイルサス」の文字。

ランクル70にリアがリーフじゃないものがあるなんて知らなかった。

それとも次世代型ランクル70用に開発されたもの??

何はともあれ、車を拝見。

まずは外観。

0092020 tokyo autosalon0092020 tokyo autosalon0092020 tokyo autosalon0092020 tokyo autosalon0092020 tokyo autosalon0092020 tokyo autosalon

見た目、ヘッドライト周りやフロントグリルの周りから受ける印象はFJクルーザーに近づいた感じ。

古臭いデザインが好きな自分は、ちょっと・・・でも同じじゃ話にならないからね。

とはいえ、運転席に三角窓が付いたりして、遊び心満載。

0152020 tokyo autosalonミラーには以前VDJ78トゥルーピーで見たことのあるアラビア文字。

0152020 tokyo autosalon

内装はドアを開けることが許されなかったので、ガラス越し。

0162020 tokyo autosalonしかし、そこは伊達に長い事ブログをやってない!群馬の諜報員からいただいていた画像でリカバリー。

0162020 tokyo autosalon 0162020 tokyo autosalonそして気になるリアサスペンション。

板バネがないランクル70っていうのを初めてみたので、新鮮で、ひたすら車の下の写真を撮っていたら、近くにいた若者グループにニヤニヤしながら見られてしまった・・・

5年前はこんな人間じゃなかったんだけど・・・

0312020 tokyo autosalon 0312020 tokyo autosalon 0312020 tokyo autosalon 0312020 tokyo autosalon

さて、こんなところで今回のお目当てランクル70のチェックは終了。

これが2020年ランクル70再再販(復活)の何かを暗示しているのかいないのか?

ショートボディ、ガソリンエンジン、MTのGRJ71だったので、ダイレクトに「コレ」というものではないのだろうけれど、昨年は展示のなかったランクル70が展示されたことを好材料と思わないのもまた無理がある?

万一、リアがコイルサスになって、AT設定しかなかったら大変なことになるな~、恐ろしや恐ろしや。

その他の展示車(興味を持てた車たち)

ジムニー

さすがは人気爆発の新型ジムニー。

いたるところで異なるカスタムを施されて展示されていた。

2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

ランクル200

ラリー仕様のランクル200。息子のラジコンで見慣れてる車が目の前にあるとなんか嬉しい。

このステッカーベタベタがカッコよく見えちゃうけど、スポンサーの広告なんだよなぁ・・・

2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

ハイラックス

2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

Gクラス

2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

プラド

2020 tokyo autosalon2020 tokyo autosalon2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

JEEP

2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon2020 tokyo autosalon 2020 tokyo autosalon

コンパニオンとカメラ小僧

今回、圧倒されたのがコンパニオンに群がるカメラ小僧(小僧と言っても5割位は中高年?)。

その群らがりっぷりが凄いのも凄いけど、人気の2極化もまた凄かった。

参考に寂しげなコンパニオンも撮影しておこうかなと思ったものの、誰も撮影してないと、気恥ずかしくてカメラを向けられず画像なし。

誰か撮ってないと、撮りにくいという負の連鎖があるという、知らなくていいことを知ってしまった・・・

さて、特にカメラ小僧の数が凄かったのがFALKENブース。

Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl

二人のコンパニオンがポーズを取り続けていたことが要因だとは思われるものの凄かった。

周囲を通る女性客はドン引きの様子なのがまた面白い。

下の写真に写ってる人の7割くらいがカメラマン。

Campaign Girl

凄いもんだな、と思いつつ、カメラを構える人たちを撮影・・・

でもこれって周りから見たら自分も一緒だ。

しかも子連れって最悪の見た目だ。

Campaign Girl

Campaign Girl

ここもか、ここもか、と思いながらコンパニオンを撮影する人々の撮影を続けているつもりが、いつしかコンパニオンが居ると撮影しないわけにいかなくなって来て、徐々にコンパニオンだけ撮影してたりして・・・気が付けばランクル70を凌ぐ枚数のコンパニオンの写真が・・・

Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl Campaign Girl

何しに行ったんだっけ??

まとめ

というわけで、とこのまましめると、コンパニオン研究所になってしまう。

写真のボリュームバランス的にまずいので、おまけで撮影していたスポーツカー的なやつを掲載して割合を補正。

さて、とにもかくにもランクル70の展示車の実物確認をすることができて、ランクル70復活に向けた息吹を感じることはできた。

クリーンディーゼル搭載のランクル70がこの日本に登場する日まで、あーだこうだと考えて楽しみ続けることとしよう。

イベント情報カテゴリの最新記事