ワンストーンアームレスト(onestonearmrest)購入記

ワンストーンアームレスト(onestonearmrest)購入記

まえおき

以前、記事を書いていたちょっと気になるonestonearmrest。

昔ながらの窓枠肘置き運転をサポートする昭和世代に嬉しいアイテム。

オーストラリア人ほどの身長がないので、少し位置が高いかもという不安は感じるものの・・・

記事を書いたときは、在庫があったのに、その後サイトを見ても長い間売り切れになっていて、さらに気になっていた。

やはり在庫切れと言われると欲しくなるのが人の性。限定品商品にハマるタイプではないと思っていたのだけれど、再販ランクル70しかり、このアームレストしかり、実はそういうタイプだったのか?

今朝、ふとサイトを覗くと購入可能になっていたので、思わずポチっと・・・

海外通販での買い物は、一度激安海外通販サイトで足漕ぎカヤック(20万円位)を購入しようとして、送金直前に詐欺だと気が付いてやめた経験があり、トラウマになっていたけれど、今回はそれほど高額でもないし、クレジットカード決済なので、思い切って挑戦。

まだ届いてないけれど、注文しただけで一仕事した感があるので、ここで大騒ぎして記事を書いておくことに。

注文の流れ

まずはhttps://onestonearmrests.com/にアクセス。

出典:https://onestonearmrests.com/

Googleで日本語にも変換してくれるのでジャパニーズオンリーの人でも安心。

前に見たときは左右セットしかなかった気がしたけれど、今回は、運転席側のみと、助手席側のみも販売されている。価格は左右セットの2/3位になる。

出典:https://onestonearmrests.com/

今回は運転席だけを快適にすれば助手席側からのクレームが発生する可能性は十分にあるため、手戻りを防ぐため左右セットで購入しておく。

付けたら付けたで邪魔、とかいいそうな気もするけれど・・・

出典:https://onestonearmrests.com/

「ADD TO CART」をクリック。

カートに入れた時点では送料が分からないので、ちょっと不安。

出典:https://onestonearmrests.com/

支払方法を設定しないと送料は確認できないので、これまた人生初のpaypalを選択して先に進んでみる。

paypalを使ったことがないので、paypalサイトに飛んでカード情報、住所、電話番号、メールアドレスを登録。

登録が終わるとこのサイトに戻って来る。住所登録はpaypalでしたものと同じであれば入力不要だった。

そして送料込みの価格が表示された。

出典:https://onestonearmrests.com/

あとは確定みたいなボタンを数回クリックで注文完了。

いつ届くのか知らないけれど、オーダーは特に難しいことはなかった。

購入額

さて、ヤフオクなどで売られているのを見ると4万円とかになっているけれど、自分でオーダーするといくらなのか。

出典:https://onestonearmrests.com/

私のような海外通販素人には、下の画像だけ見ても、USドルなのか、オーストラリアドルなのかわからないので、前回記事を書いた際は、

販売元のホームページを見ると、$299.95なので、約32000円程($1=107円換算)。

先程のみんカラの方は1月時点で送料込の27000円と書いていたのでオーストラリアドル?とも思うけれど・・・

と書いていた。

しかし、今回、支払画面に行ってオーストラリアドル(AUD)であることが判明。

出典:https://onestonearmrests.com/

オーストラリアドルは、USドルよりかなり安い。

9月16日朝時点で

USドル 1ドル約105円

オーストラリアドル 1ドル約 77円

送料込みの324.55ドルを換算すると

USドル換算 34,077円

オーストラリアドル換算 24,990円

これだけの違いがある。

そして、今回、paypalから送られた支払明細によるとレートは少し違うようで、約26000円。

この他に関税などはかからないのか、よくわからないけど・・・

それにしても、オーストラリアからの送料が$54.6(約4400円)って安いなぁ。

まとめ

ひとまずオーダーは完了。

いつ来るのか、26000円で済むのか。

顛末はまた大騒ぎUP予定。

ちなみに、オーストラリアドルは、2013年には100円近くに上昇していたけれど、コロナの影響で60円あたりまで下落。今は少し戻して77円。為替的にはまだお買い得な時期なのかも・・・

無事届いてこそだけど。

 

出典:ヤフーファインナンス

↓届くまでの日数や関税については届いた際の記事でどうぞ。

室内系カスタムカテゴリの最新記事