横転発生!富士ケ嶺オフロードで秋のランクル70キャンプ(後編)

横転発生!富士ケ嶺オフロードで秋のランクル70キャンプ(後編)

前編で横転からの立て直しまで書いていたので、その続き、車の損傷状態などを後編として記載。

 

 

横転による車の損傷状態

すぐにまるさんのランクル70(HZJ76ナロー化)の車の損傷状態を確認してみると、ざっと以下のような状態。

・右フロントウインカーレンズ破損&脱落

配線でぶら下がる状態だったウインカーレンズをテープで補修

・右フロントフェンダー変形

・右フロントドア変形(軽度)

・右リアドア変形(重度)

・右クォーターパネル破損

・右テールレンズ破損

・ルーフ変形(ルーフキャリアのフット1箇所メリ込み)

それでも、ガラスの破損はなく、駆動系には一見影響がなさそうなので、うまくエンジンがかかれば自走できそう。

特筆すべきはなんと言ってもヘッドライトか無傷であったこと。

丸目ランクル70の細くシェイプされたフロントフェイスはサイドをヒットしてもヘッドライトが壊れないように設計されていると何かで読んだことがあったけれど、今回はまさにそのデザインか奏功している。

オーバーフェンダー、ウインカーレンズがこれだけ破損しているのに、ヘッドライトは全くの無傷だったのだから。

これが再販ランクル70だったら確実にヘッドライトまでやられている。

恐るべし、丸目ランクル70!を改めて実感する出来事だった。

エンジン再始動

レスキューを指揮してくれた達人風の方によると、エンジン始動は相当時間を置いてからの方が無難とのこと。

取り敢えず、他の車で牽引してキャンプサイトまで丸さんのランクル70を移動させて、休ませておく。

すると、青島さんが(プラグを外して)クランキングしておいた方がいいと提案。

丸さんも了解すると、直ぐに青島さんがプラグを外す作業を開始。

何故か立派な工具一式を持って来ていたゼンさんと青島さんが強力して、ドンドン分解していき、あっという間にグロープラグが取り外された。

カッコ良い!

まるさんには申し訳ないけれど、この状況になったお陰で、いかにマニアックで知識豊富な皆さんに遊んでいただいているのかを再認識。

日頃は全く知識をひけらかさず、このド素人に優しくお付き合いしてくれていながら、いざという場面で実力発揮するこの方々、一体なんなの・・・

そんな思いに襲われている自分をよそに、物事はどんどん進んでいく。

オイル飛散防止に、これまた何故かゼンさんが持参していた大きなダンボールを被せていよいよクランキング。


↑矢印さんの指示に従い、丸さんが、キュルキュル、と少しだけセルを回す。

それを何度か繰り返すけれど、オイルは殆ど出てこない模様。

とうやらシリンダー内部に入ったオイルは殆ど無かった様子で一同一安心。

そして、数時間後にエンジンを再始動してみると(うかつにもその時に立ち会えず・・・)無事エンジンがかった(らしい)。

その後は金沢までの長距離走行を見据えたテスト走行もクリア。

まるさんも、とりあえず自走して帰宅できそうということでホッと一安心の表情。

本当に良かった~

そして、さすがはタフなランクル70。

そしてメンタルタフネスなランクル70乗り、まるさん!

オフロードコースを満喫

こうして衝撃的な横転事故も何とか皆さんの力を合わせて乗り越え、その後はそれぞれにオフロードコースを満喫。

主なコースの様子

ロングヒルクライム

文字通り距離の長いヒルクライム。

途中踊り場があり、そこ迄はなかなかの傾斜があるので勢いをつけて登り切る。

ランクル70が砂埃を巻き上げて、大きなエンジン音を響かせながら登る様は迫力満点。

ピックアップが登る姿には萌えが止まらない!

モーグルコース

管理棟前に広がる複数のコブが連なるモーグルコース。

ゆっくり足の伸びを確認しながら楽しむ人が多く、参加者の皆さんもワザと対角スタック&パオーん状態にして記念撮影していた。

自分の車の足が思った以上に伸びてなかったのにはビックリ&ガックリ。

土のバケツ

ブロンコの普通に走行して脱出することを想定していないバケツと比較すると良心的なドライのバケツ。

DSC_1282

今回のコンディションでは、特に問題なく入り出てこられた。

ロックのヒルクライム

普通の感覚ならこんな場所、車では入らないでしょ、と思うはずの岩場。

そう思わない人が参加者の中にいたのには驚いた。

外周路を走っていると、フランシス・小ザヴィエルさんらしき人影がこの斜面の途中に見えたので、まさかと思って車を降りて見ると、斜面の中腹にノーマル車高の小ザヴィエルさんの愛車76。

何やら岩場を見ながらイメトレしているようで、しばらくすると運転席へ入ったかと思うと、物凄い勢いでコース外側の岩に乗り上げ、滑り、乗り上げ、を繰り返し、登り切ってしまった。

恐るべしランクル70、フランシス小ザヴィエル!この人もまた何者?

とまぁ、夕方までそれぞれに走ったり話したり、楽しんで過ごした。

キャンプも満喫

夕方になり、日帰りの方々は帰路について、後泊する人たちは夕食や寝床の準備。

この日の最低気温は2度。

時間がたつに連れてかなり寒くなってきたけれど、そこは野営上等のランクル70乗り達。

当研究所のDIY部会会長↑矢印さん自作のドラム缶ストーブや、焚火に当たりながら夜遅くまでランクル70談義?を楽しんだ。

当方はこの日は息子と二人での初車中泊。

自作シェード、電気毛布などの備えのお陰でなんとか無事朝を迎えられた。でも寒かった~

 

 

まとめ

こうして楽しかったオフロード走行&キャンプの時間はあっという間に過ぎ去り・・・

翌日は皆さんお腹いっぱい?オフロード走行はせずに午前中に解散となった。

日本の至宝丸目ランクル70が横転するという大事件があったものの、乗っていたまるさんはケガもなく自走して金沢まで帰ることができたし、そんなトラブルを乗り越えることでまた、皆さんのすごさを知ることもできた。

とても楽しく有意義な集まりになった。

一日も早いコロナ禍の終息して、マスクなしで集える日がくること、まるさんのランクル70が無事修理で復活してまた参加してくれること、新たな仲間が増えること、などなど願うばかり。

参加してくれた皆様、ありがとうございました!またよろしくお願いします。

オフロード&林道カテゴリの最新記事