再販ランクル70のフロントグリル&リアバンパーをDIYマットブラック塗装

再販ランクル70のフロントグリル&リアバンパーをDIYマットブラック塗装

まえおき

今回は、愛車のランクル70(GRJ76K)を海外仕様っぽくするために、次の2か所をマットブラックに塗装。

①TOYOTAマークのフロントグリルのメッキ部分

②リアバンパーのシルバーのカバー部分

マットブラック塗装は、クリアーを吹いたり、磨いたりする必要がないので、私のような素人が缶スプレーで塗っても、比較的きれいに仕上がるのでお手軽。

フロントグリルの取外し

まずは、フロントグリルを外す。

すごく簡単だが、一応手順は以下のとおり。

フロントグリルを固定するネジは3本。

あとはクリップ(写真でピンと書いたところ)が2か所。

クリップは上に出ている突起部分をマイナスドライバーなどで押してあげると、簡単に外れる。

クリップは車体側に残るけれど、取り付けるときは、フロントグリルにセットしてからでないとつかない。

外したフロントグリルから、メッキ部分を外す。ビスを8本くらい外すだけ。

リアバンパーカバーを外す

これこそ写真で外し方を説明したいところだったが、タフコートをしているおかげで、裏側は真っ黒ベトベト。

写真を撮るのも、手が汚くて一苦労なので挫折してしまった。

少し説明しておくと、泥除けを外すときに、トルクスレンチを2か所使うということと、タイヤハウス内のボルト2個を外しても、クリップが残って、簡単に外れない。

裏側からクリップの突起2か所を押し込んでやると、外れるのだが、なんせベトベトでよく見えなかったので、今回は最初に力任せに外した2つは見事に破損、というか壊して外した。

外したあとで仕組みを勉強した効果で反対側(左側)ではうまく外すことができた。

ボディーの真っ黒な部分はタフコート。

塗装作業

ここまでで今回塗装する部品がそろった。

まずは足付けのためのサンドペーパーがけ。

800番がなかったので、600番でやってみた。

次はシリコンオフで油脂を取る。

その後でプラサフを塗る。(ミッチャクロンの方が使い勝手良し)

いよいよマットブラックスプレーで塗装。

塗装完了。

フロントグリルに塗装済みのパーツを装着。

フロントグリルを車に装着。

なかなかいい感じだ。

ちなみに、これが塗装前後。

ちょっと、光の加減で差が分かりにくいか・・・

次にリアバンパーを装着。

これもリアだけ見ると、自分的にはかなり満足。

これが塗装前後。

なかなか良い!イメージ通りの出来栄えだ。

その後、フロントバンパーも塗装↓

※この記事はランクル70購入記の記事を再編集したものです。

所長のDIYカテゴリの最新記事