「所長のDIY」カテゴリーアーカイブ

ショックアブソーバー交換DIYでショック!(5/4インプレ追加)

まえおき

愛車ランクル70(GRJ76K改)は2インチリフトアップした際に、装着したTJMゴールドサスペンションキットに入っていたショックアブソーバーを装着している。

ランクル70用TJM XGS サスペンションキット

しかし、やまさんや、乱丸さんが同じサスペンションキットを使いつつ、ショックアブソーバーだけKONIにしているのが良さげ。

乗り心地なんか大して分からない癖に、あの赤いショックを装着したい、という「流行ってるから紺ブレ」(今どきの人は分かんないだろうなぁ~)みたいな・・・

konishockabsorber

そして、ヤフオクを眺めていると、2インチアップの再販車に装着していたという、若目のKONIを発見。

型番を確認すると、再販の2インチアップのものに間違いないということで、落札。

それが1年以上前かな・・・コロナ自粛ゴールデンウィークを活用して重い腰を上げてDIY交換してみることにした。

参考にしたのは、はしょれメロスさんのこちらの記事。

準備

今回の作業用に準備したものは以下のとおり。

KONIショックアブソーバー

ヤフオクで購入(確かに型番はあってるけれど、後にショックな出来事が・・・)

・2インチリフトUPフロント用→82-2348SP1

・2インチリフトUPリア用→82-2347

ベルトレンチ

フロントのショックアブソーバー脱着に使用。

→安いもので平気だけれど、根元がゴムで外れるやつ(こんなの)はNG

メガネレンチ(19mm)

フロントのショックアブソーバー脱着に使用。

安物でも平気だったけれど、薄型のほうが使いやすい。

ラチェットレンチ(17mm)

リアのショックアブソーバー脱着に使用。

メカニッククリーパー

車の下にもぐっての作業が必須なので、これがないと大変。

段ボールひいて根性でやるのもいいけれど、3千円程度で買えるので、用意したほうが良さそう。

減衰力調整

KONIのショックアブソーバーは減衰力調整が可能。

KONIのホームページに調整方法の説明がある。

装着状態では調整できないので、いちいち脱着しないといけない。

やり方は以下のとおり。

まず、ショックアブソーバー内側にあるバンプラバーを外す。

そして、一番短くなるまで押し下げる。

この状態にすると、何かに嵌った感じになるので、反時計回りに限界まで回転させる。

これが一番減衰力の弱い状態。

ここから時計回りに回転させると減衰力が徐々に強くなるとのこと。

後で調整するのも面倒だけれど、今回は装着前に一番減衰力が弱い状態(出荷時のデフォルト)にして装着してみる。

4本とも同じ作業をしておいた。

DIYでの交換作業

フロントショックアブソーバー交換

取外し

まずははしょれメロスさんの記事でハードルが上がっているフロントの取外しに挑戦。

予備知識を得ているおかげで道具は準備万端。

ベルトレンチメガネレンチ(19mm)

実は、少し前に、ベルトレンチをネットで購入して試していたのだけれど、それが使えなかった。

選ぶ際には要注意。

使えなかったのはこんなタイプ。

強くテンションをかけるとゴムの根元の部分(毛根のような部分)が外れてきてしまった。

まずはベルトレンチでショックアブソーバーが回転しないように固定しながら、メガネレンチ(19mm)で上端のナットを外す。

今装着しているショックアブソーバーは、純正品などと違って上部が細い棒にゴムカバーが付いているだけで、この細い棒をベルトレンチで固定するのが大変だけど、純正のショックだったら固いカバー一体型なのでもっと楽なはず。

ベルトレンチの力を加える方向を、ナットを回す方向と反対にしないとうまく固定できないとか、そこそこの試行錯誤はあるものの予想したほどの苦労はなく外すことができた。

そして、下端のナットも同様にベルトレンチメガネレンチ(19mm)を使って外す。

こちらも思ったほど苦労なく取外し完了。

ショックを縮めるように取外して、片側の取外し完了。

取付け??

さて、いよいよお楽しみのKONIショック取り付け。

実はこのショックアブソーバー、以前、リフトアップした際に、ショップに持ち込んで装着をお願いしたのだけれど、長いからと断られたいわくつき。

でも、型番合ってるし・・・多分大丈夫なはず!ということで、長さを確認して取り付けようと思っていた。

しかし、実際、取り外したショックアブソーバーと比較すると3センチ位は長い。

しかも、上端の様子(上の画像)が、やまさんから教えてもらったもの(下の画像)とは明らかに違う。

こりゃヤフオクでしてやられたか!とショックを受ける。

安物買いの銭失いってこのことだなぁ・・・

一応、ヤフオクの商品説明を読み返してみるとこんな記載が!

3インチUP対応

あっ、やられたんじゃなくて、やっちまったんだ。

2インチUPのうちの車につかえないのは当然のことだ・・・

型番が一致するのが紛らわしいけれど、おそらく他車用の2インチUPものを、3インチ用にカスタムしたものなのだろう。

それならば、3インチUPしてる人に使ってもらうのがベスト。

ということで、今回、フロントの装着は断念した。

そんなわけで、フロントはショックアブソーバーをベルトレンチを使って外す練習となった。

リアショックアブソーバー交換

フロントがこんなことになり、もう絶望的な気分になったのだけれど、リア用も型番は一致していることだし、もし長さが問題なければ、リアだけでも交換してKONI気分を味わうことにした。

取外し

リアははしょれメロスさんの記事でも、ほかの人の話でも簡単そうな印象を受けていたので油断しまくり。

見ると、上下にひとつづつ、17mmのナットが普通についているだけ。

クリーパーで下にもぐりこんで、ラチェットレンチを使ってボルトを緩めるところまではイメージ通り、大した苦労なく(本当は固くて外すのに結構悶絶したけど・・・)進む。

しかし、ショックアブソーバー本体の取外しには、予想外の悪戦苦闘。

最終的に到達した簡単な外し方は、まず上端を、ハンマーの柄などを使ってテコの原理で外す。

次に下側を外す。

そして、フロントが3インチUP用で長かったので、念のため、リアも何かおかしなことになってやしないか、装着していたものと長さを比較してみる。

すると、意外にもリアのショックアブソーバーの最大長は現在装着しているものより15mm位短そう。

これなら装着しても問題なさそうだ。

さっそくもう片方も外して、取外しは完了。

取付け

待ちに待ったKONIのショックアブソーバー装着。

リアだけなのは寂しいけれど、リアビューであの赤いショックが見られればいいんじゃない?という程度のなんちゃって野郎なので、問題なし。

取付けは、最初、上端を仮止めしてからというはしょれメロスさん方式に挑戦したのだけれど、そうするとどうにも下側の角度が厳しくて入れられない。(私のスキルの問題)

そこで、今度は、挿入部分にシリコンスプレーを吹いておいて、下側から挑戦。

下側は挿入部分の中心が金属になっている(中心以外の周囲はゴムだけど)ので、角度調整が難しく、ショックアブソーバーを垂直(差し込む金属に対して直角)にする必要があるのが難しさの理由。

上がフリーな状態ならば、下側は簡単に入る。

その後で上部に力をかけて傾けるようにしながらボルトに差し込むとなんとか上下ともに固定することができた。

はしょれメロスさんの記事にもあるとおり、ブレーキワイヤーが若干邪魔ではあるものの、なんとか無事作業することができた。

まとめ

こうしてなんとか七転八倒しながらもフロントのショックアブソーバー交換断念&リアショックアブソーバーDIY交換が完了した。

憧れのリアビュー。汚い燃料タンクカバーの奥に八の字に光るレッドが眩しいじゃないか。

肝心の乗り心地?

多分乗っても大して語れないので、そのうち気が付いたことがあればご報告しようかと。

良かった良かった。

乗り心地の変化(インプレ)

減衰力最弱1/8段階(5/4時点)

最初に装着したのは、出荷時デフォルトの最弱状態(反時計回りの行き止まり)

どうせ違いなんか判らないだろうと思いつつの初乗り。

すると、明らかにリアの突き上げがマイルドになり、柔らかな乗り心地に変化した。

しかし、揺れが収まるのに時間がかかる感じで、少しふわふわ、極端かもしれないけれど目線が落ち着くのに時間がかかる印象。

もう少し固めのセッティングの方がよさそうなので、次は1/4回転時計回りに動かしてみるつもり。

減衰力2/8段階(5/4時点)

早速もう一度ショックアブソーバーを取り外して減衰力を調整してみた。

1/4(全2回転なので、時計回りに1/2回転)減衰力を強くすつもりだったのだけれど、うっかり1/8(1/4回転)強くしてセット。

もう一度外す気力がなかったのでとりあえずそのままテストドライブ。

それでも最初のふわふわした感じよりは少ししっかりした感じ(ほんとに感じられてるのかなぁ・・・?)。

ソフトな感じが久々で嬉しいので、とりあえず、このまましばらく走ってみようと思う。

人気のランクル70センターコンソールDIY取付(詳細版)

商品注文~到着

このブログでは、やまさんからの情報提供を受けて話題になったセンターコンソール装着による不便解消カスタム。

ネットショップやオークションで販売されていて、どこで購入するか迷った。

どうも品質がマチマチ(変形や質感が劣るものがある)だという情報があったので、検品くらいしてそうなネットショップで購入してみた。

購入店:MIOKAZEストア(ヤフーショッピング)

商品名:トヨタ用 ランドクルーザー LC70 LC71 LC76 LC77 LC79 アームレスト 収納 ボックス トレイ センター コンソール 送料無料

→「FJ70 センターコンソール」で検索すると沢山出てきます。

注文日:12月23日

到着日:1月10日

購入金額:8980円(税込み)

中国からの取り寄せとのことで、注文してから届くまで随分とかかってしまった(ショップでは最初から「取寄品」とひょうじしていたので想定内)。

届いたセンターコンソールをチェックしてみると、変形していたり明らかな問題はなさそう。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

中国製とはいえ、一旦、国内のショップに行ってから宅配で配送されたので、検品はしている様子。

箱を見ると、「FOR FJ70 2018」と書いてあって、よくわからないけれど、写真は明らかにGRJ76&79のトヨタカタログから頂戴したものと思われ、専用品感満載。

取付前のカスタム

そのまま取付ても面白くないので、手持ちで使っていなかったUSBポートとフットライトとしてLEDライトをつけてカスタムすることにした。

USBポート(zmart TOYOTA車用 緑 5V 2.1A 2口 USBポート)は嵌め込む部分をノギスで計測してカッターで切り抜くという自分にしては珍しく慎重な作業をして、ピタッと収めた。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

LDEライト(KAWELL ボルト型 LEDスポットライト)はちょっと(かなり?)大きいのと目玉焼きのようなカラーリングは気になるけれど、手持ちのもので済ませたいので、ドリルで穴を開けて装着。

フットライトはドアを開けると点灯するようなものではなく、スイッチ式にする。

運転中は点けないけれど、一応運転席のシートで光源が直接視界に入らないような位置に取り付けておいた。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

当初は1個の予定だったのだけれど、運転席の足元に物が落ちると見えなくて危険だなぁ、と思っていたので運転席側の側面にも追加。

landcruiser70 centerconsole

フットライトのスイッチはレトロ感を重視してトグルスイッチを設置。

何のスイッチか分からないものがあると車検NGのようなので、作業後にプレートも自作して付けておいた。

landcruiser70 centerconsole

landcruiser70 centerconsole

LED照明がなんともデカイけれど、装着してみてどうなるかお楽しみだ。

配線が異音を出さないようにスポンジで隙間は塞いでおく。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

あとはプラスとマイナスの線を接続すればいいだけ。

取付け作業

純正ホルダー戻し&配線

まずは、DIYでカスタムしていたシャビーなドリンクホルダーを撤去して、純正のドリンクホルダーに戻す。

さらにアクセサリー電源とアース(-)線を引いておく。

今回はボンネット内のパワーアウトレットから引き込んでおいた配線を使用して、運転席足元のカーペット下から、シフトレバーの根元に通した。

landcruiser70 centerconsole

 

landcruiser70 centerconsole

landcruiser70 centerconsole

純正ドリンクホルダーの手前のボルトは新しいセンターコンソールと友締めする(付属ボルトの中の長いもの)のでまだ取り付けない。

ハンドナッターでボルト穴作り

次に、センターコンソールのボルト取付の準備。

カーペットの下に予め開いている穴に、ハンドナッターを使って6Mサイズのボルト穴を作り、センターコンソールに付属のボルトで固定するという作業(みんカラの先人の情報がとても参考になった)。

まずは、カーペットの下にある穴のうち、センターコンソールのボルト想定位置に合うものを見つける。

センターコンソールを仮置きして穴の位置の目星をつけることが可能だけれど、ここで便利アイテムを使用。

家の中のDIYで壁の下地を探すときに使う「下地どこ太」。

landcruiser70 centerconsole

押さえつけると針が出てきて、下地に当たると押し込めないけれど、下地のない場所ではズボっと刺さる。今回はずぼっと刺さると穴のある位置。(まぁ、これがなくても尖ったもので刺してみればいいだけってことだ)

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

この下地どこ太を活用して完璧・簡単に穴の位置を特定。

消せるチョーク」でマークしておいた。

landcruiser70 centerconsole

改めてセンターコンソールを置いてみると、穴の位置はピッタリ一致。

landcruiser70 centerconsole

物によっては、変形やら穴の位置ズレがあると聞いていたので、ビクビクしたけれど、アタリなのか完璧。

続いてこの穴の部分をアートナイフで切り抜き。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

このアートナイフを使うととてもきれいに穴を開けられるのでお勧め。

誰にも見られない部分だから、穴が綺麗だろうが汚かろうが、どうでもいいので自己満足だけど。

次に、初めて使うハンドナッター(ちょっとナッターM6用)なるものの登場。

ハンドリベッターの要領でボルト穴を作ることができる逸品。これは用意した方が良さそう。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

2つくっついたボルトのようなものに、六角穴のボルトを差し込む。

landcruiser70 centerconsole

そしてボルト穴になる部分を穴に差し込んでおく。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

ここに六角ボルトを差し込む。

landcruiser70 centerconsole

ナットを17ミリのメガネレンチで固定する。

landcruiser70 centerconsole

そして、6角レンチで締め上げる。

landcruiser70 centerconsole

かなり力が必要だったけれど、しっかりカシメることができた。

landcruiser70 centerconsoleこれを2カ所やったら準備OK。

landcruiser70 centerconsoleこれで3本のボルトで固定することのできる、ナット穴ができてボルトオンが可能になった。

世の中、便利なものがあるもんだ。

みんカラの先人達にも感謝。

ここで予め用意しておいたACC電源とアース(-)をセンターコンソール側の配線に接続。

landcruiser70 centerconsole

あとはセンターコンソール付属のボルトとワッシャーを使って固定するだけ。

ボルトで固定

純正ドリンクホルダーの部分は3本付属するボルトの中の長い1本を使用。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole残りの2本も取付。

ハンドナッター(ちょっとナッターM6用)で作ったボルト穴は問題なくガッチリ固定することができた。

landcruiser70 centerconsole完成

これで取付完了。

お手軽カスタムでありながらすごい完成度じゃないか!!

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

試しに物を置いてみる。

landcruiser70 centerconsole

アクセサリー電源を通電させてみると、バッチリ通電。

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole

さらにトグルスイッチをオンにして明らかに大きすぎるLEDフットライトも点灯してみる。(この時点ではスイッチ表示未装着)

landcruiser70 centerconsole

なんというイエロー!

何に使うあてもなく購入していたもので、初点灯なのだけれど、まさかここまで黄色いとは・・・

まぁ、フットライトなんて誰に見せるわけでもない、物が落ちた時に使うだけだからいいけど。

一応、夜になって点灯してみたらこんな事態に。

こういうのが好みだと誤解されるとちょっとシンドイんだけど・・・

landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsole landcruiser70 centerconsoleまぁ、これなら足元に物が落ちてもスイッチ一つで解決だ。

良かった良かった。

白いLED照明買いたくなる・・・そのうち改修だな。

フロントバンパーをDIY塗装でマットブラック化

まえおき

ランクル70を憧れのオーストラリア仕様(自分の思いこみイメージ)にカスタムするためフロントバンパーカバーをマットブラックにDIY塗装することにした。

待ちに待った週末のお昼前に着手して完成は夕方4時頃。

意外と短時間で上々の仕上がりになった。

用意したもの

HOLTS ツヤ消し黒 スプレー 2本

CARLAS カラフルラバースプレー マットブラック 1本

ミッチャクロンマルチ 420ml 1本

サンドペーパー

ソフト99シリコンオフスプレー 1本

マスキングテープ

新聞紙

エーモン プラスティリベット【1653】(破損した部品の交換用)

作業手順

1 バンパーカバー取り外し

外したものはボルト6本、ナット2つ。クリップ5個。ボルトとナットは10mmのレンチで外せる。

バンパーの上面奥側の車体との隙間にリベットがあって、それを浮かせるのはマイナスドライバーで簡単にできたのだが、完全に取り外すには狭いので、後でいいかな、と思っていたのだが・・・

そんなはずもなく、すべてのボルトなどを外したところで、リベットだけ甘噛みの状態で残っているまま、バンパーカバーを前にスライドさせると、見事に一部破損。

5個中2個が破損した。リベットの破損はお約束だなぁ・・・。

まぁ、3個あればいいか、という感じだけど、簡単に購入も可能→エーモン プラスティリベット【1653】

 

2 バンパーカバー解体

続いて、外したバンパーカバーから、メッキカバー、フォグ穴カバー、オーバーフェンダーを取り外す。

メッキカバーは、8個のクリップで止まっているだけ。これは壊さず外せる簡単な構造。

タフコートのおかげで真っ黒ドロドロのものが付着しているが、普通は真っ白。

フォグ穴カバーは片側の引っ掛かっている部分をドライバーで押してやるとぽこんと簡単に外れる。

オーバーフェンダーはプラスチックのクリップ4個と、金属クリップ1個。簡単に外れる。

ここまでは案外すんなり来た。

3 下地処理

お決まりのソフト99シリコンオフスプレーで油脂を取っていく。

ここで問題が!

タフコートの油が見えない部分のあちこちについていて、それを自分で塗り拡げるような状態になってしまう。

拭いても吹いてもきりのない状態になってしまったので、結局、全体的にペーパーがけして表面を剥離することになってしまった。

ステップ部分と、ナンバーの後ろあたりが素地のままなので、そこはマスキング。

今回は、プライマーとして、火消さんから教えてもらったミッチャクロンマルチ 420mlを使用。

ネットで塗装面に塗装するのには不要とか、色々な情報があったのだが、難しい話はさておき、ダメならやり直すだけと割り切って、バンパーもメッキ部分も、使ってみた。

塗装にあたっては特段問題なかったので、うまくいったのだろう。

ただ、透明なので、塗れたかどうかわからず、しつこく吹いて、2か所で少しだけ液垂れしてしまった。結果的には全然わからなくなったのでよかったけれど。

4 ブラック塗装

次はいよいよマットブラック塗装。

バンパーカバーと、メッキ部分はHOLTS ツヤ消し黒 スプレー

塗るかどうか迷ったオーバーフェンダー部分は、せっかく、通りすがりのランクルファンさんから教えてもらって剥がせるラバースプレーを用意したので、とりあえず塗ってみることに。

そして、それぞれ塗装完了。

バンパーカバーは正直言って、デカくて塗装するのに時間がかかった。なんせこちらは缶スプレー。

1.5本を使ってようやく塗り終えた。

メッキ部分の塗装はミッチャクロン効果か、とても色載りがよくて、すんなり塗り終えた。

そして、一番驚いたのがラバースプレー。

なにがって、とにかく、色のくっつきっぷりが半端ない。

ひと吹きで真っ黒というといいすぎだが、あっというまに真っ黒だ!ちょっとお高いけれど全部これで塗れば、どんだけ簡単かと思ってしまった。

5 完成!

こうして、あっけなく塗装も完了。乾燥もそこそこに、早く完成した姿をみたいので、組み付け。

オーバーフェンダー部分もバンパーカバーと見た目違和感なく一体化している。

そして、これが完成した姿。正直、オーバーフェンダーを塗ったのがよかったのかどうか、分からないけれど、おかしい気もしないので、当面これでいくかな。

ちなみに、こちらがRV-PARKの写真。

これが納車時点の愛車。

人それぞれ好みはあるでしょうけれど。

純正ウインチバンパー塗装編

純正ウインチ装着に伴い、ウインチ装着仕様のバンパーカバーになったため、シルバーに戻っていた。

正直、シルバーもいいかな、という気がしているものの、リアはマットブラック塗装しているし、今回も塗装することにした。

これが塗装前の状態。

お弁当箱ならぬウインチカバーは先にTOYOTAマークのみマスキング。

バンパーを取り外してステップ部分などの未塗装素地部分をマスキング。

ミッチャクロンを使うけれど、一応、足付けのためサンディング。

オーバーフェンダーを外した部分は予めねんどパテなどを使って埋めておいた。まぁ、パッと見は分からない程度にスムージングしてある。よく見ると塗装後もここだと分かるレベル。

まずはお弁当箱を塗装。

あっという間にバンパーもお弁当箱も塗装完了。お弁当箱のTOYOTAマークは、マスキングテープを剥がすときにちょっとしくじって最初の「T」は結構汚い。まぁ、自分以外気にする人はいないだろうしOK。

完成したものを装着の図。今更なんの新鮮味もない。でもやっぱり自分的にはこっちが好みかなぁ、なんて思ったりもする。でも「TOYOTA」がかぶってるのはどうかな?

グリルを輸出仕様に変えてみるかな。