「外装系カスタム」カテゴリーアーカイブ

ヒッチキャリア装着(実践編)

ヒッチキャリアに関する予備知識を一通り得たところで、いよいよ実際に愛車ランクル70にヒッチキャリアを装着する。

検討の結果、純正リアバンパーに埋め込まれている灯火類(車幅灯、ブレーキランプ、ウィンカー)の視認性をしっかり確保することが必要となったので、以下のように対策してみた。

実際の作業手順は以下のとおり。

テールランプを用意

ヒッチキャリアに装着するテールランプをどうしようかと考えて、Amazonなどで色々探したけれど、レビューを見ると信用度がイマイチなものが多い。

特に照度不足というコメントが多いのが気になるところ。

パッと思いつきでランクル70ピックアップのテールランプが良さそうかなと思ったのだけれど、純正品は高そうだなぁ、と思いながらググっていると社外品の純正交換タイプのものが売っていた。

LEDでもないし、純正交換用なら照度も大丈夫だろうということで、こちらに決定し、調達。

バックランプ(後退灯)はダミーテールの2つで足りるので、不要だけれど、一応使えるように配線だけはしておくことにする。

テールランプの防水加工

防水処理はされてないとのことなので、まずは届いたところで適当に防水加工を施す。

ケースの淵は自己融着ブチルテープを回した上からビニールテープで保護。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

電球の根元部分の配線露出部分も同様に保護して、さらに金属が露出している部分はシリコンコーキングで養生しておいた。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

ランプに固定用ステー装着

テールランプをヒッチキャリアに取り付ける方法としては、ステンレス製のステー(トラスコジョイント金具24型Lステンレス)とボルトを使用。

もともとテールランプに付いているボルトをステンレスの物に交換しつつ、下側の2本は延長して、ステーを固定できるようにした。

ステーはそのままでは一部テールランプ本体と干渉したので、少しカット加工しておいた。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

これでテールランプ固定のための加工は完了。

車内からの配線取り出し

今回のヒッチキャリアへのテールランプ設置に際して必要な配線を車両側から取り出す。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

以前、4灯化するためにテールランプ、ブレーキの配線は取り出していた。バックランプの配線はバックカメラ用に取り出している配線から分岐。

ということで、今回新たに取り出したのはウィンカー左右。これにアース線があればOK。

この配線を外に出すルートとしては、荷室のカーペット下にあった穴。

ゴムの蓋を外して配線を通して、ブチルテープとビニールテープを使って防水処理をしておく。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

リアバンパー裏のスペースを通して、ヒッチキャリアに繋ぎやすい場所に引き回す。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

その上で、配線を左右のテールランプに繋げるように分岐させて、コルゲートチューブ、ビニールテープ、熱収縮チューブを使って養生。

テールランプと車両側配線の接続

車両側からの配線をテールランプに繋ぐ部分は、グレーのコネクターが付いていたけれど、防水じゃないようなので、取り外して、防水仕様のコネクター(住友電装防水コネクタFRS6P-SET)に交換しておいた。

これで完成、と思ったものの、これだと、ヒッチキャリア非装着時、車両側に長い無駄な配線を格納しておかないといけない。

これじゃダメだ、ということで、バンパー下辺りにコネクター(住友090型防水HW)を追加。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

最終的には3分割の配線になった。

テールランプ固定と点灯チェック

いよいよヒッチキャリア装着プロジェクトもゴール間近。

テールランプに装着したステンレスのステーをボルト&緩み止めナット、アルミステーを使ってヒッチキャリアに固定する。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着landcruiser70 ヒッチキャリア装着

ヒッチキャリアに元から開いている穴を使用することで本体の加工が必要なかったのは助かった。

こうしてみると、ステーを取り付けているテールランプのプラスチック部分2ヶ所の破損だけが怖い感じ。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

※最終的に配線はキャリア裏面を通します。

ここは追々、ステーを追加するなどして補強した方が良さそうだ。

少し課題は残るものの、この状態で点灯チェックをするとバッチリ点灯。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着
※バックランプ(後退灯)は一応配線してますが、点灯させません。

これなら取り敢えず灯火類のことで文句は言われまい。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

荷物を積んでキャンプへGO

完成したヒッチキャリア、荷物を積む際は、やはりバラバラ飛んでいかないようにケースやバッグに入れて、まとめて積む方が無難そう。

というわけで、Amazonでキャリア積載用の防水バッグ(Amazonベーシック ヒッチラックカーゴキャリーバッグ ブラック )を購入。

ちょうど秋の早川町オートキャンプ場に行くタイミングに間に合ったので、バッグにテント、タープ、チェアなどのキャンプ用品を積んでみた。

道中購入した匂いの強い漬物や、木炭も積むことが出来て、便利さ満喫。

不馴れなファミリーキャンプということもあり、毎度引っ越しのような大量の家財道工を持っての移動となるため、前回などは荷室が満タンで後ろも見えない状態だったのだけれど、今回はかなり改善して後方視界もなんとか確保。

かなり助かった。

積載時、ナンバーが隠れ無いように右側に寄せて載せるので、どうしても右側に傾くのが玉に瑕かな。

まとめ

結局、テールランプやら、コネクターやら、そこそこ追加投資しちゃったし、なんせどうしたものかと考えたり、調べたり、工事したり、かなりの時間も費やしてしまった。

landcruiser70 ヒッチキャリア装着

途中、ルーフラックで良かったんじゃね?という言葉が何度も頭をよぎったけれど、いざ完成してみるとやっぱり低い位置に重いものを積載できるのは便利。

とりあえず、早川町オートキャンプ場往復は、警察に呼び止められることもなく、無事走破。

ちなみに、ここまで長文でゴニャゴニャと書いてきたけれど、今回の早川町への移動中に見かけたヒッチキャリアを装着した車(ランクル70、80)なんかはナンバーも見えなけりゃ、灯火類も全く見えず状態。実際のところはそんなもんなんでしょう。

これからは粗大ゴミや汚れもの運搬も車内養生&清掃の必要なし。街乗りにとっては地味にそんなことが有難い。

ランクル70にスコップホルダー装着でニワカ感を満喫

愛車ランクル70では毎週末のように単独でオフロードを駆け巡り、スコップでのセルフレスキューは日常茶飯事。

というわけでもなく、半年に一回程度、アウトドアパークブロンコや軽井沢ナチュラルパークでライトに遊ぶ程度。

それでも、背面タイヤにスコップなんか付けてみようかな?とニワカに思い立ち、先日の群馬パーツショーにて購入。

さっそく、スコップホルダー&スコップを装着してみた。

まずはbeforeの状態。

ランクル70にスコップホルダー装着

背面にはこざかしいオシャレ心でサイズ的に見当違いなバンサイズのラグナオフローダー&BFグッドリッチを背負っている。

しかし、ここにスコップを装着すると、なんちゃって感が半端なくなりそうな気がするのと、前日、群馬パーツショーで見たVDJの背面タイヤがいい感じに見えたので、家に放置していたピックアップのリングホイール&純正タイヤのセットに交換することに決めて作業開始。

ランクル70にスコップホルダー装着

取り付けるのは今回購入したAVECというメーカーのスコップホルダー。

avecスコップホルダー

ランクル70にスコップホルダー装着

ネットで「スコップ ホルダー」で検索しても、これと同じメーカー名では市販されていない(製品情報だけは残っている)けれど、この商品を買ったのは群馬パーツショーの栄光社のブースだったので、恐らく下のものが同等品。

取付はいたって簡単。

まず、背面タイヤを外す。

ランクル70にスコップホルダー装着

背面タイヤブラケットにショベルホルダーのベースをセット。

ランクル70にスコップホルダー装着

そこに背面タイヤをセット。

ランクル70にスコップホルダー装着

そこにスコップホルダーのホールド部分とスコップ(ショベル)をセット。

ショベルはAmazonで「ステンレス ショベル」で検索すればいくらでも出てくるけれど、今回はセットで購入したものを装着。

あまりよく確認せず、SUS304ということだけ聞いて買ってきたけれど、帰って来て開封してみたら、アストロプロダクツ製ということで、既に持っているステンレスなのに錆びまくったスコップと同じものかとビックリ!

テストしてみたところ、こちらは磁石のくっつかないSUS304製。サビサビの方は、見事に磁石がくっついたので、別物と確認されて一安心。

2年前に購入した座る狼さんによると、溶接部分は錆が出るようなので、そこだけケアしておこうか・・・そもそもそんなピカピカにしておくと逆に恥ずかしいか・・・

このスコップと、ホルダーセットで11,000円とはお得な買い物だった気がするなぁ。

ランクル70にスコップホルダー装着

深く考えずに箱から出したままセットしたら、スコップとタイヤの隙間がかなり大きくて、不自然。(何が自然か知らないけど・・・)

ランクル70にスコップホルダー装着

説明書には浮いても問題はないと書いてあるので、これでもいいかと思ったものの、やっぱりちょっと変。

更に、先端が浮いていると、危険っぽい感じにも見えて、リスクハンターに捕まりそう。

仕方ないので、一度ばらして調整。

ランクル70にスコップホルダー装着

長いボルトの根元にあるナットを緩めてあげると、ボルトの長さを調整できるので、ギリギリホルダーをセットできる長さに調整。

それでも、説明書通り、ナットが二つ続く状態(本当は間にワッシャーが入る)にすると、スコップが浮いてしまうので、この上のナット外すことに。

ランクル70にスコップホルダー装着

この状態で締め込むと、ホルダーの向きの調整が出来なくて困ったので、ボルトとホルダーの間にワッシャーを咬ませて締めなおす。

そして、ホルダーの上からナットとナット固定用のボルト付き金具で固定。

016ランクル70にスコップホルダー装着

説明書の指示とはちょっと違う取り付け方だけれど、これでようやくスコップ先端がタイヤにフィット。

とりあえず、先端が浮いてなければ危険っぽさはかなり低減するだろう。

016ランクル70にスコップホルダー装着 016ランクル70にスコップホルダー装着

こうしてできあがったafterがコチラ。

ピカピカスコップが醸し出すニワカ感がたまらない!!

016ランクル70にスコップホルダー装着

最後に、ホルダーに盗難防止用の南京錠をセットして完成。016ランクル70にスコップホルダー装着

走行時に音がうるさそうだし、いかにも錆びてしまいそうなので、追々対策が必要そう。

スコップ盗まれる心配よりカギをなくすほうが心配だから、ステンレス製カラビナにしておくかな?

これにて完成。

後ろの車の人が、「何でスーパーに買い物に来るのにスコップ?」と嘲笑する様子を、後方ドライブレコーダーで確認するのが楽しみだ。

いっそ潔くスコップに「これは飾りです。何か?」とステッカーでも貼っておくかな。

あとは、スコップの錆を気にしてピカピカにしてるといかにもだから、逆にボロボロっぽいカスタムでも施すか?

そもそも、スコップは常設?