夏のランクル70快適化お役立ち情報まとめ

まえおき

いよいよやってきた本格的な夏。

暑いというより、熱い?

10年前なら「夏来たぜ~、まってたぜ~」と喜んで遊びまわったものだけれど、若干、暑さにウンザリしてる年老いた自分が悲しい・・・

さて、そんな悲哀はさておき、砂漠上等なはずの我らが再販ランクル70だけれど、死なない程度が目標地点の仕様だからなのか、暑さ対策も最低限。

ルーフの断熱材はバンは気持ち入っている程度、ピックアップは全く無し。

死なない程度、とは関係ないけれど、このご時世にあって、エアコンはフロントのみのマニュアル式、といった具合。

ランクル70オーナーなら甘んじてその状態を受け入れて、窓が開くだけ幸せだと思うべし・・・という根性論で熱中症ギリギリを責めるのも個人の自由ではあるけれど、個人的には健康最優先でお願いしたい。

さて、そんなわけで、少しでも愛車ランクル70で夏を快適に楽しむため、これまでにランクル70オーナーさんから教えてもらった情報などから、暑さ対策に関するものをピックアップしてみることにした。

暑さ対策

エアコン操作方法を正しく理解

まず、何が無くともコレ。

再販ランクル70のエアコンは、丸目時代から変わらないマニュアルエアコンなのだけれど、取扱説明書は明らかに説明不足。

ランクル70エアコンの使い方2

↓のエアコンスイッチの説明が丸目にあって再販ランクル70にはない。

ランクル70エアコンの使い方

なんとTOYOTAに問い合わせた結果が、このスイッチには特に意味なし、的な回答だったのだから、知らないのが普通とも言えるミステリアスなエアコン。

その事実を顕在化させるとともに、正しい使い方の理解を助けるのが以下の記事。

良くわからないからすべてMAXにして、同乗者から暑いの、寒いのと言われないよう、ご注意あれ。

ルーフ断熱加工

再販ランクル70のルーフは天張りを外してみると、ビックリするほど質素な仕上がりとなっている。

まず、ピックアップはただの鉄板。錆止め塗装くらいしてあるのかな。

バン(76)に関しては、中央部分に気持ち程度にニードルフェルとが施されている。

バンはファミリーユースを想定したトヨタの思いやりか?

roofdeadningこの状態にただ天張りを付けた状態なのだから、雨音はもちろん響くし、灼熱の太陽に照らされれば、車内の気温はグングン上昇すること間違いなし。

ルーフ上も荷物満載になるはずだから、断熱は無用、と考えているとしたら、その本格派ぶりにもはや絶句するしかないが。

それを満喫して汗だくオヤジになるのが正しいナナマルユーザーの姿だと言うのなら、止めはしないけど、自分はちょっと簡便。

そこで、自分も実施してみてその防音効果と断熱効果で圧倒的にオススメしたいのがルーフデッドニング&断熱加工。

業者さんに依頼するもよし、ケチな当方同様DIYで施工するもよし。自分でやれば数千円と1日、これは本当にオススメ。

エアコンオート化

前の2つに比べると、少しテクニカルになるけれど、マニュアルエアコンをオート化するというDIYカスタムもかつてご紹介いただいている。

ランクル80やランクル100、95プラド等には普通に搭載されているオートエアコンなので、そこからの乗り換えの人など、長年オートエアコンを当然のごとく使っていた方にとっては、エアコンオート化は非常にありがたいはず。

↓の記事ではgomezさんが、ハイエース用のキットをランクル70に流用し、その際の配線図まで提供してくれているので、DIYで挑戦してみることをオススメしたいところ。

エアコンファン追加

上のオート化に関する情報をいただいていたgomezさんから、さらに快適化に資するカスタム情報をいただいたのがコチラ。

渋滞中に能力が低下するという、都市部では特に多そうなお悩みを解決するためにファンを追加するというアイディア。

渋滞にはまりがちなランクル70オーナーにオススメのカスタム。

もちろん、ありがたい配線図あり!

フィルム施工

お次は比較的なじみのあるウインドゥフィルムの施工。

個人的には全窓を透明にしておきたいという謎のこだわりがあるため、色付きは施工したくないのだけれど、透明でも紫外線カットなど、日々の技術革新のお陰で、今は様々なフィルムがある模様。

上に挙げたようなカスタムと併せて施工することで、車内快適化がより確実なものになるはず。

DIY施工ならカット済みフィルムが便利。

サンシェード

個人的にはちょっと所帯臭くていやだなぁ、と思っていたアイテム。いちいちセットするのもメンドクサイと思っていた。

しかし、愛しきランクル70を手に入れてからは、青空駐車で直射日光を浴びるダッシュボードが気になり・・・1000円少々で買えるならと買ってみたところ、これが大ヒット!

019ランクル70シュノーケル分解

コストコでたまたま見つけて購入したWinplus 車用 サンシェードを使ってみたところ、形状記憶のワイヤーが一杯に広がると、専用品かと思うほどのピッタリサイズでフロントガラスをピッタリ塞ぎ、ワイヤーの張力で吸盤など使わないのにバッチリ固定される。

しかも、収納はコンパクト。

そして、何より炎天下での車内温度が、使わない時と全然違う。

まさに効果覿面。

Winplus 車用 サンシェード 3点セット 852665

まぁ、この商品に限った話ではないと思うので、数多ある商品からサイズが合う商品を見つけていただくことさえできれば、青空駐車の方には、是非検討をお勧めしたいアイテム。

一度使えば所帯臭いなんて言葉(自分以外が言ってるのを聞いたことはないけど)は吹き飛ぶかなと。

まとめ

というわけで、これから約1カ月半ほど続くク◯暑い日々。

少しでも快適にランクル70ライフを満喫するためにお役に立てることを願っております。

ベテランの皆様には釈迦に説法だけれど、最近再販ランクル70を手に入れたような方におかれましては、まずは取扱説明書にはないマニュアルエアコンの使い方をマスターして、サンシェードを用意する、これが簡単かなと。

「夏のランクル70快適化お役立ち情報まとめ」への3件のフィードバック

  1. いやしかし、暑いですねぇ、、
    車内が猛烈な温度になって、逆にエアコン内のカビとか死滅してくれないかしら。
    あのくっさい臭いが嫌で、毎年クイックエバポレータークリーナーやって、基本内気循環しかしないようにしています。

    ナナマルのエアコンはなかなかよく効くと思うのですが、ナナマル以外のクルマのことをほぼ忘れているので何が標準だったか定かではありません。(笑)
    サンシェード、去年くらいまで使っていたのですが、必然的にシェードとガラスの間に挟まれるドラレコちゃんがかわいそうで最近は使っていません。
    実際熱でぶっ壊れるそうですし、そりゃああの室温ではそうなるか。
    ダッシュボードにはダッシュマットひいてひび割れ対策してます。

    だぶんさんぶん

    1. もうすぐ7年もたつのですから、エアコンも臭くなりますねぇ。うちも雨降りに曇り止めにつかうとちょっと「あらっ?」となります。
      サンシェードとドラレコの位置関係、うちはドラレコとガラスの間にシェードが入る形で、ドラレコは熱から守ってますが、この場合、駐車監視機能は使えないです。
      私はもうサンシェード手離せませんねぇ〜

  2. 毎々有益な情報ありがとうございます!
    我が家も青空なので、サンシェード、気になりましたが、ご紹介頂いたモノを見ると、86×162cmとあり、70には大分大きそうですが、丁度ハマる感じなのでしょうか?
    しかし、年々熱帯化していますね。暑さ対策重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)