ランクル70再再販は実現するか(アンケート結果報告)

まえおき


コロナ感染の拡大並びに世界的な半導体部品不足により、相変わらず新車の納期が大変なことになっている。

ランドクルーザー300 注文停止(納期5年以上となった挙句)
ハイラックス 6ヵ月以上(トヨタHP)
ジムニー 1~2年(ネット情報)

今販売している車でさえこんな状態なのに、ランクル70が新たに投入されるなんて期待すべくもない、というムードに個人的には陥ってしまっていたのだが、そういつまでも凹んでもいられない。

そういえば、2月に意気揚々とアンケートをお願いしておきながら、その結果報告をしていなかった。

というわけで、ランクル70の再再販があり得るのか知る由もないのは勿論のこと、巷でどの程度話題になっているのか、期待されているのかすらわからないけれど、とりあえずアンケート結果を報告しておく。

アンケート結果


今回のアンケート、

質問は「ランクル70再再販は実現するか」の1問

回答の選択肢は3つ。

  • 実現する
  • 実現しないと思うが、再再販を望んでいる
  • 実現しない

回答期間は2022年2月11日から3月11日の約1か月

そして、アンケートの前回答数は223(多くのご参加ありがとうございました!)

結果は以下のとおり。

実現する 124票(56%)
実現しないと思うが、再再販を望んでいる 53票(24%)
実現しない 46票(21%)

※端数処理の関係で100%超過してますが気になさらず

つまり、ほぼ半々だが、かろうじて「再再販が実現する」と考える人の方が多かった。

そして、今回の質問のもう一つの目的は、意外とこの話題を出すと批判的、否定的なコメント※をする人も多いのが興味深かったので、そういう考えの人(=「再販してほしくない人」)の割合を知ること。

※その主な理由は①前回再販時、期間限定として販売したこととの矛盾②リセールバリュー低下懸念、の模様

2つ目の選択肢を入れることで、3つ目を選ぶ人がそれに該当する可能性が高まるはず(諦めの境地で1を選ぶ人がいるいことも否定はできないが)。

結果的には、2割程度の人がそういう立場であることが分かった。

まとめ


まず、前提として、当方がこれまでの情報をまとめたところ、ランクル70の再再販が仮に実現するとしたら2023年秋が一つの目標時期。

仮に2023年秋に再登場するとしたら確度の高い情報が出るのはまだまだ先。

一人寂しく待つのは心細い中、ランクル70の再再販があると考える人が過半数という状況は実に嬉しいし、頼もしい。

なかなか裏付けになるような情報は出てこないでしょうけれど、是非、一緒にその時が来るのをワクワクして待ちましょう。

そして、実は意外に多くて驚いた2割近い否定的な見解の方々の存在。

こちらは妄想の中でワクワクしているだけ、風説を流布するつもりも毛頭ありませんのでご容赦ください。

おそらくネットで調べれば否定派を裏付ける情報を見つけるのはそう難しくないでしょうから、安心してお過ごしいただけることと思います。

ランクル70再再販に関して何か有力な情報をお持ちの方、おられましたら是非情報をお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA