「ホイール・タイヤ系」カテゴリーアーカイブ

丸目ランクル70(HZJ76)リニューアルカスタム byまるさん

当研究所の丸目部会長まるさん(HZJ76ナロー)の投稿

 

コロナ禍のせいで遠出ができなくて、ストレスが溜まりますね。

我が家もGW恒例のキャンプが中止となるなど、相棒(HZJ76)を連れ出す機会がすっかりなくなりました(例の砂漠くらいで我慢です)。

stay homeのもと、相棒を意味もなく触っている時間が増えています。

最近、古い4×4magazineなどをめくっていると、80年代後半~90年代前半くらいの四駆(決してSUVではない!)が恋しくなります。

70はレトロな雰囲気を良く残す車ですが、最近、20年選手の相棒をいまさら無性に「80年代レトロ」に近づけてみたくなり、ちょっといじってみました。

↓右がまるさんのHZJ76(before)

まず室内。

ステアリング(60純正)やシフトノブを交換(写真1)。

HZJ76カスタム

本当はBJ70純正がいいんですが、全く出てこなくて。

グローブボックスの蓋も、コーションラベル付きへ(写真2)。

HZJ76カスタム

LJプラドのものなので、ターボのラベルがついているのはご愛敬。

その他細かいところ色々ありますが・・・間違い探しレベルです(笑)。

だいぶBJの頃に近づいたと自己満足してます(写真3)。

HZJ76カスタム

本当は、アナログ選曲のラジオくらい付ければ、最高なんですがね・・・。

なお、よくこちらでも話題となるドリンクホルダーですが、HZJ76にはもともと一つもありません(笑)。

20年間にいろいろ変遷してますが・・・現在、前席には、カーショップで買った汎用品を加工して(写真4)。

HZJ76カスタム

後席には、観光バス用を入手して取り付け(写真5)。これもレトロ感演出に役立ってるかな?

HZJ76カスタム

前置き長いですが、ここからが本題。

再販車にお乗りの方にも、役に立つ(かもしれない)お話です。

ホイール、これまでブラV履かせていましたが、無性に「純正鉄チン」が気になり出しまして・・・。

本当はBJ時代のメッキホイール(写真6)や、HZJ/PZJ時代のホイール(写真7)が雰囲気的に好みなんですが、周知のとおりフロントコイル車には合わず・・・。

HZJ76カスタム HZJ76カスタム

そこでフロントコイルLX用(写真8)に白羽の矢を。

トヨタディーラーで新品入手可能でした。13,000円/本ナリ。

明るいシルバーは好みでないので、悩んだ挙句、トヨタ純正色グレーメタに自家塗装し装着(写真9、10)。

【AFTER】

HZJ76カスタム【BEFORE】

HZJ76カスタム

※カンサス2inchアップ、タイヤ235/85/16BF Goodrich ATです。

JAOS VICTRON TRIBEと間違えられそうです。

ランクル70オプションアルミホイール

このホイール、今でも豪州向け等に現役のようですね(写真11:色はグレーみたいですが)。

HZJ76カスタム

錆びやすいだろうとは思いますが、この際目をつむります。

再販ピックアップやナロー化バンにお乗りの方、参考になれば幸いです。

ついでにフロントバンパーをブラック化(純正同形状の社外品)。

フロントグリルは少し前に、HZJ/PZJ時代のSTD?消防用?純正に交換済です。

リヤバンパーも合わせてマットブラック塗装(写真12)。

HZJ76カスタム

足付け&ミッチャクロンしてますが、元がメッキなのでいつまでもつか・・・。

別な車かと思うくらいに雰囲気激変しました。

う~ん変わりすぎ?本当にこれでよかったのか?と、しばらく悩んだくらいに。

目が慣れるのに時間かかりました(笑)。

ほんとうに気になり出すと、寝ても覚めても、頭の中が一杯になりますね、

ナナマルとは、つくづく不思議なクルマだ・・・。

では、またお会いできるのを、楽しみにしています!

まるさん

さすがは丸目部会長、ナロー化、フェンダーミラー化済みであれほど完成度が高いと思われた76をまだ弄くり倒そうとは、頭が下がります。今回もまた渋い仕上がりですね~ほれぼれします。

グローブボックスのマイナーチェンジに関しては、当方も部会長の背中が見えなくなった瞬間がありましたが、部会長たるもの大衆を置いてきぼりにする位マニアックでないとダメですね。

私も自称所長として頑張ろうと思わされました。

ニュースタイルの76にお目にかかれるのを楽しみにしてます。

※情報をいただいてから記事掲載までに時間を要したため、コロナ禍の対応状況が投稿時点とやや変わっていること、ご容赦ください。

大径タイヤに変更しても車検は大丈夫?

お題目

管理人様、またこちらのサイトをご覧の皆様。

いつも楽しく拝見させていただいております。皆様に知恵をお借りできればと思います。

GRJ76をリフトアップし構造変更を致しました。

その後285サイズのタイヤを履いております。

285サイズのタイヤを履いてからまだ車検を通していないのですが、285サイズにした場合、スピードメーターとの誤差が発生すると思うのですが、車検は通るのでしょうか?

ユーザー車検で済ませようと思っているのでそれが不安で色々と調べているのですが、なかなか答えが出てきません。

もしお分かりになる方がいれば教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

ランクル70さんから、こんな質問をいただいたので、調べてみた。

ルールの確認

 

まずは車検でタイヤの外径が直接的に関係するのは速度テスト。

landcruiser70usersyaken

車検の検査ラインでは、ローラーの上に車の前後輪を乗せて、アクセルを踏み、時速40kmになったときパッシングするように指示される。

この時、純正タイヤと外径が異なると、誤差が生じて40kmじゃないとき(一定の幅に収まらないとき)にパッシングすることになってしまう結果、車検はNGになってしまう可能性が出てくる。

でも人がアクセル踏みながらメーターを確認してパッシングするなんていうアナログな検査方法だから、当然誤差はある。

この誤差を考慮してなのかは知らないけれど、ルール上、一定の誤差が許容されている。

ネットで調べたルールは以下のとおり。

◎平成19年1月1日以降製造された車:スピードメーターが40km/hに対して、実速度は30.9km/hから42.55km/hまで

↑再販ランクル70はこちらに該当

◎平成18年12月31日以前製造の車:スピードメーターが40km/hに対して、/hから44.4km/hまで

※独立行政法人自動車技術総合機構審査事務規程による

事例検討

(注)以下の外径・外周は端数処理等により概測値となっています。

数値計算は以下のサイトを参考にしている。

バンの場合

タイヤサイズ 外径 外周 メーター40km/h時 判定
265/70R16(純正) 777mm 2440mm 40km/h
245/75R16  774mm 2430mm 39.8km/h>30.9㎞/h OK
265/75R16 804mm 2525mm 41.3km/h<42.55㎞/h OK
275/70R16 791mm 2484mm 40.7km/h<42.55㎞/h OK
285/70R16 805mm 2528mm 41.3km/h<42.55㎞/h OK
285/75R16 834mm 2619mm 42.7km/h>42.55㎞/h NG
305/70R16 833mm 2616mm 42.7km/h>42.55㎞/h NG

※1 上記タイヤとのマッチングを保証するものではなく、車体との干渉(リフトアップ要否)・はみ出し(オーバーフェンダー設置要否)などは別途確認が必要です。※2 実際には空気圧やタイヤの摩耗状況によって異なります。

ピックアップの場合

ランクル70×ブロンコ道 (4)
乱丸さんのピックアップ
タイヤサイズ 外径 外周 メーター40km/h時 判定
7.50R16(純正) 805mm 2528mm 40km/h
245/75R16  774mm 2430mm 38.4km/h>30.9㎞/h OK
235/85R16 806mm 2531mm 40.0km/h<42.55㎞/h OK
255/85R16 840mm 2638mm 41.7km/h>42.55㎞/h OK
265/75R16 804mm 2525mm 39.9km/h>30.9㎞/h OK
285/75R16 834mm 2619mm 41.4km/h>42.55㎞/h OK
305/70R16 833mm 2616mm 41.4km/h>42.55㎞/h OK

※1 上記タイヤとのマッチングを保証するものではなく、車体との干渉(リフトアップ要否)・はみ出し(オーバーフェンダー設置要否)などは別途確認が必要です。※2 実際には空気圧やタイヤの摩耗状況によって異なります。

まとめ

ランクル70さんからご質問いただいた285サイズのタイヤをバン(GRJ76K)に履いた場合は、BFグッドリッチなどの285/75R16であると、単純計算上は車検NG。(標準タイヤの外径が大きいピックアップの場合はOK)

BFグッドリッチ MT 285/75R16

仮に285/70R16(現在、この規格のものがあるかわからないけれど)であればOKということになる。

ただし、

・タイヤの外径が空気圧や摩耗によって変わる

・車検は運転手がメーターを見て申告するアナログな手法であるため、そこでの誤差もあるし、調節も可能。

といった事情から、285/75R16だからといって必ず車検NGの結果になるとは言い切れない。

実際、そのサイズのタイヤを履いてる人(車)を何人も知ってるし、巷には車検を通して乗っている人(車)は相当数いるはず。

素人が調べたところではこんなところかな、と思うのですが、誤解、間違い等あればご指摘いただけると助かります。

1/12追加情報 ランクル79のスタッドレスタイヤ&ホイール新調しました by gomezさん

ランクル70ピックアップ(GRJ79K・ベージュ)オーナーのgomezさんの投稿

 

1/12UP gomez さん補足コメント

リーフスペーサーの時と同じ、きりいたドットコムさんに発注してスチール素材でスペーサー作りました。
フェンダーに余裕があったので厚みを6mmにして、1枚2,000円+送料でした。

 

発注図面はこんな感じ、Excelでサクッと書いてますが、精度バッチリでした。

 

12/7UP gomez さん補足コメント

車検に持っていくのに、タイヤ交換してちょっと走り回ってみたのですが、左にハンドル切った時にタイロッド左前ホイール内側が当たってしまいましたので、ホイールに当たっていた助手席側のみ5mmのスペーサーを入れて、ひとまず解決しました。
スペーサーは「KYO-EI Wheel Spacer P-155(ランクル100用)
スチールホイールにアルミのスペーサーは本当は良くないので、後で4.5mmの鉄板で同じ物を作ってもらいます。
心配だったタイヤの出具合は個体差なのかスペーサー入れていない運転席側がほぼツライチ、スペーサー入れた助手席側が数mm入った状態です。

ホイールのクリアランスです、
左に切った状態で数ミリ(ナックル少し削れてしまいました)、右に切った状態はホイールの中に逃げるので大丈夫です。

オバフェン無しで245のタイヤはなかなか迫力有って良いかなと。
あちこちクリアランスがタイトになってしまったのでスタッドレス履いてる間は大人しく遊ぼうかと思います。

ご無沙汰しております、gomezです。

増税前の駆け込みでスタッドレスタイヤ新調しました。

去年の軽井沢ナチュラルパークでLT用とSUV用スタッドレスタイヤの効きの違いを痛感したので、今回はSUV用をチョイスしたいなと思いましたが、なにせホイールもタイヤもレアサイズな79用、オバフェン付けずに取り付け可能な組み合わせをいろいろ探したところ、こんなのが見つかりました。

冬タイヤ選びに悩む79とナロー76乗りの皆様の参考になればと。

タイヤ:ヨコハマ ジオランダーIT-S 245/70R17 110Q
ホイール:US デイトナ4X4 17x8J OFF+35 PCD150 5H(100のナロータイヤ用?)

landcruiser79studlesstirelandcruiser79studlesstire

夏タイヤはこんな組み合わせです

ロードインデックスも110あるので、今年はスタッドレスにして車検取りに行ってきます。

本当はJEEPラングラーの純正サイズ、245/75R17のスタッドレスがあれば、外径800mmでちょうど良かったのですが、国内では流通していないようです。

純正オプションサイズの夏タイヤ比で、幅+10mm、オフセット+10mm、外径約-40mm
なので、外側が-5mm、内側が+15mm、車高-20mm。

フェンダーからはみ出さないし、多分内側が当たる事も無いはず、ということで、取り付けてみました。

landcruiser79studlesstire

タイヤ単独で、ハブの当たり面から腹まで90mm

landcruiser79studlesstire

夏タイヤは95mm、計算通りフェンダーからはみ出さないはず。

landcruiser79studlesstire

フロント外側、予想通り大丈夫。

landcruiser79studlesstire

フロント内側、ハンドル切るとスタビのところが厳しいですが、なんとか大丈夫そう。

landcruiser79studlesstire

リア外側、割と余裕あり。

landcruiser79studlesstire

リア内側、ここは無理するとフレームに当たるか。

あと、鉄ホイールですが、重量はアルミの夏タイヤと変わらすでした。

landcruiser79studlesstire

夏タイヤはホイール付き1本32.9kg

landcruiser79studlesstire

冬タイヤは32.4kg

気温32度の中、汗だくになりながら取り替えて、また元に戻して終了、冬が待ち遠しいです。

landcruiser79studlesstire

では。

landcruiser79studlesstire

gomezさん

情報提供、ありがとうございます。今年ももうそんな季節なんですね~、これでこの冬は安心ですね!

17インチなんて選択肢もあるんですね。いつも研究心旺盛なgomezさんには頭が下がる思いです。

79ピックアップオーナーと76ナローオーナーにとっては本当に有難い情報だと思います。

2019-20 ランクル70 スタッドレスタイヤ&ホイールセット情報

まえがき

2019年もいよいよ終盤。

雪道走行が怖いなんて言ってたらランクル70が泣く?

 

かどうかは知らないけれど・・・なんせスタッドレスタイヤ履いててもこんな情けない輩もいることだし・・・

一度買えば3年~5年くらい(自分の場合)使うし、急な雪の際に自分で交換できるタイヤ&ホイールのセットで用意しておくのが便利。

初雪情報が流れたりすると、急に在庫がひっ迫したりして、選ぼうにも選べなくなったりするので、懐事情、使用頻度、好みなど踏まえたうえで、早めにチョイスしておきたいところ。

以下がノーマル車用向けの2019年-2020年シーズンのラインナップ。

ランクル76(バンGRJ76K)用組合せ一覧

※価格は税込み。送料は別途必要。価格をクリックするとリンク先に飛びます。

ホイール\タイヤ グッドイヤーICE NAVI SUV 265/70R16 YOKOHAMA ice GUARD SUV(G075) 265/70R16 DUNLOP SJ-8 265/70R16 ブリヂストン BLIZZAK-V3 265/70R16

XJ05 (8.0Jx16 0 5H 150.0) サテンブラック エクストリームジェイ

143,400円 157,700円 161,601円 180,500円

ジムライン・タイプ2・JIMLINE TYPE2(8.0Jx16 0 5H 150 マットブラック)

157,300円 171,700円 175,500円 194,400円

ブラッドレーV・8.0Jx16(5H150)

196,200円 210,500円 214,401円 233,300円

JAOS VICTRON TRIBE 70 7.5×16 ±0 5H150.0 ガンメタリックランドクルーザー70系(再販車)

223,000円 237,400円 241,300円 260,100円

 

ランクル70で軽井沢ナチュラルパーク
意図せず?タイヤに乗り上げて後輪が浮いた乱丸さんの79

 

ランクル79(ピックアップGRJ79K)用組合せ一覧

 

マッドテレーンとオールテレーンの間のタイヤっていいじゃないか!

2019年9月にヨコハマタイヤから気になる(欲しい)タイヤが発売された。

発売に関するヨコハマタイヤからのプレスリリース概要は以下のとおり。

・オフロード感を高めた新カテゴリーのSUV・ピックアップトラック向けタイヤ「GEOLANDAR X-AT」新発売

・発売サイズは35×12.50R20 LT 121Q~LT265/75R16 123/120Qの10サイズ。

・オンロードでの快適性を求めながら、オフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザー向けに開発した商品

・オフロード感溢れるアグレッシブな外観と優れたオフロード性能に加え、オンロードでの快適性や環境性能を両立。

・オールテレーンタイヤ「GEOLANDAR A/T G015」とマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003」の中間に位置する新カテゴリー商品。

・タイヤ両側のサイド部でそれぞれ異なるデザインを採用し、好きなデザインを車両外側に装着できるデュアルサイドブロックデザインを採用。

・トレッドに施したサイプと細溝のコンビネーションがウェット路面や滑りやすいオフロード路面で高いトラクション性を発揮するほか、ショルダー部の横溝とセンター側の縦溝に配したストーンイジェクターが泥や石噛みによるダメージを緩和。

・接地性の高いワイドトレッドデザインや高剛性3プライ構造などにより、操縦安定性や耐サイドカット性能を高めた。

このタイヤ、ATとMTの中間という分かりやすいコンセプトが今の自分に見事に刺さる。

2014年にランクル70に乗るようになって初めてさなげアドベンチャーフィールドや、アウトドアパークブロンコといったオフロードコースを体験して感じたマッドタイヤの凄さ。

ランクル70ピックアップバンパー破損
やまさんのランクル70ピックアップ(ベージュ)

それは分かっていても、自分のランクル70の用途は、まちのり99.9%。

さらに乗り心地に関して、オフロード走行性能を理由に多めに見るなんて感覚とは無縁の家族を乗せて走るのが宿命の愛車。

折角タイヤを交換してウキウキしてるのに「乗り心地が・・・」なんて渋い顔されたんじゃ虎の子の資金が勿体ないどころか、家庭内不和の呼び水になりかねない。

そんなことを考えると、一般的にオールテレーンより乗り心地が劣るとされるマッドテレーンタイヤに交換するのはちょっと気が引ける。(実際にはモノを選べばそれほど乗り心地が悪くならないのだろうけれど)

それなら別に用意しておけばいいのだけれど、いかんせん、オフロードに出掛けるときだけタイヤ&ホイールを交換するのも、ちょっと億劫。

そんな理由から、自分のランクル70にはオールテレーンを履き続けて、オフロードに行く度にヘッポコをタイヤのせいにしている(それはそれで好都合だけど・・・)。

世の中の再販ランクル70に乗るオトーサンの中には同じような状況の人も結構多いのではないかな(多いと言っても世の中的には絶滅危惧種級の数だろうけれど)?

そして、今回発売されたMTとATの合の子のX-ATはそんな悩める子羊の救世主になるのではないかと思うから、とても気になる。

力説したくせに「結局買ってないんか!」というご指摘はごもっともだけれど、残念ながらナローサイズにマッチするサイズがラインナップされてないので、買いたくても買えない。

16インチは1サイズの展開で、ノーマルの再販ランクル70バン(GRJ 76K)などに適合性する265/75R16のみ。

ここは一つ、ノーマルのバンオーナーさんにどんどん装着していただいて、ヨコハマタイヤがサイズ追加したくなるような状況になることを願うばかり。

グラントレックMT 265/75R16 装着後のインプレ by 4WD一筋さん

再販ランクル70バン(GRJ76K・ベージュ)オーナーの4WD一筋さんの投稿

御無沙汰しております。4WD一筋です。

ランクル70でオフロード

 

先日タイヤをノーマルからダンロップのグラントレックMT2(265×75R×16)に交換しました。

 

ノーマルとどう違うのかと併せて試走した笠形林道のレポートもします。

乗り心地
格段に良くなった。(ノーマルの扁平率が70に対してMT2は、75だから?)

ロードノイズ
窓を開けて走るとブィーンという音がするが気にならない。

オフロードでの走破性

格段に良くなった。今回、笠形林道に行って試してみましたが、安心して走れました。

ランクル70でオフロード

 

2駆にしても注意深くアクセル操作をすると大丈夫です。

また、林道の途中にあった人工的な坂(20度くらい)にアプローチしてみたところ私の70は、フロントにグリルガードがありますのでガードの一番下の箇所が最初に当たっていることがわかりました。

ランクル70でオフロード

ガードなしだと樹脂製のバンパーにダメージがあるでしょう。

 

マフラーについては、ぎりぎり大丈夫でした。

ランクル70でオフロード

登坂については、MT2に交換したこともあってまったく滑ることはありませんでした。

ランクル70でオフロード

今回は、猛暑の中スーパードライな道をいきましたので、次回はス-パーウェットな道でレポートします。

4WD一筋

4WD一筋さん

情報提供ありがとうございます。

当方も、なんちゃってオフロード遊び用にMTタイヤを用意したいと思っておりますので、とても参考になります。

今後ともよろしくお願いします。

バンノーマル車用マッドタイヤ

 

ピックアップノーマル車用マッドタイヤ

タイヤのホワイトレターは裏履きor表履き?

悲願の裏履きをしまして・・・

愛車ランクル70の夏用タイヤはBFグッドリッチのAT235/85R16(ナロー76)を装着。

中古で手に入れたタイヤとホイールを手組した際、やっぱりホワイトレターでしょ!ということで表履きしていた。

ところが、このところ、なんか飽きてきた?

シンプルな姿に変えてみたい・・・

そうなると、もう気になって仕方なくなって、目がホワイトレターにフォーカスしまくり。

他人からすると、小さな鼻毛一本が気になって相手の話が入ってこない愚かな状況と何ら変わりないだろうけれど、当人にとっては大問題。

今年、スタッドレスタイヤから夏タイヤに戻すタイミングで、ホワイトレターをラバーチッピング塗料でブラックにしてみたのだけれど、装着直後にゴムの動きについていけず、ボロボロに・・・せめて車に装着してから塗装すれば大分ちがっただろうけど、やっぱり時間の問題でボロボロにはなっただろう。

やっぱり無理か・・・とホワイトレター人生を歩み続けようかと思ったのだけれど、どうにも我慢ならなくなって、ついに裏履き化を決断。

ナロー化といい、こらえ性のないのはどうにもならない。

タイヤをホイールから外してさえもらえば楽しんで手組するんだけど、たまたま腰も痛いし、時間もあまりないので、今回はお店にお願いすることに決定。

近所のオートバックスが持ち込み対応してたので持ち込んで、待つこと40分。

待望の裏履き完成!

・・・て言っても、裏履きの場合、見た目「普通の極み」なのが辛いところだ。

持込なので少々お高くついたのはご愛敬。

・ホイールからのタイヤ取外し 1620円×4=6,480円

・ホイールへのタイヤ取付け 1,620円×4=6,480円

・バランス調整 1,620円×4=6,480円

合計 19,440円(税込み)

※オートバックスでも店舗によって異なったり、持込お断りの可能性があります。

ランクル70にホワイトレター裏履き

せっかくなので、バランスもとってもらい、100km超でのハンドルブルブルともおさらば(恥ずかしながら、手組みした際、バランスをとってなかったもんで・・・)

ランクル70にホワイトレター裏履き

ちなみに、タイヤとホイールのサイズは以下のとおり。

ホイール 7J+25 オフセット0

タイヤ 235/85R16

ランクル70にホワイトレター裏履き ランクル70にホワイトレター裏履き

早速装着してみると、ウーン、地味で普通。

これが望んだ姿なんだから、もっと派手な喜びが来るかと思ったけど、いかんせん普通だからなぁ・・・

それにしてもホワイトレターが好きだったんだけど、好みが経年変化したのか、ただ見飽きてしまったのか・・・

ランクル70にホワイトレター裏履き ランクル70にホワイトレター裏履きafter

ランクル70にホワイトレター裏履き

before

before⇄afterで見てもその違いは間違い探しレベルだ・・・

背面タイヤのホワイトレターはラバーチッピング塗料で塗ってごまかしておいた。

ランクル70にホワイトレター裏履き

さて、とりあえず、自分が愛車の模様替えをしたという、独りよがりな情報は終了で、これは単なる前振り。

表履きor裏履き

昨今、同じホワイトレターのあるタイヤを買っても、ホワイトレターを表側(表履き)にする人もいるし、裏側(裏履き)にする人もいる。

個人の好みの問題だから、どっちでもいいんだけど、ショップでもタイヤを組付ける際、表か裏か聞かれる事が多い。

比較的情報通?車通?ランクル通?的な感じの皆さんの中では裏履きが流行中のような印象を受けていたので、今まで、ブログ読者の方から、数回、表履きにしたいと思うけど、どう思うか?と聞かれた際は、

ベテランさんは裏履きする人が多いようです。自分はホワイトレターもカッコイイと思います。自分も表履きする予定です。

という感じで回答していた。

ちなみに、ホワイトレターといえばBFグッドリッチ!というイメージがあるけれど、そのHPにはこんなコメントが。

数年前までは、敢えてホワイトレターを見せない「裏履き」というお客様が多かったのですが、最近は圧倒的にホワイトレターのロゴを外側に見せる方が多いですね。BFGを履くこと自体がスタイル上もPRポイントになるという事だと思います。他社タイヤと比較すると少々値段が張りますが、タイヤに性能だけでなく、ファッション性も求めるユーザー層に根強い人気がありますね!

出典↓

どうやら時代の流れは

ホワイトレター表履き→裏履き(数年前までの流行)→表履き(最近の流行)

ということになっているらしい。

流行は巡り巡ってまたやってくるので、この先もグルグルと廻り続けるのだろう。

そんなことも踏まえつつ、ホワイトレターを表履きするのか、裏履きするのか、迷ってる人の迷いを弄ぶべく、ちょっと色々書いてみようと思う。

ホワイトレターの目的は?

ステキだのカッコいいだの普通だのという前に、そもそも何でわざわざタイヤの側面に手間暇かけてホワイトレターを施しているのかを考えてみる。

ホワイトになってる文字は、メーカー名やタイヤのブランド名、型番など。

BFグッドリッチ MT 285/75R16

このホワイトレタータイヤ装着した車が路上を走り回るということは、多くの人の目にブランド名などが触れるわけで、宣伝になる。

特にレースならスポンサー企業の名前が分かるようにするのは当然のことだ。

ブランドの買い物袋や洋服にロゴマークやブランド名が書いてあるのと同じこと。

バカでかい馬の絵が書いたポロシャツを大人だって着ちゃうんだから、ブランドって大したもんだ。

だから、始まりは宣伝のはず。

そして、特にタイヤウォールの面積が広いランクルなどのクロカン車用タイヤは大きな文字でホワイトレターを書けるから、格好の宣伝の場となったはず。

その結果、クロカン車=ホワイトレターのイメージが出来上がってきて、自分のように、なんとなく、「ホワイトレターはクロカン車っぽい」となったのではなかろうか。

ちなみに、最近?ネットで見ていると、ハイエースなんかもホワイトレターでお洒落した画像をよく見かけるので、レーシングカーやクロカン車(SUV含む)に限らず、色々な車のお洒落アイテムとして取り入れられている様子はよく分かる。

ホワイトレターは確かにカッコいい

じゃあ、ホワイトレターなんて、ただの広告で、それ自体、カッコよくもなければ、ステキでもないのか、というとそうは思わない。

 

今まで紹介してきたランクル70でホワイトレターを装着した車は沢山あって、やっぱりカッコいい。

クロカン車らしい上に、上の記事にもあるように、お洒落さというか、車にこだわっている感じも加わる印象。

ランクル70 リフトアップ&荷室カスタムきららちゃんJIMLINETYPE2

HK75さんのランクル70バン
HK75さんのランクル70バン

ランクル70後ろ姿

実際、後からホワイトレターにするためのペンみたいなものは、今でも続々と発売されているので、その人気は疑う余地もない。

DIA-WYTE [ ダイヤワイト ] タイヤレタリング塗料 タイヤペンV ホワイト 331 ペイント

ブラックレター(裏履き)は普通?

では、裏履きはどうかというと...普通?

カッコイイホワイトレターに対抗しようというのに、普通ってなんだよ?という気もするけれど、どう考えても至って普通。

でも、普通なんだけど、その普通さ、シンプルさが・・・やっぱりカッコイイ?

BFグッドリッチ MT 285/75R16

ランクル70をフェンダーミラー化2

ランクル70をナロー化

ブロンコのランクル70

まとめ

あっという間にまとめ。

個人的見解としては

表履きも裏履きもカッコイイ。

表履き(ホワイトレター)は昭和のクロカン車イメージを象徴する姿を実現するための、プラスαのスパイス。近年ではSUVやハイエース、その他車種にも広くお洒落アイテムとして活用されている。その人気が裏付けるように、カッコイイ!

それに対し、裏履きは間違いなく普通。でも、普通=シンプルもやっぱりカッコイイ。
この先は好みの問題。

自分は元々、シンプルが好き。

地味なホワイトナローのランクル70がその象徴?

シュノーケルは???だけど・・・

ランクル70にホワイトレター裏履き

でも、昔からのクロカン車=ホワイトレターのイメージがあったので、ひとまず、表履き(ホワイトレター)にしていた。

そして、ホワイトレターに満足し、時間が経ったところで、本来のシンプル好きが台頭。

加えて、もともと天邪鬼な性格なので、巷にホワイトレターでキメた車が多くなったことで、ブラックレター(裏履き)に惹かれるようになった。

そして、この度、我慢しきれなくなって裏履き(ブラックレター)へ仕様変更。

そういうことか、と自分のことながら納得。

まぁ、これに2万円も投下したことについては、まったく家族の理解は得らないけど・・・

 

ランクル70純正ダルマジャッキをマルチソケットアダプターで楽々UP&DOWN!

愛車ランクル70のスタッドレスタイヤ装着の時期になるといつも思う、「フロアジャッキ欲しいなぁ」

でも、使うのは年に数回、どうしようかなぁ、と思いつつ、納車から4年が経過。

駐車場の水勾配もフロアジャッキ購入を躊躇わせる要因の一つ。

せっかくランクル70オーナーの先輩方からブログで色々教えてもらったのに、申し訳ない・・・

でも、考えてみれば自分がフロアジャッキが欲しいと思う理由は、非常に些細な事。

あのダルマジャッキを所要の高さまで上げたり、所定の位置に仕舞うために目いっぱい下げるのが面倒だからというちっぽけな理由。

ジャッキアップ

そろそろ初雪が降るかもしれないし、スタッドレスタイヤに交換しないとなぁ、と思いながら、年末、COSTCOをウロウロしていると、前から興味のあったGater Gripという、ユニバーサルソケットアダプターが目に留まった。

 

これはもしかしたら、ダルマジャッキのクルクルする部分にもハマるかも!

もしかすると、あのダルマジャッキのクルクル地獄から逃れられるかもしれないぞ、というわけで、衝動的に購入。

スタッドレスタイヤへの交換の際に早速、インパクトドライバーに取り付けて使ってみた。

喜びのあまり動画までUP。

おぉ!なんという見事な上下動。

片手で撮影していたので、ちょっと滑ってるけど、しっかり押し付ければバッチリクルクル。

おかげでタイヤ交換、というかその準備と片付けも楽々。

エアインパクト専用のアダプターもどこかで見たことがあったけれど、これなら他の用途にも色々使えそうだし、千円少々とコスパも抜群。

小さな小さな不便が一つ消えて、ランクル70ライフがまた一つ快適になった。