「電装系カスタム」カテゴリーアーカイブ

後部座席用USBポート増設

愛車ランクル70の後部座席は激しく五月蠅い小人2人の専用シート。

普通に座らせておけば、殴る蹴る、わめく、さわぐ、全力で車内平和を乱すため、苦肉の策としてタブレットを使ったリアモニターを設置済み。

ランクル70にリアモニター設置

 

しかし、電源が後部座席にないため、電池切れになると、非常時用のジャンプスターターを使われてしまい、迷惑。

センターコンソールあたりにUSB電源を設置しようしようと思いながら、面倒で放置していた。

しかし、先日購入した中古のリンクスベッドキットには前オーナーが設置したシガーソケットがあった。

これはいい、ということで早速配線して使えるようにした。(ACCとアース線をつなぐだけ)
そして、シガーソケットを2カ所でUSBポートとして使えるようにしてくれる便利グッズを購入。

本来はフロントのシガーソケットをUSB ポート化しつつ、延長コード(今回購入したのは1.5m)で後部座席にもポートを引くことを想定した商品。

そして、早速取付てみた。

まずは助手席側セカンドシート奥、Linksベッドキットに設置してあるシガーソケットか2つのUSBポートに返信。

まだまだカー用品にはシガーソケット仕様のものも多いので、USBポートとしても、シガーソケットとしても使えるのは有り難いこと。

そして、センターコンソールの脇(助手席側)に延長コードの先にある3個口のUSBポートを設置。

商品としてはセカンドシート裏のポケットにクリップで挟む想定のようだけれど、我が家のレカロにはそんなものはないので、クリップ部を両面テープで固定しておいた。

正面への設置は乗り降りする暴れん坊に蹴り落とされる可能性が高いので回避。脇でもリスクは大差ないかもしれないけれど・・・

さて、これで一段と車内平和が確保されることを祈るばかりだ。

黙って、バッテリー切れの心配のないタブレットを見て居眠りしてもらう、これに尽きる。

煽り運転対策!後方ドラレコ装着

近年は常軌を逸した煽り行為の挙句、暴行に及ぶ輩が検挙される例も多くなるなど、物騒な世の中になっているので愛車ランクル70に後方ドライブレコーダーを付けることにした。

フロントにはケンウッドのドライブレコーダー(DVR340)をつけている。リアにはどんなものを付けようか?

その前に、一応、ドライブレコーダーをリアに装着する効果を確認。

バック時の事故の証拠映像。

どんなに慎重にバックしていたって、子供が飛び出してきてぶつかってしまえば、基本的に運転手が責任を完全に免れることはないと思うけど、過失相殺の根拠になる可能性はあるかもしれない。

ぶつかり屋対策

いかにもぶつかり屋(ぶつかられ屋)みたいな人が急に飛び出してきて大げさに倒れたりしたときは、運転手の責任有無、軽重の判断に影響を与える証拠として活用できそう。

あて逃げ対策

追突当て逃げされた時の相手車両の特定のための証拠映像。

煽り(あおり)運転対策

最後はやはりこれ。

危険な運転で煽ってくる車(最近は減った気もするけど、4トン位のトラックが多い気がする)の運転手の鬼の形相記念撮影。

通常運転時は、よほどのペーパードライバーや高齢者、不慣れな人でなければバックミラーで後方の様子を頻繁に窺っているもの。

したがって、いかにも煽りたそうな車が急接近してくれば気が付くと思うので、避ければいいだけ。

それでも最近煽り運転によるトラブルや情報(大量のyoutube動画)が出てくる要因の一つは、リアドラレコの撮れ高を上げるためにわざとどかずに煽らせるケースもありそう。

これほど急激に煽り運転が増えるとは思えないので、前から一定数いた煽り癖のある人を「煽り運転するように仕向ける」煽らせたい(その動画を撮りたい)人が増加したのではないかなぁ・・・どこまで行っても「煽るほうが悪い」という正論を論破することはできないけどね・・・

ま、なにはともあれこんな感じで、一応、いいこともがあるので、取り付けるのは良いことづくめ。

一応、世間のご意見拝聴のため、ネットで後方ドラレコについて検索してみたら、

後方車両のプライバシーに配慮して取り付けていないはず。

みたいなことを書いている〇違い先生もいた。

なるほど、車内空間は、ある意味、閉鎖されたプライバシー空間でありながら、フロントガラスはスモークを貼ることも許されず、前方方向にはきわめて開放的な状態にあるのが今の車。

特にランクル70なんて、スクエアなでっかい窓が付いてるからなぁ・・・

それなのに、前の車に、後方の動画撮影なんかされた日には、油断して鼻をほじることすらままならないし、放屁して車内大騒動になり、高速道路なのに窓全開、なんて一連の動作が映り込んでしまって、プライバシーの侵害だ!という主張か?

まぁ、着眼点としては面白いし、一見、もっともらしいけれど、プライバシー権ってのは、個人の私生活を勝手に公開されない権利。

録画した映像を面白おかしくネット上に晒したりした場合に問題になり得るけれど、個人で保管していて、何かの時に証拠として使う分には何ら問題なし。要するに録画した映像の使い方の問題であって、録画すること自体の問題とは無関係。

これは防犯カメラだってなんだって同じ。

後は、意外とネット上で質問している人が多かったのが、

後方のガラスへの貼り付け是非

に関するもの。

ネット上では例によって色々否定的なことを言う大先生や、ディーラーでNG出されて、その後OKになった、とか情報が錯そうしているけれど、総じて見解をみていると、後方の窓に関しては、特に基準なしでご自由に、ということらしい。

と、ひとしきり自分の後方カメラ搭載行為を正当化し終えた。

ということで、格安ドライブレコーダーを探していたところ、ビックカメラのアウトレットで初耳ブランド(「ドウシシャ」って大学のイメージしかなかった・・・)のドライブレコーダーが1,980円で販売されていたのを発見。
愛車ランクル70の後方取り付け用に購入、装着してみた。

麗しい金色ボディーが下品でいい感じ。煽り野郎にはこれくらいで上等だ!?

 

格安ドラレコ情報を探す→AmazonYAHOO!楽天

ドライブレコーダーの電源は、通常はフロント装着が前提なのでシガーソケットから取るようになっている。

こちらのドライブレコーダーも、コードは結構長いものの、さすがに荷室ドアからシガーソケットまで届くほどの長さはない。

ランクル70はリアシートや荷室にシガーソケットはない。

今まで、シガーソケットタイプのものを、他の形に変えて接続した経験もない・・・

どうしたものかと思っていたのだけれど、ふと思い立ってシガーソケットプラグを分解してみると、案外簡単な仕組みであることが発覚。

20年以上もなんでシガーソケットなんだろ、どんな特別な仕組みなんだろ、と思っていたのは、完全な食わず嫌いだった。

プラグの横についた羽みたいなバネみたいな金属はマイナス(-)で、荷室のどこでも取れる。

プラグの先端にポチッと飛び出す部分は、内部に収まるヒューズに接触するようになっていて、ここにプラス(+)電源(アクセサリー電源orイグニション電源)が接続されればいいだけのようだ。

電気をヒューズ&シガーソケットプラグに内蔵されている基盤を通過させてあげれば、問題なく動作するはず。

なんだ、それだけのことか、ということで早速、運転席付近のアクセサリー電源を分岐させて、荷室まで引っ張っていく。

そして、差込プラグのヒューズ部分に接続。キャップを外してコードを挟んでグリグリ締めるだけで、超簡単。

横の羽部分にマイナス(アース)を接続して試しに起動してみると、無事作動。(あまりに汚い適当な仕事のため写真は割愛)

これで配線は完了したので、あとはリアガラスに両面テープで台座を張り付ける。

台座を貼り付ける場所は、台座固定用両面テープが熱線に重ならないように、かつ、カメラの画像に熱線があまり写り込まないようにする必要があって、2回くらいやり直しになってしまったけれど、結局、台座を少しカットしてなんとか収まった。

これで後続車ドライバーの油断を許さない恐怖の後方ドライブレコーダー設置完了。

麗しき金色ボディーが不本意に目立つものの、後方車両への録画忠告機能が期待できていいのかも?

 

早速映りを試してみると、お安いカメラの割にはきちんと映っている模様。

 

さて、周囲の車の記録はばっちりになったところで、まずは自分が安全運転を心掛けないと意味がないな、と教科書的にしっかり再確認。

事故はないのが一番、余裕ある安全運転がよく似合うランクル70なので、気を付けてドライブしましょう。

故障したバックカメラをDIY交換

故障したカメラの状況

愛車ランクル70(GRJ76K)のバックカメラが故障したのでDIY交換した。

現在使っているバックカメラはAmazonで購入した千円台の格安カメラ。

 

これが、見た目には分からないのだけれど、内部に雨水が入ってしまったようで曇ってしまい使い物にならなくなってしまった。

ランクル70にバックカメラDIY取付

下の2つの画像、カメラは別のものだけれど、同じモニターで普通の映りと曇ったものを比較したもの。曇る前は、バックカメラも上の画像のように見えていた。

ランクル70にバックカメラDIY取付
正常な状態。(参考にフロントカメラの画像)
ランクル70にバックカメラDIY取付
曇ってしまった画像<バックカメラ)

まだ使用開始して1年も経たないと思うんだけれど、こうなってしまったので、やっぱり格安カメラはダメか、と思ったのだけれど、同じカメラをそれより早くから使用しているサイドカメラはいたって好調。

個体差なのか、使用環境の違いなのか?雨風に関してはサイドカメラのほうが過酷そうなので、やっぱり個体差かな?

今回使用するカメラ

さて、今回も格安カメラで付け替えようかとも思ったのだけれど、やはりバックカメラは暗所でも確実に、長期間使えるもののほうが安心。

そんなわけで、今回はパナソニックの最新のバックカメラ(CY-RC100KD)を使用するとにした。

パナソニックのバックカメラはランクル80時代から長く故障なく仕えた良いイメージがあるので、今回も採用。

ランクル70にバックカメラDIY取付

取付作業

バックカメラの交換は、一度カメラを取り付けてあればかなり簡単な作業。

必要な配線は以下の3つ。

・リバース(+)

・アース(-)

・ビデオケーブル(カーナビなどへの入力)

まずはカメラの取付位置を決めて、配線ルートを決める。

カメラ位置は今までと同じ左バックドアの上端部に取り付ける。

乗用車の場合は外部突起物の規制があって隠れる場所に取り付ける必要があるけれど、貨物車のランクル70の場合は問題なし。

実際上もこの高さなら人に引っ掛けることはない。

カメラの配線を車内に引き込む配線ルートは以下の画像参照。

ランクル70にバックカメラDIY取付
(注)バックドア寄りの配線を固定しているケーブルタイは、バックドア内部に引き込まれてしまうので、荷室よりに変更した。

ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付

あとは荷室の中でリバース(プラス)、アース(-)、ビデオケーブルを接続する。

ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付 ランクル70にバックカメラDIY取付

リバース配線は、今回は前に使っていたカメラに接続していたものが荷室内にあったのでそれを分岐タップを使って接続しただけ。

ビデオケーブルも荷室に引いてあったものに接続。

これで配線完了。

パナソニックのカメラに付属の配線は、リバース、アース、ビデオの全てを運転席付近まで引いて接続する想定の長いものになっているけれど、いずれ交換するような場合を想定して、荷室にこれらの配線を引いてきておくと次が楽だ。

古いカメラを外す際に配線を残して使ってもいいと思う。

最後にカメラを両面テープで固定。

ランクル70にバックカメラDIY取付

商品説明によると、前モデルよりも更に広角に映るようになったとのことで、確かにと頷ける、そして綺麗な画像。

暗闇でもくっきりと見えるし、耐久性も疑う余地なし。

これで安心だ。

ランクル70にバックカメラDIY取付

 

ステアリングスイッチ流用情報 by yasuさん

再販ランクル70ベージュメタリックのバンのオーナーのyasuさんの投稿

※過去のランクル200ステアリング流用に関する記事のコメント欄で話題になっていたステアリングスイッチの流用についての貴重な情報んのコメント

埼玉でランクル70ベージュメタリックのバンに乗ってます。

いつもブログ参考にさせていただいてます。

とはいっても、ほぼノーマルですが^^;

今回、ランクル70にステアリングスイッチ装着いたしました。

ランクル70 にステアリングスイッチ装着

ステアリングはランクル200前期、エアバッグとスイッチはハイエース4型のものです。

※管理人追記部分

この画像のランクル200のステアリングスイッチには左右にスイッチが付いている。
トヨタホームページにある旧車カタログを見たところ、
・左側がナビ、オーディオコントロール用のスイッチ
・右側下部がレーダークルーズコントロール用の車間距離切り替えスイッチ。
右側上部に右側上部が電話&トークスイッチが付いたものもある。
ということで、今回のyasuさんの取り付けられたハイエース4型のものは、左側のナビ、オーディオコントロール用スイッチ。
また、以前の記事のコメントにもあったフレックス自動車が装着して販売した車両は↓

写真を見ていただくとわかるように、ランクル70のものとステアリングスイッチ装着車ではエアーバッグカバーの形状が違うのでエアーバッグの交換が必要になります。

当初エアバッグのカバーだけ交換出来ないかと考えましたが、(正確に確認したわけではないですが)メーカー的にはエアーバック部分は分解不可のためのカバーだけの入手は出来ないようです。

ランクル200のエアーバックカバーも同形状ですが、エアーバックへの信号がプライマリーとセカンダリー(表現間違ってるかもしれませんが)2系統あり、1系統の再販ランクルには適合しないようです。

エアーバッグは新品だと非常に高価らしく、程度のよい中古品の入手がキーになりますね。

ただ、現行車種の為か、ハイエース200系4型のエアーバッグってヤフオクでもめったに出ません。

※管理人追加(現行ハイエース画像)

私は運よくスイッチ無しのステアリング周り一式3.9万円程度で入手出来ました。

スパイラルケーブルもアクア用をヤフオクで入手しました。

注意点はアクアもステアリングスイッチがオプションのようでステアリングスイッチ対応のスパイラルケーブルを選ぶ必要があります。

※管理人追記
ネット上でアクアのスパイラルケーブル交換に関する情報を探してみたところみんカラに詳し目の情報あり


型番なども掲載されているけれど、スパイラルケーブルのあたりは、管理人自身、ついていけてないため、これが役立つの確信持てず・・・ご参考まで。

私が入手したのは蛇角センサー付でしたが問題なく使用できました。

あとは、ステアリングスイッチとコネクタの周りの加工用に純正の補修用のケーブルか、配線コムあたりでコネクタに合うコネクタを入手すればステアリング周りの部品は揃います。

最後にナビ側にステアリングスイッチに対応するために必要な物があれば、それも準備します。

わたしはエクリプスのナビですが、配線加工用にトヨタ純正のコネクタ変換ケーブルを途中で切って接続しました。

再販ランクルはステアリングスイッチ用の配線は通って無いので、スパイラルケーブルの車体側からナビまでの配線も必要です。

ただ、スイッチの配線は3本だけなので簡単です。

エアーバッグとスパイラルケーブルは中古で入手、あとは新品で部品代は5.5万円ほどかかりました。

それだけの価値があるかは人それぞれだと思いますが…

yasuさん、当方の図々しいお願いに対応して、追加情報と画像を提供いただきありがとうございました。
そもそもクルコンスイッチとステアリングスイッチを勘違いして、エアバッグから交換しないといけないのか?と意味不明な質問をしてしまいましたが、優しく教えていただき感謝です。
(その際、メールが文字化けでなかなかお礼ができず重ねて大変失礼しました。)
このステアリングスイッチのついた写真を見ると、まるで今時の車みたいで、一見ランクル70とは思えない。(かくいうランクル70もわずか3年前に買えた車なんだけど・・・)
この度、販売開始されたハイラックスピックアップにも当然に装備されてるし。
かなり前に話題になっていたカスタムだけれど、これまで情報がなかったので、本当にありがたい情報。
きっと役立つ方がいるはず。
自分も、と思うものの、エアーバッグなどの部品購入費用もさることながらサラリと書かれている配線加工もなかなかのもののような・・・
やってみないと、スパイラルケーブルのあたりがどうも理解できてない。
まずはクルコン&純正スイッチくらい装着したいけど・・・今年の課題であるシュノーケル装着、さらに部品だけ眠らせているフォグランプの装着が先決。
車弄りに最適な季節である秋(と勝手に断言)を迎えて、皆様のカスタムが気前よく進み、新たな情報を共有できる日が来ますように・・・祈。

(2017年記事再編集)

ドライブレコーダーが壊れたので買い替え。どれを選べば??

ランクル70納車待ちでランクル80に乗っていた2014年10月、約4年半前に購入して使っていたTranscendのドライブレコーダー。

画質も良く気に入っていたのだけれど、ここ最近、メモリーカードの読み込み不良によるエラーが増加。

新しいSDカードにしてみたり、マメにフォーマットしてみたり、色々手を尽くしたものの、ついに、カードが挿入されていると電源が入らない、電源が入っているときにカードを挿入すると、気が付かないばかりか電源シャットダウンするという、ドラレコとしての本業を完全放棄した状態に。

日付も2014年に戻っちゃってるし・・・

ランクル70にドライブレコーダー装着

どんなに気に入っていても、レコードしないドラレコに用はない。

まぁ、今どきのハイテク機器は5年近く使えれば御の字か・・・

ということで、仕方なくドライブレコーダーを買い替えることにした。

今、アマゾンあたりでドライブレコーダーを検索すると、3000円ほどで駐車監視機能までついた高画質を謳うドラレコも出てくるほどで、選択肢が多すぎてとにかく迷う。

ドライブレコーダー 【32Gカード付き】小型 2.31インチ液晶モニター エンジン連動 常時録画 駐車監視Gセンサー 動体検知 ループ録画 補助光1200万画素 高清録画1080P 監視カメラ 日本語説明書

バックカメラ、サイドカメラ、リアドラレコなどでその手の中華製格安品を使ってみた経験からすると、多分問題なく使用できて、そのコスパの高さにビックリしたりするのだろう。

でも・・・となるのが、もうじき大昔のものとなる「昭和」生まれの悲しい性か・・・

いざ事故になって再生したときに、映ってなくて「まぁ、格安ドライブレコーダーだからねぇ」なんて笑えない、とビビった結果、旧態依然とした大手メーカーに魅せられてしまう。

価格コムでドライブレコーダーの売れ行きを調べると、上位3機種は以下のラインナップ。

★1位 コムテック ZDR-015

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 高画質前後200万画素 Full HD microSDHCカード(16GB)付 ノイズ対策済 GPS/安全運転支援機能搭載 常時/衝撃録画 高速起動 1年保証 ZDR015

★2位  ケンウッド DRV-MR740

KENWOOD(ケンウッド) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740フルハイビジョン GPS 駐車監視録画対応 高画質前後200万画素 シガープラグコード(3.5m)付属 microSDHCカード付属(16GB) 2カメ ドラレコ DRV-MR740

★3位 ケンウッド DRV-340

KENWOOD ケンウッド ドライブレコーダー DRV-340 GPS搭載 フルハイビジョン撮影

1位、2位のドライブレコーダーは前後撮影用で、自分は後方は別にドライブレコーダーを装着済みなので、前方だけでいい。

ということで、完全なる価格コム頼みの選択でケンウッドのDRV340というドライブレコーダーに決定。

すぐにアマゾンで注文し、翌日に到着。

ランクル70にドライブレコーダー装着

さっそく取付・・・の前に、一応、今までの機種と並べてみると、これだけの大きさの違い。

ランクル70にドライブレコーダー装着

GPS内臓、画質も上回っているのに、このコンパクトさ。

いったい電装品はどこまで小型化可能なんだろう・・・、いまに何でも指先サイズになっちゃうのかもなぁ、とこれまた昭和らしい感動に包まれながら装着開始。

電源はシガーソケットからとるようになっているけれど、今回はオーバーヘッドコンソールに引いてあるACCとアース(-)の配線を使う。

ARBのルーフコンソール、装着してみると、頭上の配線を隠したり、取り回すのにとても使い勝手がいい。

 

ルーフコンソール前寄りの無線機を収めるスペース内でシガーソケットアダプターに、ACCとアーズ(-)線を接続。

ランクル70にドライブレコーダー装着 ランクル70にドライブレコーダー装着

ルームミラーの根元から出したコネクターを新しいドライブレコーダーに接続して、配線は完了。

説明書によると、電源を入れて3分間ほどおいて、一度電源を落としてからSDカードを挿入するようにとのことだったので、お作法に従う。

ちなみに、このドラレコには16GBのマイクロSDが付属していたけれど、自分が今回使うのは前のドラレコに完全無視されていた2000円ほどと格安なのになぜか128GBのマイクロSDカード。

SanDisk サンディスク 超高速UHS-I microSDXC 128GB アプリ最適化 A1対応+ SD アダプター + 保管用クリアケース [バルク品]

カードに問題がないかちょっと心配だったけれど、新機種でフォーマットしたら問題なく使用できた。

ランクル70にドライブレコーダー装着

今までのドラレコは運転席から見るとルームミラーからはみ出していたけれど、今回のものは小さいのでルームミラーの陰にすっぽり収まっていて良い感じ。

さぁ、これで安心してドライブにでかけよう。

未知の飛行物体とか火の玉、映らないかなぁ・・・

ランクル70にサイドカメラ装着&ドラミラー鏡取外しに挑戦

夏にアウトドアパークブロンコに行った際、もげて仮復旧していたドアミラー。

可倒式でなくなってしまっていて、車検クリアできない状態だったので、年内に片付けるべく交換。

ついでに不用になったドアミラーで難しいと噂の鏡取り外しに挑戦(動画あり)

ランクル70にサイドカメラ取付11

続きを読む ランクル70にサイドカメラ装着&ドラミラー鏡取外しに挑戦

再販ランクル70にリアフォグ装着カスタム情報 byめぇめぇさん

ランクル70バン(GRJ76K ベージュ)オーナーのめぇめぇさんの投稿。(2015年6月記事を再編

いつも皆さんのカスタム報告を楽しく拝見しつつ、私からもランクル70に関するDIYの苦労話をお送りします。

近頃の集中豪雨の増加や風雪において、このランクル70のダミーテールでは何とも心もとないと思っておりましたが、オプションでリアフォグの設定がない…
そんなわけで自分で何とかしてやろうと思ったのですが、リアフォグは結構保安基準が厳しく、そのせいか最近は汎用品もほぼ見かけないところ、運良くヤフオクでデッドストックをゲット!頑張って取り付けいたしました。

 

ランクル70にリアフォグDIY004

リアフォグについて保安基準を要約すると、

  1. Fフォグが点灯中でないとリアフォグは点灯できない構造である
  2. リアフォグ点灯状態のままライトオフ→再点灯した時リアフォグは消灯状態であること
  3. リアフォグ点灯中はそれを表示すること(パイロットランプ)

など、これらに適合させるためスイッチはハイエースのものを使用して頑張りました。

配線はインパネ内で完結すると思っていたのですが、エンジンルームからもHランプ&Fフォグの配線を引き込まねばならず、想定外に苦労を重ね何とか仕上げることができました。

ランクル70にリアフォグDIY004

こうして見ると、やはりダミーテールが気になる…次はテールレンズ頑張ります!(予算、です)

ランクル70にリアフォグDIY004

山間の路肩で撮った、なんちゃってオフロードな写真も添えさせていただきます。(黄色いフォグ)

 

ランクル70にリアフォグDIY004

めぇめぇさん、いつも色々な情報ありがとうございます。

リアフォグって、霧の中で渋滞最後尾になったときなんかに使うもの?

最近の車についているものなのか、昔の車についていたものなのか、これまた残念なことに知らなかった・・・、きちんと保安基準に適合するようにDIYで取り付けられて、安全度UPお見事です。