再再販ランクル70にも使える?運転席パワーウインドゥのUPオート化DIY

再販ランクル70の運転席のパワーウインドゥは、下降時のみオートで上昇時はボタンを押し続けなければいけない仕様。

海外が主戦場のランクル70だけに、オートUP機能によるギロチン事故を恐れての仕様ではないかと推測するが、これが地味に不便。

ランクル70の運転席窓オート化

これをDIYでオート化するカスタム情報があり、当方もDIYでオート化していた。

みんカラで再販ランクル70オーナーさんが公開した情報がきっかけのようだが、かなり多くの方がこれを実践していたものと思われる。

再再販ランクル70(GDJ76)では、当然にこの不自由が解消されるものと思っていたのだが、カタログを見ると相変わらずの不自由仕様であることが分かった。

オート化したスイッチを装着しても大したコストでもないだろうし、様々な安全機能を搭載して進化したランクル70なだけに驚いた・・・

そんなわけで、購入してしばらくして、この不自由仕様に気がついがオーナー様(再販ランクル70を中古で購入された方も含む)のため、このカスタムネタを再紹介しておこうと思う。

※当方が見る限り、再再販ランクル70のスイッチと再販ランクル70のスイッチが同様のものと思われるため、紹介しますが、いかんせん、当方はGDJ76オーナーではないため、適合性の確認はできていません。作業前にスイッチの同一性を画像等でしっかり確認して、自己責任で作業をお願いします。

詳細はリンク先の記事を参考にしてもらいたいが、作業は大きく分けて2段階。

  1. スイッチの基盤に整流ダイオードを追加設置
  2. スイッチ(樹脂)の一部をカッターでカット

→DIY作業に不安がある場合は、他車種のスイッチの流用も可能。

これから納車が進む再再販ランクル70、皆様のいろいろなカスタム情報をお寄せいただき、共有できると、当研究所としてはありがたい限りですので、ぜひ、自慢かねがね情報提供をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA