【日記】スマトラオオヒラタクワガタの量産はできるのか?

※本格的にランクル70無関係です。

クリスマスにサンタクロースが散々苦労して持ってきたスマトラオオヒラタクワガタ。

VIP待遇で温度管理しながら飼育してきたが、養殖ものではないため、いつ死ぬか分からない。

オス・メス元気なうちに子孫を残してもらわないと、ということで、普段は別居しているオス・メスの同居を開始。

この手のクワガタにはよくある事らしいが、スマトラオオヒラタクワガタも、立派な顎でメスを殺してしまう事があるようで、同居の際にはオスの顎を固定する必要がある。

そんな訳で、虫ケラとはとても思えない強力な力で暴れるスマトラオオヒラタクワガタのオス顎をケーブルタイなどで開かない様に固定。

そして、オスの居るケースにメスを引っ越し。

ネットで調べてたら、オスが危険だから顎を縛って同居させてたらメスがオスの脚に噛み付いてた、なんて話もあったけど、うちのメスがお淑やかであることを願うばかり。

スマトラオオヒラタクワガタは、日本のオオクワガタよりは産卵しやすいようなので、うまくいくといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA