landcruiser70usersyaken

大径タイヤに変更しても車検は大丈夫?

お題目

管理人様、またこちらのサイトをご覧の皆様。

いつも楽しく拝見させていただいております。皆様に知恵をお借りできればと思います。

GRJ76をリフトアップし構造変更を致しました。

その後285サイズのタイヤを履いております。

285サイズのタイヤを履いてからまだ車検を通していないのですが、285サイズにした場合、スピードメーターとの誤差が発生すると思うのですが、車検は通るのでしょうか?

ユーザー車検で済ませようと思っているのでそれが不安で色々と調べているのですが、なかなか答えが出てきません。

もしお分かりになる方がいれば教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

ランクル70さんから、こんな質問をいただいたので、調べてみた。

ルールの確認

 

まずは車検でタイヤの外径が直接的に関係するのは速度テスト。

landcruiser70usersyaken

車検の検査ラインでは、ローラーの上に車の前後輪を乗せて、アクセルを踏み、時速40kmになったときパッシングするように指示される。

この時、純正タイヤと外径が異なると、誤差が生じて40kmじゃないとき(一定の幅に収まらないとき)にパッシングすることになってしまう結果、車検はNGになってしまう可能性が出てくる。

でも人がアクセル踏みながらメーターを確認してパッシングするなんていうアナログな検査方法だから、当然誤差はある。

この誤差を考慮してなのかは知らないけれど、ルール上、一定の誤差が許容されている。

ネットで調べたルールは以下のとおり。

◎平成19年1月1日以降製造された車:スピードメーターが40km/hに対して、実速度は30.9km/hから42.55km/hまで

↑再販ランクル70はこちらに該当

◎平成18年12月31日以前製造の車:スピードメーターが40km/hに対して、/hから44.4km/hまで

※独立行政法人自動車技術総合機構審査事務規程による

事例検討

(注)以下の外径・外周は端数処理等により概測値となっています。

数値計算は以下のサイトを参考にしている。

バンの場合

タイヤサイズ 外径 外周 メーター40km/h時 判定
265/70R16(純正) 777mm 2440mm 40km/h
245/75R16  774mm 2430mm 39.8km/h>30.9㎞/h OK
265/75R16 804mm 2525mm 41.3km/h<42.55㎞/h OK
275/70R16 791mm 2484mm 40.7km/h<42.55㎞/h OK
285/70R16 805mm 2528mm 41.3km/h<42.55㎞/h OK
285/75R16 834mm 2619mm 42.7km/h>42.55㎞/h NG
305/70R16 833mm 2616mm 42.7km/h>42.55㎞/h NG

※1 上記タイヤとのマッチングを保証するものではなく、車体との干渉(リフトアップ要否)・はみ出し(オーバーフェンダー設置要否)などは別途確認が必要です。※2 実際には空気圧やタイヤの摩耗状況によって異なります。

ピックアップの場合

ランクル70×ブロンコ道 (4)
乱丸さんのピックアップ
タイヤサイズ 外径 外周 メーター40km/h時 判定
7.50R16(純正) 805mm 2528mm 40km/h
245/75R16  774mm 2430mm 38.4km/h>30.9㎞/h OK
235/85R16 806mm 2531mm 40.0km/h<42.55㎞/h OK
255/85R16 840mm 2638mm 41.7km/h>42.55㎞/h OK
265/75R16 804mm 2525mm 39.9km/h>30.9㎞/h OK
285/75R16 834mm 2619mm 41.4km/h>42.55㎞/h OK
305/70R16 833mm 2616mm 41.4km/h>42.55㎞/h OK

※1 上記タイヤとのマッチングを保証するものではなく、車体との干渉(リフトアップ要否)・はみ出し(オーバーフェンダー設置要否)などは別途確認が必要です。※2 実際には空気圧やタイヤの摩耗状況によって異なります。

まとめ

ランクル70さんからご質問いただいた285サイズのタイヤをバン(GRJ76K)に履いた場合は、BFグッドリッチなどの285/75R16であると、単純計算上は車検NG。(標準タイヤの外径が大きいピックアップの場合はOK)

BFグッドリッチ MT 285/75R16

仮に285/70R16(現在、この規格のものがあるかわからないけれど)であればOKということになる。

ただし、

・タイヤの外径が空気圧や摩耗によって変わる

・車検は運転手がメーターを見て申告するアナログな手法であるため、そこでの誤差もあるし、調節も可能。

といった事情から、285/75R16だからといって必ず車検NGの結果になるとは言い切れない。

実際、そのサイズのタイヤを履いてる人(車)を何人も知ってるし、巷には車検を通して乗っている人(車)は相当数いるはず。

素人が調べたところではこんなところかな、と思うのですが、誤解、間違い等あればご指摘いただけると助かります。

「大径タイヤに変更しても車検は大丈夫?」への10件のフィードバック

  1. ノーマル車高、285 75R 16のG003で
    ディーラー車検OKでした。

    『ちょっと誤差ありますね』程度の指摘だけでしたので、OKかNGはディーラーとの付き合い方次第かもしれませんね。

    お世話になってるディーラーは
    ARBバンパーもいけそうです。

    1. 通りすがりの76乗りさん
      情報提供ありがとうございます!
      やはり285/75R16は問題なさそうですね。
      実際の誤差はそこまで精緻に判定しないのでしょうね。とても参考になります。

  2. 指定工場の事業場管理責任者をやっているものです。
    私の車は315/75R16ですがスピードメーターは保安基準に適合しております。
    記事にあったように計算上では285/75R16でも誤差の範囲を超えてしまっていますが、265/70R16で誤差がありす。
    265/70R16でスピードメーター40キロの時、実際には35キロくらいしか出ていません。
    なので、285/75R16でも大丈夫なことが多いです。
    ちなみに私の車は315/75R16でスピードメーターが40キロの時、実測で41キロくらいでした。
    車によって誤差があるので100%ではありませんのでご注意お願いします。

    1. 匿名さん
      情報提供ありがとうございます。
      そうなんですね、265/70R16でも実際35kmくらいというのはとても驚きましたが、理論値との差は相当あるのだと勉強になりました。
      ぱっと見た感じでも車重でかなりつぶれてますから、そんな感じなのかな、と納得です。

      1. 本当か嘘かはわかりませんが、何もいじってない状態で40キロの時に45キロ出ていて、スピード違反で捕まった場合、メーカーが責任追及される可能性があるので、あえてメーター読みより遅くしていると聞いたことがあります。
        噂ですけどね(笑)

        1. これまた納得感のある情報ありがとうございます。
          言われてみれば確かに大抵のものは安全サイドで余裕を持った設計や作りになってますね。
          計算上の僅かなオーバー分なんてデフォルトの誤差の範囲に収まってるのかもしれませんね。
          可能性の話だとは理解しますが、とても勉強になります。

  3. 丸目部会長のまるです。

    ランクルに限らずですが、自動車専門誌を読んでいますと欧州車等にくらべ国産車はメーター誤差が大きすぎてケシカラン(すなわちメーター読み値よりも実際の速度は相当低い)という論調を目にすることがあります。
    今は大分マシになったが、昔のホ○ダ車などは150km出してるはずが120kmくらいだったとか笑

    我が家には某国産ミニバンがありますが、メーター100km時の実速(ナビゲーションの車速表示)は91km程度に過ぎません。なので、高速ではいつもメーター110kmくらいにクルコンをセットします。

    私の丸目76も純正からタイヤサイズわずかに大きくしてますが、メーター読みがかえって実速に近づいているものと推察されます。

    1. まるさん
      コメントありがとうございます。
      メーター誤差、やはりあるんですね。
      GPSの車速と違うとき、なにも考えず車のメーターを信じてましたが、今のGPSの精度を考えると逆ですね。勉強になります。

  4. 当方自動車エンジニアです。タイヤの半径にはDLR(動荷重半径)とSLR(静荷重半径)というものがあり、表にお書かきになられているタイヤ半径はSLRになります。車重でタイヤが潰れてしまっているので車速が低い範囲ですとDLR<SLRとなります。しかし車速が上がると遠心力でタイヤが膨らみSLR<DLR となります。車速の計算はABSのコンピュータで演算されていますがそこに設定されているタイヤ半径は1つの値が一般的です。したがって車速によって誤差がどんどん変化し、特に高車速では実車速よりも高い数字がメーターに表示されます。これが誤差の主たる原因です。4コンピュータ内部のタイヤ半径の設定値は40kph時の実タイヤ半径(DLR)と比べると大きい値が設定されていることが一般的なので、表ではNGでも実測はOKになるというカラクリです。

    1. なるほどぉ〜、と超納得の解説です!
      静止〜低速だと潰れてて、高速だと遠心力で外径が大きくなる、確かに。
      メーターは時速40kmに合わせてあるから車検も40kmなんですね。
      なるほどなるほど、すごく利口になれた気がします。分かりやすい解説、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)