[日記]パックリカットで人生初縫合

インスタ繋がりの方などから猿ヶ島でのランクル79の集いにお声がけいただいていた3月20日(日)。

諸事情あり、参加できないばかりか、休日勤務まで・・・

よりによってこんな日に、めんどくせぇなぁ~

と思いつつ仕事場に向かい、午後3時過ぎ、ちょっとした作業でカッターを手に作業を始めようとしたとき。

一瞬赤いものが飛んだように見えて、ふと左手に目をやると、カッターで親指の第二関節上の部分をザックリというよりパックリとカット。

幅約2センチはあるかという立派な開口部。

そこからドクドクと鮮血が・・・

これは本気のやつだ!

縫わないと無理だと瞬時にわかった。

今までの人生、色々危ないこともしてきたけど縫ったことはない。でもこんな大きな傷を自力で直したこともない。

ケガしたのも困ったけど、さらに困ったことに、その場はちょっとしたイベントの場。

女性の担当者も多くて、この血と傷を見られたら会場ドン引き、下手すれば救急車を呼ばれかねない大惨事に?!

幸い、落ちた血はビニール袋の上だけでそれを片付ければ痕跡は消せる。

沢口康子や名取裕子にルミノール反応を調査されない限りバレないだろう。

あとはこの流血を止められるかだ。

皮膚が欠損したわけではなく、幸か不幸か新品のカッターの刃でスパッと切られたので、傷口断面をうまく噛み合わせれば何事もなかったような状態に復元でき、出血も抑制できそう。

とりあえず、物陰に隠れて親指を爪側に最大限反らせ、傷口が開かないようにしつつ、断面を合わせてあげると、あら不思議、見事に流血がストップ。

その時の状態を右手で再現。この親指を反らせることができるひとと、できない人がいるらしい。自分はできて幸いだった。

いわゆる止血とはまた違うけれど、とりあえず、ダラダラ流血する状態は短時間で解消。

しかし、この親指を反らせた姿勢を長時間キープするのはシンドイ。そして気を抜けばブッチャーのオデコの如く流血してしまう。

そこでとりあえず、手元にあったビニールテープで清水アキラが研ナオコの顔真似をするときの要領で縦方向を固定。

鼻先を指先と見立てると同じこと

止血もかねて横方向にもビニールテープをまき、何とか傷口の固定に成功。

両手にベッタリついた血を舐めたりアルコール消毒用のティッシュで吹いたりしてなんとか消し去り、一見、普通のオッサン状態に回復(多分顔は蒼白だっただろうなぁ)。

あとはこの場を自然に立ち去るだけ。

幸い、午前中から前日のコロナワクチン3回目の影響で頭が痛いと言っていたので、その悪化を部下への口実にしてその場を立ち去ることに成功。

負傷から約5分ほどの早業。

会場をあとにして、まず考えたのは、病院を探すのが難しいこの休日に、どこの病院に行くか。

地元までは電車で1時間半弱。

縫合必至の傷であることを考えると、後日の抜糸や経過観察のためには地元に帰って休日対応の病院で診てもらうのがベスト。

問題は、1時間半、研ナオコ状態で耐えられるかどうか。

ビニールテープでの急場しのぎの止血状態で、指先は紫っぽくなっていて、このままではまずそう。

幸い、近くにドラッグストアがあったので、傷用テープ、ガーゼ、包帯を購入して、鼻テープ状態をやり直すと、かなりいい感じに応急処置できたので、急ぎ地元に帰ることを決断し、電車に乗った。

そして、地元に到着し、第一候補の近所の病院に電話すると、ありがたいことに見てくれるというので、すぐに診てもらうと、案の定、傷口を見た瞬間に縫合が必要との判断。

ちょっと痛い麻酔注射のあとは、なんも感じないうちに、4針の縫合が無事終了。

人生初の縫合を体験、一つ対応を誤れば修羅場となる場面を冷静な対応(自分でいうか)で無事脱出し、最短コースで縫合へとこぎつけた、この体験は、79ミーティングへの参加と比べても遜色ないい体験だった、と無理やり思うことにしたい。

それにしてもこのところ、どうもツイてない。

こんなときは下手にジタバタせず、時の流れに身を任せてやり過ごすのが一番。大人しくしてることにしよう。

 

「[日記]パックリカットで人生初縫合」への4件のフィードバック

  1. こんな時意外と冷静で処置できたのは凄いです。
    すぐ痛みが来なかったりするのは脳がビックリしたからでしょうか?
    自分もベビーサンダーの研磨材を新品に替えて作業再開した瞬間弾かれ、左の親指の爪の辺りが大出血。
    水道水で流し続けて貧血の前兆が有れば救急懸案でしたが、取り敢えず収まったのでアルコール消毒:ペーパータオルで傷を覆ってビニルテープでぐるぐる巻きにして作業続投。
    どのみち日曜だったので翌日整形外科へ。塗って貰って半年の今、やっと感覚の違和感がほぼ無くなりました。
    万が一を考え、防刃手袋か革手で作業するべきと反省しています。

    1. hzj70mnuさん
      こんばんは。
      安全対策、怠ってはいけませんね。
      作業って、大抵、極簡単な作業から、危険な作業まで同時とか連続してやる事が多くて、ついつい無防備なまま危険な作業をしてしまったりするんですよね。
      怪我は戒めと思って痛みを忘れないようにしないといけませんね。

      1. その後どうでしょうか?
        ここは気分の切り替えで草津温泉なんて如何でしょう。
        家族サービスを兼ねるのも良しですし。

        帰宅したら一応洗車を。
        潮とは違う酸の影響を避ける為に。

        1. hzj70mnuさん
          お気遣いありがとうございます。
          痛みも殆どなくなり、あとは抜糸を待つのみです。
          やはり気分転換には旅行ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA