猿ヶ島で渡河してガサガサ

在宅勤務が普及したおかげで自分の中ではスッカリ有難みを喪失したゴールデンウィーク3日目の5月1日(日)。

なにかと家族の予定も多く、遠出もしてない中、息子がYOUTUBEで見た「ガサガサ」を、いつもの海でなく、川でやりたいとのこと。

川辺の草がオーバーハングしている部分の下に、網を差し込んでガサガサするから、「ガサガサ」というらしい。

昔から自分が楽しんでいた小物取りの方法にそんな名前があるとは・・・

どこか良さそうな場所がないか考えて思い浮かんだのは、猿ヶ島。

川辺まで車で入れるし、堰があったり、小川があったり、あそこなら何とか遊べるかも。

自分としても久しく使っていないローレンジ(L4)を使ういい機会だし。

ということで、どんより曇って、午後から雨が降る予報の最悪の天気の日に出かけることにした。

家からは下道でも1時間半弱、12時前に現地に到着。

猿ヶ島はここ最近雨が多かったためか、立派な水たまりができているし、先に進むために小川を渡らなければいけなかったりと、結構様子が変わっていた。

一瞬、入水をためらう規模の水たまり
以前はなかったはずのところに現れた小川。一応、人生初の渡河。

到着後、まずはお食事。

どんよ曇って今にも振り出しそうな中、外で食べると謎に美味しいカップラーメンと焼きウインナーを満喫。

青空、じゃなく曇り空の下でも3割増しでおいしく感じるカップ麺
焼くだけで満足感を高めるのか、3割増しでおいしく感じる平凡なウインナー

そして、息子待望のガサガサへ。

よさげなところを見つけて、息子と一緒にガサガサすると、意外にも簡単に魚をゲット。

ガサガサすると、ピチピチと跳ねる長めの小魚が入ってきた

隣で息子もゲットして、ウグイ?オイカワ?と思ってみてみるけれど、なんか細長くて違う感じ。

まさかアユ?と思ってスマホで調べると、やはり鮎の稚魚。

残念ながら、ガサガサする頃には雨が本格化してきてしまったため、ものの10分ほどしかガサガサできなかった・・・

ノンビリ食事する前にガサガサしてあげればよかったとチョット後悔・・・

しかし、短時間ながら5匹のアユを捕獲することができて、一応、息子は満足。

5匹のアユが遊んでくれた

河川敷で、雨が降ってるなんて、昔の痛ましいキャンプ場の事故が思い出されて、怖いので、増水する前にそそくさと猿ヶ島を後にした。

雨足が強まってビビッて逃げ帰る

素晴らしきかな猿ヶ島。

そしてスコップホルダー。(最後に無理やり車ネタを)

なんでかというと、ガサガサに使用した虫取り網をビショビショだろうが、ドロドロだろうが、簡単かつしっかりと背面に取り付けることができるから。

スコップホルダーは虫取り網ホルダーにもなる。

今度は「用途外使用は危険!」と注意されちゃうかなぁ・・・

「猿ヶ島で渡河してガサガサ」への2件のフィードバック

  1. 「父親」と遊び「息子」の貴重な時間。
    やがて子は親を育ち超えて。その時に父の戦果を思い出すんでしょうね。

    年取ってみると若い子供が羨ましいと言うより立派にパパ・ママを熟されているのがなんとも羨ましい。

    あまり無茶して怪我やコロナになりませんように。

    1. hzj70mnuさん
      コメントありがとうございます。
      その時々しかできないこと、逃さず体験しておきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA