再販ランクル70のヘッドライトの外し方(助手席側)

愛車再販ランクル70(GRJ76K)、先日の事故でぶつかった際、念のため内部を点検するため、人生初となるヘッドライト取外しを試してみた。

思ったより簡単で、70周年記念の丸目風加飾ヘッドランプへのDIY交換にも役立つかもしれないので、外し方を掲載。

[作業にあったほうがいい道具]

当たり前だけれど、まずはボンネットオープン!

続いて上からヘッドライトを眺めて、まずは上部に目視できる3個のボルトを外す。

一番左の一つはフロントグリルと友締めになっている。

続いてフロントグリルを外す。

すると隠れていたボルトが2つ出てくるので、こちらも外す。

これではまだ外れない。

お次はヘッドライト及びラジエーターとバンパーの間にある白い部分のボルト2か所を外してみる。

この部分のこと

この白い部分の端がクリップで固定されているので、これも外す・・・

このクリップ、外すのはちょっと手間取るかもしれないけれど、自分の場合、先日の事故の際に半壊で、ほぼ外れてしまっていたようで、簡単に外れた。

肝心の部分を紹介できないのは心苦しいけれど・・・

まぁ、最悪、クリップを壊してしまったとしても、ちょっと隙間が大きくなるだけなので、しばし美的センスを押し殺してもらって、後日ディーラーで部品(おそらく数百円)を注文して取り付けなおせばよいだけかと・・・ちなみに、取り付けるのは簡単だった。

そして、このクリップを外して白い部分が完全に(外さない側のクリップまでは外さなくても作業可能)外れると、奥に最後のボルトが見える。

これを外すと、ポロリとヘッドライトが外れる。

というわけで、ちょっと肝心な部分が端折られている感は否めないもののヘッドライト(ヘッドランプ)の取外し方法は以上。

ちなみに、運転席側は外したことがないけれど、まぁ、見た感じ同じようなものかと。

この脱着、おそらく多少手間取っても1時間もあれば済むのではないかと思われる。そして、先日、当方の地元ディーラーで聞いた交換工賃は約6500円ほど。

自分の脆弱な稼ぐ力からすれば十分価値のあるDIYだ。

※DIYは自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA