祝!念願の再販ランクル70納車!

祝!念願の再販ランクル70納車!

ついに来た。本当に来た。ランクル70がこの手に!

しばし脱力感で記事がかけなかった〜

8月31日16時頃に再販ランクル70のホワイト(バン)をオーダー。

そして、114日(約2729時間)経った今日、8月23日10時半、ついにランクル70が納車となった。

この間、いろいろ情報をいただいた皆様、自分のことのようにこの日を待ってくださった皆様ありがとうございました。
(今日はただでさえ長い文章がさらに特別長い!でも納車の一日の雰囲気をリアルに残したいので、ご容赦ください。)

念願のランクル70バンが納車の今日、少しでも早く納車がいいと思っていて、前の日の夜からお店の前に並ぶ勢いだったのだけれど、営業マンに最早時間(開店時間9:30)を尋ねると、当日作成する書類もあるとかで、10時半とのこと。

そして、前夜はほとんど1時間起きに目を覚ましてトイレに行っては(ただの歳のせい?)またウトウトを繰り返して、7時起床。

お店までは多く見て30分。

なんとか時間を潰して、ようやく10時前、車も手放しているので、たまにはとバスに乗ってお店に向かった。

そして、お店についたのは、バスが思ったより少なくて10分遅刻。

何をそんなに慌てることがあるのかと白い眼で見る家族をよそに「くそ~、痛恨の極み」と遅刻をくやみつつお店に入る。

すると、目に留まったのは、我がランクル70の運転席に営業マンが乗り、駐車スペースに停めていて、その横で、営業マンの知り合いらしい近所のおじさんが車をのぞき込んで会話する様子。

なぜか、おじさんを追い払いたい衝動に駆られつつ、車に近づいていくと、晴れ晴れした営業マンの笑顔。

挨拶もほどほどにランクル鑑賞会のスタート。

いろいろ話しながら、説明を受けたり、傷がないか確認したりして、なんだかんだで20分以上。

やはりこの存在感は圧倒的だ。かっこいい。

目をぼかしてオーバーフェンダーのない姿を想像するともっとカッコイイ、いつの日か必ず実現してやるからな!

 

landcruiser70grj76nousya

見知らぬおじさんが珍しがるのも、ごもっともで、なんとこちらの営業所での納車はまだ2台目とのこと。

ちなみに、あと1台、お店の工場でグレーの76(ウインチ付)が納車準備中とのことで見せてくれたが、グレーも重厚感があってかっこよかった。(ゆうれいぱぱさんのかな?)

その後、店内に入って最後の手続きをする。

色々な説明を受けたことを確認する書類に記名押印して、車検証入れとか、鍵の入った立派な箱などを受け取る。終わってみると、11時半近い。

 

landcruiser70grj76nousya landcruiser70grj76nousya

「では、どうぞ」ということで車のところに行くと、営業マンから「記念撮影しますか」とのお言葉。

昔、千葉のトヨタディーラーで新車95プラドを買ったときは、そんなサービスはなかったけれど、最近はそんなこともしてるのかと驚きながら、ありがたく記念撮影してもらうことに。

そのために、車を少し動かす必要があったのだが、MT久々と話していたので、営業マンが練習がてら動かしますか、と言ってくれて、さっそく運転席に。
駐車場の中で、10m位となりのマスに移動するだけなので、前進数m、後退数m位のものだが、超緊張。

まずは、クラッチを踏み込んで、エンジン始動。

アイドル状態でも、ゆっくり繋げばエンストしないということなので、ゆっくりクラッチをつなぐと、ゆっくり静かに動いてくれた。これで一気に気が楽になる。

そして、この一回のクラッチ操作をした途端、昔、レガシーに乗っていた頃の感覚がウワッっと蘇ってきた感じがして、急にいけそうな気がしていて、車庫入れも難なく完了。

そして、記念撮影しようと車を降りると、店長さんかな、お店の方がかなり立派な花束をくれるというサプライズまで。

 

landcruiser70grj76nousya

なんじゃこりゃ?

いまどきは新車購入ってこんな感じになってるの?と驚いてしまったが、ありがたく頂戴して、家族と揃って新たな家族の一員(と思ってるのは自分だけ。家族にとっては「足」の姿がかわっただけ・・・)ランクル70の前で記念撮影。

うーん、人生最後の新車にふさわしすぎる。

この写真は葬式で使うことにしよう。

そんなこんなで写真撮影も終了し、いよいよ超お祝い体制で温かく迎えてくれたお店をあとにして、MT本格運転開始の時間がやってきた。

お店を出たら、まずは家とは反対の坂のない方向に向かって走り、その道沿いにあるガソリンスタンドで給油するというのが最初のミッション。

なんといっても、契約時に営業マンから「ガソ満」どころか「ガソ微」宣言されていて、実際、今日、営業マンからは「10Lは入れたんですけど、エンプティーランプついちゃってます。すみません」という予想以上の「ガソ微」。

さすがに「どうなの」、花より・・・という下品な言葉が頭をよぎるが、それは前もって言われていたこと、と納得。

それはそれ、これはこれと気持ちはありがたく受け止めないと、人間失格だ。とにかく給油しないことには何も始まらない。

MTの運転自体は、さっきのお試し運転で不安がかなり解消されていたので、ガックンガックン、プスンプスン、も期待に反して起こることなくお店を出発。
そして、ガソリンスタンド(セルフ)に無事に到着。

初めて握るハイオクの黄色いやつで給油をしていると、店員のおじさんが近づいてきて、「これ、新しいランクル?ずいぶん売れてるらしいね。」と話しかけてきたので、思わず気をよくして「今日、納車なんですよ云々・・・」と余計な話をしてしまった。

 

landcruiser70grj76nousya

給油はというと、10Lしか入れていないということは、少なくとも120L入るはずだが、97L15,000円手前で、ストップ。

どうやら100Lか15,000円がリミットになっている模様。仕方ないので、一旦給油をやめて、もう一度、カード認証からスタート。次は20L少々入ったので、やはり120L近く入った。

頼もしい飲みっぷり。おなか一杯になったところで、頑張ってもらいましょう。

 

landcruiser70grj76nousya landcruiser70grj76nousya

さて、今日はこの後、スーパーで食材の買い出しをして、いったん家に戻って、その後、セキュリティーの取り付けに預けに行くという予定。

家に帰る途中にはちょっとした坂道があるので、少し慣れてから帰りたい。

セキュリティーのお店に持っていくためには、峠を越えなければならず、坂道発進のオンパレードが予想されるので、本当は今日は回避したいくらいだった。

そんなわけで、まずは、平地を遠回りしながらスーパーに到着。

買い物をして、いよいよ坂道発進の危険がある自宅方面に向かう。

なんとか坂道で止まらずに行きたかったのだが、見事に信号に引っ掛かり、初坂道発進。

後ろには10年振りMT運転開始後、5kmも走っていない運転手の操る怪しい車だとは知らない、車間距離狭めのいかにも生き急いでいる感じの軽トラ。
これはマズイ。

よりによって、こんなときに暴れん坊将軍が後ろにつくとは!というわけで、大した坂ではないのだが、安全をみてサイドブレーキを使用して、無難に発信成功。

うん、体には確かに10年以上前のMT車運転の記憶が残っているようだ。このあたりで蘇りかけていた自身が確信に変わってくる(三度松坂投手の名言を拝借)。

こうして、無事、自宅に到着。

自宅では新車外しのホイールなどの荷物を下ろすなどして、次に、気になっていた背面タイヤ取り付け金具の車体からのでっぱり具合を確認するため背面タイヤを外してみた。

やはり期待に反して、構造変更の不要な3cmよりは出っ張っていそうだ。

背面レスも構造変更が必要となることが確認されてしまいガックリ。

背面レスが一番だけど、それが無理ならば仕方ない。

それならせめて、モデリスタホイールにしたのに、背面タイヤだけシルバーなのも気に入らないので、とりあえず、ナロー化に備えて衝動買いしたランクル70ピックアップの純正品をセットしてみた。

やはりいい。

landcruiser70grj76nousya

純正シルバーよりは、こちらのほうがはるかに好みだ。

あのメガウェブで見た中近東仕様(こっちはナローだけど)の後ろ姿を彷彿させる姿だ。当面これで行くことにしよう。

 

landcruiser70grj76nousya

ちなみに、このテッチンホイールは、ナットがバンについているトヨタ純正品とは違う、一般的なナットを使うんだろうか?つけたときにしっくりこなかった・・・

さて、そんな一作業を終えて、お昼を食べてからいざ峠越えの難関へ出発。

これまた期待に反して、峠道は渋滞。これでもかというほど、坂道発進を繰り返すはめになってしまったが、これも何とか無事クリア。4度目は言うまい、松坂大輔の名言。

そして、これまた初の高速道路。第三京浜の港北インターを目指して走ること30分ほど。

そこからさらに10分ほど走り、15:30頃に、今回のセキュリティーをお願いするショップに到着。

前もって基本システムは予約していたので、その場でオプションをお願いして、結局16時頃、台車の軽自動車を借りて、ようやく手中に収めたばかりの愛車に別れを告げて帰途についた。

ここで、超驚きの事態に遭遇したのだが、お借りした台車、なんと、数字4桁が私のランクル70の4桁と全く同じ!あり得ない偶然に運命を感じてしまった。

 

landcruiser70grj76nousya

最後にど素人なりに少し感想めいたことも書いておこうかな。基本的に前のランクル80との比較による個人レベルの感想だけど・・・

・乗り心地は前の80(ショックは装着後3年20000kmほどのビルシュタイン)に比べると、足回りが良い意味で固い印象で、走りやすいし、乗り心地もいい。みなさんの言われる「突き上げ」がどれのことかは素人なので全然分からなかった。

・停止して、1速に入れるときのシフトレバーが引っ掛かる感じで、どうも入りにくい。不思議なことに、一度グリっとやって、Nに戻してすぐに1速に入れると、2回目からはすっと入るようになる。クラッチの踏み込みが不十分なのかな?今日は結局一日解消しなかった。

・シートポジションがランクル80と比べると高いのか、3インチアップしていたランクル80よりも視点が高いような印象だった。

・シートのクッションが良い意味で固くて、座り心地がいい。ホールド感はレカロに劣るが、変えるかどうか、悩ましいかも、と思えた(シートカバーを衝動注文したので、それを正当化しようという意識半分)

・ドデカヘッドレストだけど、案外後方視界は良かった。

以下はへたすると、「お前、ランクル70乗る資格ないよ」と言われそうなことだけど
・今日はETCがついていなかったからなのだが、高速の出入口で窓のUPのオートがないのが面倒でしょうがなかった。
・ヘッドライトのオートモードがないので点けたり消したりが面倒だった。

いやぁ、待ちに待った納車、そしてあっという間のサヨナラ。軽で帰ってくる道のりは辛かった。

26日にセキュリティーショップで引き取ると、その足でタフコートのお店に持ち込んで、27日引き取りという予定。寂しいなぁ~、早くランクル70ライフを本格始動させたいな〜

再販ランクル70色々カテゴリの最新記事