皆様のランクル70に関するカスタム・メンテナンス・トラブル情報を共有してみませんか?どなたでも気楽に投稿フォームから送信いただけます。不用品のFORSALE 掲載も随時受付中。

スタックしまくりスノーチャレンジ2021(群馬トヨタRVパーク主催)

スタックしまくりスノーチャレンジ2021(群馬トヨタRVパーク主催)

まえおき

リーマン稼業に忙殺されるうちに3週間も経過してしまい、かなり鮮度が落ちてしまったものの・・・2月21日(日)、旧浅間高原自動車テストコースで行われたスノーチャレンジに行ってきた。

このところ、ほとんど積雪のない神奈川沿岸部在住の自分にとっては、年に一度といっていい雪上走行の機会。

雪道でランクル70の能力のみじんも発揮できずに屈辱の「この車、ヨンク」という質問を浴びてしまうヘッポコからの脱出のための貴重な訓練の場でもある。

そういうわけで、当選通知を受けてからというもの、雪が降ることを願って待っていた。

しかし、開催日の3~4日前は寒波が来て、降雪があったものの、開催日前日の20日、21日は急激に気温が上昇する予報。

当日の朝起きると、生暖かい風が吹いている状態・・・現地の様子を知る手がかりとなる「峰の茶屋カメラ」で見ても、ほとんど雪がない状態。

上里サービスエリアでは朝なのに気温が10度近い状態。

これはもう雪はないかもしれない、ということで、道中、軽井沢のスーパーによって簡易BBQ満喫セットを購入。

そんな不安にさいなまれながら、開会時間の10時めがけて、現地に向かった。

現地の様子

10時丁度位に現地に到着。

会場の直前全面に入る交差点までほとんど路上に雪がなく、スタッドレスも不要だったと思うほど。

しかし!!わずか数百メートル先の会場に一歩?一回転?踏み込むとそこは別世界。

車が多く行き来した受付周辺は土が見えたりしているものの、コース内は深さ30~40cmはありそうな新雪が残る状態。

受付付近の様子

10時開会となっていたものの、既に開会挨拶などは終わってしまったようで、参加車両がコースに入っていくために整列している状態。

コース入りを待つ自車
コース入りを待つ自車。浅間山が美しい。

例年、基本的にフリー走行だけれど、今年は最初だけは外周路に受付順に入っていくオペレーションだった模様。

そして、外周路一周したのち、先に現地入りしていた、やまさん、乱丸さん、牛屋さんと合流。

残った新雪の上をタイヤを取られながら走ったり、重たい雪に足を取られてスタックしたりと大いに年一の雪道走行を満喫。

特に今年は、積雪が一度溶けて、また凍結したなかなか難しい雪の状態だったそう(ザラザラした粒子状の重い雪といった印象)で、ヘッポコの自分は、気を抜くと簡単にスタック。

スコップでの雪かきがどんなに頼もしいものか初めて知ることができた。

外周コース。手前が自車。後ろに乱丸さん、やまさんの車が続く。
乱丸さんのピックアップ(ベージュメタリック)
牛屋さんのピックアップ(ブルー)
所長のバン(ホワイト)
やまさんのピックアップ(ベージュ)
スタックして脱出中の自車
ランクル70集合写真

今回スタックの度に大活躍だったスコップ

激走ハイラックスと・・・

JAOSのデモカーのハイラックスが大迫力の爆音を立てて疾走!

同じところを走っているとは思えないヘッポコもよろしければどうぞ。

新しいお仲間

今回も、現地で新しいランクル70仲間に会うことができた。

それがこちらのバン(GRJ76K)。

TJMのルーフラック、パイプバンパー、シュノーケル装着のワイルド仕様光る一台。

自作(DIY)したとはとても思えないARBばりのドロワーがお見事だった。

お声かけいただいたオーナー様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

TJMのルーフラック・シュノーケル・パイプバンパーで迫力満点!
後ろ姿もカッコいい!
とてもDIYとは思えないドロワー搭載。

ヒッチメンバーが破断!

現地に到着して、やまさん、乱丸さん、牛屋さんと合流すると、驚きの情報を聞いた。

なんと、やまさんが別邸(トレーラーハウス)をけん引してきたのだけれど、会場に入って雪上に入ったところで、ヒッチメンバーが崩壊したとのこと。

やまさんの別邸(トレーラーハウス)
ヒッチメンバーが破断して、配線も切断してしまっている。
車に残ったヒッチメンバーの切断面は赤茶色に錆びている。以前から亀裂があり、錆びていた?

なんとも恐ろしい・・・

これがもし道路走行中に起きていたら、大事故になりかねない。

この会場で崩壊したのは不幸中の幸いとしかいいようがない。

この日はけん引して帰れなくなったため、やまさんが後日引き取りにくるべく、峰の茶屋付近の駐車場を手配して、そこまでは牛屋さんのピックアップでけん引しておくとのこと。

ドナドナされるトレーラーハウス、寂しいかと思いきや、やはりピックアップが力強くけん引する姿・・・カッコいい。

まとめ

さてそんなわけで、出発前の予想に反して、しっかり雪上走行を楽しめた今回のイベント。

雪がないかと思って、仕入れたBBQ素材のお陰で、イベントの意外な楽しみ方の新境地も開拓。

※用意していった薪は使わなかったものの、風が吹いてもタフに火が使えるカセットコンロ(イワタニのタフ丸)があれば、とりあえずの煮炊きに不便はなし。

美しい風景に都会の喧騒で汚れた目と心をすっかり洗濯することができた。

来年はコロナも収束し、もっと多くの車が参加できる環境で開催されることを願うばかり。

イベント情報カテゴリの最新記事