ランクル300発売に続けと願うも・・・

噂どおり、ランクル300が正式に発表された。

この勢いに乗じて、ランクル70の再再販も続いてくれ!と1年前の自分なら無理くりランクル70の話題に持っていけたけれど、いまはその元気もなく・・・

誰も期待しないであろう、まさかのランクル300についてぶつぶつと書いてみようかと。

書いてみるといっても、機能、性能はニワカが分析するまでもなく世界のTOYOTA渾身のフラッグシップモデルなのだから、ケチのつけようなどあるはずもない。

この動画でも見ておいてくださいな、と言い訳をブチ込んでおいて、あとは例の如くひたすら見た目と印象のイメージトーク。

最新のランドクルーザー300様。そのルックスはというと、昨年辺りからベストカーwebが掲載してきたフロントグリル大きめのオラッた顔つきそのまま。

なんとなぁく最近大幅モデルチェンジしたランドローバーディフェンダーに近づいたような気がしなくもないけれど、ライトが丸くないのが自分的には救い。

全体的なフォルムはランクル200と大差なく見えるけれど、若干直線的なフォルムになったような感じもして、そこは好印象。

ランドクルーザー200 出典:TOYOTA HP

寸法は200を踏襲しているらしく、モデルチェンジする度に大きくなり続けてきた流れがようやく止まった模様。

顔つきはオラッたとはいえ、下品に末広がりに口を広げた無駄なオラりではない、どこか気品漂うオラりに見えるのはランクル贔屓なだけか?

最近、プライム・ビデオで貪るように見ている中東を舞台とした映画では、お金持ちや大物が、善人も悪人も、大型の黒いSUVを何台か連ねて街中や砂漠を猛スピードで移動するシーンが繰り返し出てくる。

敵の襲撃を避けるために防弾仕様にした上で猛スピードで移動するようだけれど、時にロケットランチャーを被弾して派手に吹き飛んでしまうことも・・・

この手のシーンでランクルを見られると嬉しかったりもするのだけれど、やはりランクル200ではゴージャス感が足りないのか、アメ車(リンカーンとかフォードなのかな?)の方が多い印象がある。

ランクル200は政府軍とか、赤十字とか、そういう関係のシーンでは見かけることが多いかな。

それはそれで誇らしくてかっこいいのだけれど、やはりワイルドに爆走するシーンもランクル(レクサスでもなくランクル)になってもらうと、より映画が楽しめるような気がする。

そんなわけで、このオラッた今までのランクル200よりもゴージャス感のあるランクル300なら、そんなシーンでも登場機会が増えそうで、少し楽しみだ。

少し見た目以外で思う事があるとすると、やはりガソリンとクリーンディーゼルのみの設定で、ハイブリッドや電動化しなかったのは意外であるとともに、少し嬉しい気がした。

今の所、プラドも含めたランドクルーザーブランドにおいては、あのトヨタをしてもハイブリッドすら導入していないという事実。

ランドクルーザーだけはカーボンニュートラルごっこに付き合って、その本質を損なう訳にはいかない!と言ってるように思うのは病的思い込みかもしれないけれど・・・(フレックスドリームのHPにはレクサスLXはハイブリッドになるという情報もあったので、ただの差別化かもしれないけど。)

肝心の値段はまだ正式発表前だけれど、これまたベストカーwebの記事によると530万円~1000万円弱のラインナップになると予想されている。

GX(V6ガソリンターボ7人乗り) 530万円
AX(V6ガソリンターボ7人乗り) 580万円
VX(V6ガソリンターボ7人乗り) 700万円
ZX(V6ガソリンターボ7人乗り/ディーゼルターボ5人乗り) 800~850万円
GR-S(V6ガソリンターボ7人乗り/ディーゼルターボ5人乗り) 1000万円弱

ランクル200が約480万円~約700万円なので、最低ラインでも10%程度は高くなった様子。

ランクル80や100時代の中の上クラスの人が買える車のイメージを引きずって「高い」とか、「手が届かなくなった」とか、自分のような庶民は嘆くけれど、もうランクル200や300はそういうレベルの車ではないはず。

ここまできたら世界のランドクルーザーブランドを代表するフラッグシップモデルのランクル300には、そんなショボい庶民の手の届くレベルではなく、先にも書いたように、世界の富豪がステータスシンボルとしても乗りたくなるような、そんなレベルの車になっちゃってもらいたい気がする。

そういう意味ではまだまだ安いような・・・

最低1000万円くらいからのラインナップにしてあげると、何となくGクラスやらリンカーンナビゲーターやらを選択しがちな富豪達も「おっ、そんないい車なのか??」となりそうな気がするなぁ。トヨタはそこはレクサスで狙ってるんだろうけど・・・

自分は試乗する資格すらない寂しいことになるだろうが・・・ここから先、ランクルがどこまでいけるのか、この命ある限りランクル400、500、600と見届けたいものだ。

「ランクル300発売に続けと願うも・・・」への4件のフィードバック

  1. 丸目部会長のまるです。

    遂に出ましたね。
    70周年に、70系の話題がないのは切ないですが・・・

    買いも(買えも)しないのにデザインのことをあーだこーだ言うのは控えたいですが、更に大きくならなかったのはいいことですね。軽くなっているみたいですし。
    個人的にはやはり新3.3L V6ディーゼルに興味ありますね。700Nmのトルクなんてどんだけ凄いか想像つきません。燃費もいいんだろうなー。このエンジン、V8に代わって、やがて70系にも載るんでしょうか。
    昔乗っていたBJ74Vが、排気量の近い3.4Lでしたけど、スペックを比べただけでも隔世の感ありですね。

    1. そーですね、国内再販はなくても世界では70が無くなることは当面内でしょうから、いずれ載せるかもしれませんね。
      個人輸入しちゃうレベルのお金持ちになって備えますか。

  2. 所長さんこんばんは、今回の300で一番がっかりしたのは6穴になった事、これで現状国内販売している5穴 PCD150の車はLX570のみこれも300ベースでフルモデルチェンジするでしょうから国内5穴PCD150の車は無くなってしまいます。強度は確か5穴のがあったと思いますので共通化で原価下げる為と思われます、それと標準サイズのタイヤが265とかこの辺りはホイール含めて軽量化と燃費向上の為かな?とか勝手に想像してます。いずれにしても新たに5穴PCD150ホイールが出てくる可能性がほぼなくなってしまいそうですね。

    1. ホイールのホール数も変わるんですね。
      再販ランクル70と丸目の一部のオーナーにとってはお先真っ暗な感じですね。圧倒的なマイノリティですから仕方ないですねぇ・・・
      カスタムパーツの中でも弄りやすくて高額なホイールですから、仕様変更した方が業界にとっては恩恵があっていいんですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA